このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGA治療薬の種類を徹底比較! 効果や服用のタイミングとは

治療用シャンプーの効果とは
AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGA治療薬の種類

AGA(男性型脱毛症)の治療薬にはさまざまな種類があり、その効果や価格も大きく異なります。ここではAGA治療薬の種類とその効果や、東京秋葉原のAGAヘアクリニック(以下、当院)にて取り扱っているお薬などについて詳しくご紹介します。

○プロペシア

「プロペシア」とは、「フィナステリド」と呼ばれる有効成分を含む代表的なAGA治療薬のひとつです。AGAは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが原因で発症します。フィナステリドは、このDHTを産生する「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の働きを阻害する効果を持ったAGA治療薬です。

○ロゲイン

「ロゲイン」は、アメリカのファイザー社が開発した外用薬タイプのAGA治療薬です。ロゲインには有効成分として「ミノキシジル」が5%含まれており、発毛促進に効果があります。ミノキシジルは、もともと高血圧患者向けの経口薬として開発されましたが、使用した患者に副作用として発毛が起こることが判明し、AGA治療薬に使用されるようになりました。

ロゲインには、男性向け・女性向け、液体タイプ・泡状タイプなどの種類があります。価格はプロペシアに比べ、若干ですが安い傾向にあると言えます。

○フィンペシア

「フィンペシア」は、インドの製薬会社がフィナステリドを主成分として開発したAGA治療薬です。プロペシアのジェネリック医薬品として紹介されることもありますが、厳密にはジェネリック医薬品ではありません。

ジェネリック医薬品とは、特許期間が切れた新薬を、他社が低コストで開発した商品のことです。しかしインドは特許制度が異なり、成分特許が認められていません。つまりインド国内においてフィンペシアは、特許の対象となっていない医薬品として、プロペシアの国際特許が切れる以前から開発されていたのです。これが、フィンペシアが厳密にはジェネリック医薬品ではない理由です。

○エフペシア

「エフペシア」は、フィンペシアと同じインドの製薬会社が開発した医薬品で、個人輸入によって入手することができます。フィンペシアにはかつて「キノリンイエロー」と呼ばれる着色料が使われていましたが、この着色料に発がん性物質が含まれているとの指摘があり、キノリンイエローを使わない薬としてエフペシアが製造されるようになりました。

○フィナロ

「フィナロ」もフィンペシアやエフペシア同様、フィナステリドを主成分とした医薬品です。インドのインタス社が製造・販売しており、個人輸入で入手できます。フィナロの価格はとても安く、個人輸入に不安はあっても経済的な理由で購入する方が多いとされています。

○国内のプロペシアジェネリック

2015年以降、日本国内でもプロペシアのジェネリック医薬品が販売されるようになりました。2016年10月現在、国内ではファイザー、沢井製薬、東和薬品、クラシエの4つの製薬会社がプロペシアのジェネリック医薬品を「フィナステリド錠」として発売しています。ただし新しい薬のため、医療機関によっては取り扱いがない場合もあります。

○ザガーロ

「ザガーロ」は2015年9月にAGA治療薬として承認され、2016年6月から販売が開始されたAGA治療における新薬です。ザガーロに含まれる「デュタステリド」は、もともと前立腺肥大症のために開発された薬の有効成分として知られていました。しかし近年、デュタステリドに5αリダクターゼを抑制する効果があることが認められ、世界中で注目を浴びています。

ザガーロの作用はプロペシアと類似していますが、ザガーロが注目されている理由はプロペシアに含まれる「フィナステリド」よりも強い効果が期待できるためです。

フィナステリドが「Ⅰ型」と「Ⅱ型」がある5αリダクターゼの「Ⅱ型」のみを阻害するのに対し、デュタステリドは両方を阻害します。またⅡ型に対しても、デュタステリドはフィナステリドの約3倍の薬効があることがわかっています。これにより、プロペシアを服用して効果を感じられなかった方でも、ザガーロの服用でAGA治療に成功する可能性が高まりました。


■ AGAヘアクリニック取扱いのAGA治療薬
当院ではプロペシアのほか、有効成分フィナステリドに加えビタミンや亜鉛などの栄養素を配合したオリジナルのAGA治療内服薬もご用意しております。詳しくは当院の治療費ページを御覧ください。

AGAヘアクリニックの治療薬費用

FINA(フィナステリド配合内服薬) 5,500
DUTA(デュタステリド配合内服薬) 8,000
MINOX(ミノキシジル配合内服薬) 10,000
MINOX LIQUID(ミノキシジル配合外用液) 13,000
VITADD(毛髪成分サプリメント) 3,000
PANTO(女性専用内服薬) 9,500
カウンセリング・診察は何度でも無料です
AGAヘアクリニックではカウンセリング・診察はいつでも何度でも無料で実施しております。またオンラインを利用したテレビ電話にも対応。お気軽にご相談ください。

