このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】かゆみや軟毛…これってAGA?代表的な症状をチェック

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGAの初期症状

AGAには、いくつかの代表的な初期症状があります。以下のような症状が思い当たる方は、少し注意が必要かもしれません。20代~30代で始まっているとしたらAGAの可能性があるため、思い当たる項目はないかチェックしてみてください。

〇地肌が透けて見える

水にぬれたときや光に当たったとき、「地肌が透けて見えるな」と気になることはありませんか? 特に髪の薄い場所が前頭部や頭頂部なら、AGAの疑いがあります。

〇抜け毛が増えた

朝起きたとき、ヘアブラシでとかしたとき、シャンプーのとき、タオルで髪を拭いているときなどは、抜け毛に気づきやすいタイミングです。頭皮の状態が健康な人の場合、1日に抜ける髪の量は50~100本程度といわれ、春や秋にかけては増える傾向にあるとされています。しかし明らかに以前と比べて抜け毛の本数が増えているようなら要注意です。

また抜けた毛の状態も観察してみてください。抜け毛が細く短い場合は、AGAの疑いがあります。

〇毛が細くなりやわらかくなった

毛が細くやわらかくなることを、一般的に「軟毛化」といいます。軟毛は直径が小さく、硬毛と呼ばれる一般的な髪の毛より薄い色であるのが特徴的です。特に薄毛が気になる部分の毛や抜け毛が、こうした軟毛である割合が高ければ、AGAの疑いがあります。

〇髪のセットがしづらくなった

髪のセットがうまくいかなかったり、すぐにペタンとしてしまうのは、軟毛化やボリュームダウンの影響かもしれません。

〇髪が伸びにくい

AGAを発症すると、髪が成長する前に抜け落ちてしまうため、なかなか伸びないように感じることがあります。特にそれが前頭部や頭頂部にみられるようなら、AGAの疑いがあります。

AGAの進行症状

AGAの進行症状は、おもに以下の3つに分けられます。

〇頭頂部から薄くなるO型

頭のてっぺんから丸型に髪が薄くなっていくタイプの症状です。鏡に写りづらいため自分では気づかないことも多く、第三者に指摘されて髪が薄くなっていることを知るケースが多くみられます。

〇こめかみから薄くなるM型

額の左右、そりこみ部分から薄毛が進行するタイプの症状です。前髪が残るため、ヘアスタイルによっては自覚しづらいといえます。

〇額の生え際から薄くなる前頭部型

額の生え際から頭頂部に向かって、全体的に薄毛が進行するタイプの症状です。額のライン全体が後退するため、薄毛の進行を自覚することが多いといわれています。

AGAの症状が起こるメカニズム

軟毛になったり、抜け毛が増えたりというAGAの症状は、以下のようなメカニズムによって起こります。

まずAGAの原因には、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが関わっているとされています。このテストステロンは5αリダクターゼという還元酵素と結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。そしてジヒドロテストステロンが毛根の付け根にある毛乳頭細胞で受容体に結合すると、発毛を抑制してしまうのです。

ジヒドロテストステロンによって発毛抑制作用が起こると、ヘアサイクルに乱れが生じます。具体的には髪の毛が十分に育たないまま抜け落ちるようになるなど、ヘアサイクルの中で髪が成長する期間である”成長期”が短くなります。その結果、丈夫だった髪が細く短い軟毛ばかりになったり、髪が抜ける速度が増すなどの悪影響を受け、薄毛が進行するというのがAGAのメカニズムであると考えられています。

AGAの進行症状を悪化させない生活習慣

生活習慣が原因で、AGAによって起こる薄毛の症状が助長されるケースは少なくありません。頭皮環境を整えるために注意したい生活習慣のポイントは、以下のようなものが考えられます。

〇バランスのよい食事をとる

栄養不足になると髪の健康を維持することが難しくなります。特に髪を作るもとになるたんぱく質や、髪の成長に欠かせないビタミン、亜鉛などは不足しないよう注意しましょう。

たんぱく質は、肉類や乳製品、卵、納豆などに含まれます。1日3食、しっかり取り入れることをおすすめします。

ビタミンについては、特に育毛に効果があるとされるビオチン、ビタミンE、ビタミンB群を意識的に摂取すると良いでしょう。ビオチンはレバー、魚類などに多く含まれます。ビタミンEは植物油やナッツ類、魚の卵などに多く含まれるビタミンです。ビタミンB群はナッツや豚肉、納豆、レバーなどに多く含まれます。

亜鉛は、牡蠣(かき)などの貝類やチーズ、納豆などの食品に多く含まれます。亜鉛は食事から吸収されにくく、体内から失われやすい栄養素であるため、特に意識して摂取することが必要です。

なお、摂取するにあたって注意が必要な食品もあります。それは、アルコールと動物性油脂です。アルコールを大量に摂取することで肝機能が低下すると、肝臓で作られるたんぱく質が不足して髪の発育が妨げられる恐れがあります。さらにアルコールを分解するためには亜鉛が使用されるため、アルコールの過剰摂取は亜鉛不足の原因になる場合もあります。

次に動物性油脂は、過剰に摂取すると血流を悪化させてしまう場合があります。血の巡りが悪くなると、頭皮まで髪の成長に必要な栄養素が行き届かず、育毛に悪影響を及ぼす恐れがあるので注意しましょう。

〇しっかりと睡眠をとる

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、体の組織に対して修復を促すホルモンです。したがって髪の発育にも影響を及ぼします。睡眠不足や質の悪い睡眠が慢性化しないよう、規則正しく十分な睡眠をとることを心がけましょう。

〇喫煙をしない

喫煙によって体内にニコチンが吸収されると、毛細血管が収縮してしまいます。それによって頭皮の血行が悪化し、頭皮に栄養素が行き渡りにくくなることもあるため、喫煙は控えることをおすすめします。

〇シャンプーの習慣を見直す

シャンプーを行うときは爪を立ててゴシゴシ洗うのではなく、指の腹でやさしくマッサージするように洗うことがポイントです。「頭皮は素肌である」という意識を持ちましょう。

頭皮を傷つけると、頭皮環境が悪化してしまう恐れがあります。そうなると、結果的として育毛に悪い影響を与えてしまいます。

またシャンプーの回数は、1日1回を目安に行いましょう。その際シャンプーは使い過ぎず、すすぎ残しがないよう丁寧に洗い流してください。シャンプーやコンディショナーの成分が頭皮に残ったままだと、痒みや炎症の原因になる場合があります。洗いすぎても、逆に不潔にしても良くないというのがポイントです。

さらに入浴後は、髪を自然乾燥するのではなく、ドライヤーを使って乾かすようにしましょう。生乾きの状態で放置すると、雑菌の繁殖を招いたり、髪がダメージを受けてしまう恐れがあります。

壮年期脱毛とAGAの症状の違い

前頭部の生え際から頭頂部にかけて脱毛するという点で、壮年期脱毛とAGAはどちらも加齢に伴って進行する脱毛症です。その理由をご説明します。

〇AGAと壮年期脱毛の同一性

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの影響によって起こる脱毛とされています。男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)によってヘアサイクルの成長期が短縮することで通常より早く脱毛します。短縮化されたヘアサイクルを繰り返すことで毛包のミニチュア化が起こり、頭頂部が薄くなったり前頭部の生え際が後退するといった、特徴的な脱毛パターンを持っています。壮年期脱毛のついても、主にアンドロゲン作用