AGA治療薬を使用するタイミング

昨今、さまざまなAGA治療薬が出回っていますが、1日のうちでどの時間帯に使用するのが適切かご存知でしょうか? ここでは、薬の種類別に「AGA治療薬を使用するタイミング」についてご紹介します。

○フィナステリド配合の内服薬

フィナステリドは「食事の有無により薬の吸収率に変わりはない」とされています。そのため、食前・食後・食間のどのタイミングに服用しても、AGA治療薬としての効果に大きく影響を与えることはありません。

フィナステリド配合の内服薬としてもっともポピュラーなプロペシアの場合、理想的な服用方法は1日1回、1錠を飲むことです。服用する時間帯は、飲みやすく続けやすい時間で構いませんが、毎日欠かさず服用することが大切です。

原則として服用のタイミングや時間帯は明確に決まっていませんが、医師の判断に従って服用するのが良いでしょう。

○ミノキシジル配合の外用薬

ミノキシジル配合の外用薬は、朝・夜の2回使用することが良いとされています。朝に使用する場合、乾いた頭皮にそのまま塗布すれば問題ありません。少し注意しなければいけないのが、夜に使用するときです。

ミノキシジルは毛穴に皮脂・汚れ・角質などがあると、うまく浸透してくれない場合があります。そのため使用前にはしっかりとシャンプーで頭を洗い、頭皮をきれいにしてください。また髪がきちんと乾いていないと、ミノキシジルの薬効が薄まってしまう恐れがあります。そのためドライヤーで頭皮や髪を良く乾かしてから、ミノキシジル外用薬を使用しましょう。

その他の注意点としては、副作用のリスクがあるため決められた上限以上に使用しないことが挙げられます。ミノキシジルの副作用には、かゆみ・頭痛・めまいなどがあります。また血圧を下げる薬でもあるため、体に負担がかかってしまう可能性も否定できません。

ミノキシジルを使用する際には、薄毛の気になる部分にのみ使いましょう。必要以上に使用することで消費量も増えてしまいますし、副作用のリスクが上昇することにもなりかねないためおすすめできません。ミノキシジル使用後は、2時間ほど浸透させる時間を設けてください。その間に運動で汗をかいたり、水で頭部を濡らしたりすると十分な効果が得られない場合があるので気を付けましょう。

○ザガーロ

デュタステリド配合の内服薬であるザガーロの服用については、フィナステリド配合の内服薬とほぼ同じと考えてください。1日1カプセルをどのタイミングで服用しても問題ありません。

○クリニックのオリジナル治療薬

クリニックのオリジナル治療薬については、必ず処方されたクリニックで使用方法を確認しましょう。髪に栄養を与えるオリジナル内服薬の場合には、食事の有無による影響を受ける可能性があります。副作用などの注意点も含めて、医師にしっかりと聞いておきましょう。

一人ひとりに合ったAGA治療をご提案します
AGAヘアクリニックでは、患者様の体調面やご希望を考慮し患者様一人ひとりに合ったAGA治療をご提案します。またカウンセリング・診察は何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください。

AGA治療薬って途中でやめてもいいの?

AGA治療薬の効果は、薄毛の原因を直接治すものではありません。例えばプロペシアやザガーロの場合、5αリダクターゼの働きを抑制することで、AGAの原因物質を減らして進行を抑える効果を持っています。この効果が出るまで継続して使用する必要があり、さらに薄毛が改善してからも、5αリダクターゼの働きを抑え続けるため服用を続ける必要があります。途中でやめてしまうと、再び5αリダクターゼの働きが活発になって、AGAの原因物質が産生されてしまう恐れがあります。

また内服薬だけでなく、外用薬に関しても同様のことが言えます。ミノキシジル配合の外用薬は、フィナステリドやデュタステリドとは違う機序によって、毛母細胞や毛乳頭を活性化させます。こちらも効果が現れるまでには時間がかかるため継続して使用する必要があり、薄毛の改善がみられてからも使用を続けることが大切です。

AGA治療薬を長期的に使用していいの?

AGA治療薬を長期的に使用することで体に異変が起きないか?と、心配される方もいらっしゃるでしょう。ここでは、長期使用することによって招かれる副作用や、その他のリスクについてご紹介します。

○フィナステリド配合の内服薬

フィナステリド配合の内服薬を長期間使用した場合でも、副作用のリスクが増す可能性は僅かだとされています。フィナステリド配合の内服薬「プロペシア」であれば、服用者が副作用を引き起こす割合は全体の5%未満といわれています。

しかし、可能性が決して高くないとはいえ、どのような副作用が起こるのか気になる方もいると思います。市販前に実施された安全性評価のデータにおいては、4.0%に副作用が認められ、主な症状としてリビドー(精力)減退、勃起機能不全などが報告されました。また市販されてから行われた調査では服用者の0.5%に副作用が認められ、主な症状はリビドー減退 、肝機能障害といったものでした。このような結果からも、フィナステリド配合の内服薬は、副作用の出現率が低い安全な薬と言えます。

ちなみに、臨床試験において勃起機能不全の症状を訴えた割合は、プラセボ(偽薬)を飲んだ人と大きく変わらなかったという結果もあります。そのため、必ずしもフィナステリドの成分によって、このような副作用が起きているとは言い切れません。

ただしフィナステリド配合の内服薬は、ごく稀に抑うつの原因になることがあります。そのため長期服用によって精神的に不安定になるようなことがあれば、すぐに医師に相談してください。その他の異変や違和感を感じた場合も、必ず医師に報告しましょう。

用法・用量を守ることはもちろん、定期的な血液検査や問診を受けて心身に異常がないか医師に判断してもらうことで、副作用のリスクを抑えることができます。

○ミノキシジル配合の外用薬

ミノキシジル配合の外用薬には末梢血管拡張作用があるため、いくつかの副作用が考えられます。主な症状としては、薬が合わないことで起こる皮疹や発赤、かゆみなどの皮膚のトラブルがあります。また外用薬においては稀ですが、頭痛やめまい、息切れ、動悸なども挙げられます。このような症状が現れた場合は、一度使用を中止して必ず医師に相談してください。

○ザガーロ

デュタステリド配合の内服薬であるザガーロは、まだまだ臨床試験のデータが少ないAGA治療薬です。副作用が起こるとすれば、フィナステリド配合の内服薬と似たような症状である可能性が考えられます。ただし今後の研究や報告により、ザガーロ独自の副作用も明らかになるかもしれません。

○クリニックのオリジナル治療薬

オリジナル治療薬の副作用について詳しく知りたい場合は、処方されたクリニックで聞くのがもっとも確実な方法です。AGA治療薬を組み合わせたことにより、薬単体とは異なる副作用のリスクがあるかもしれません。もし服用によって異変や違和感を感じたら、オリジナル治療薬が処方されたクリニックの医師に必ず相談しましょう。

他院様の治療薬の飲み合わせなどもご相談ください
AGAヘアクリニックでは、他院様のオリジナル治療薬についてのご相談も承っております。カウンセリング・診察は何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください。

海外の医薬品を個人輸入して飲んでも大丈夫?

個人輸入業者を介せば、誰でもインターネットなどで海外の医薬品を手に入れることが可能です。AGA治療薬を購入することもできますが、その際にはいくつか注意すべきポイントがあります。

○個人輸入すること自体は問題がない

個人輸入業者との取引であれば、海外の医薬品を個人輸入して飲んでも問題ありません。また海外で販売されているAGA治療薬の中には、日本で処方されるAGA治療薬とほぼ同じ作用をする商品もあり、それらを格安で入手することも可能です。日本ではAGA治療薬に関して、「個人輸入は自己責任」という前提のもとで個人輸入が禁止されていないため違法ではありません。

○自分に合った治療を受けるためには医師の処方の方が安全

違法でないからといって、海外のAGA治療薬が自分に適しているかどうかは別の話です。またAGA以外の疾患で服用中の薬がある場合、海外のAGA治療薬と併用が可能か定かではありません。さらには、個人輸入で購入したAGA治療薬が本当に効果のある商品なのかについても、誰も保証してくれないません。

これらの理由から、個人輸入で購入したAGA治療薬は「安全性」と「確実性」に欠けるため、そういったリスクを負っても安いAGA治療薬を手に入れたいという場合でなければ、クリニックで処方された薬を服用することをおすすめします。服用によって何らかの異変を感じた場合でも、医師に相談することができるため、いざという時も安心です。

あなたに合ったAGA治療をはじめましょう

AGA治療薬にはさまざまな種類の医薬品が存在します。内服薬で効果が出る方もいれば、外用薬の使用で薄毛が改善される方もいるでしょう。また同じ内服薬でもプロペシアでは改善の実感が得られず、ザガーロの服用を始めたら効果が現れるケースもあるかもしれません。

ただしAGA治療薬は薄毛の根本的な原因を治す特効薬ではありません。継続的な服用によってヘアサイクル(毛周期)や頭皮環境を整えAGAを改善するものです。そのため用法用量を守らず短期間で大量に使用しても、それによって高い効果を得ることはできません。副作用のリスクや経済的な負担が増すだけなので、必ず医師の指示に従って使用するようにしてください。

また、もし個人輸入でAGA治療薬を手に入れることを考えている場合は「安全性」と「確実性」をきちんと調べ、理解したうえで検討しましょう。医師のサポートもなく自己判断で医薬品を使用するのは、大きなリスクが伴う行為です。国内で使用されている医薬品と同じ成分や商品名で販売されていたとしても、本当に全く同じかどうかはわかりません。安全性、確実性の観点からも、医師に処方してもらい使用することをおすすめします。

東京・秋葉原駅から徒歩4分。AGAヘアクリニック
当院は患者様のプライバシーに配慮した完全予約制で、個室にてご相談からお会計まですべてを行えます。カウンセリング・診察は何度でも無料ですので、是非お話をお聞かせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について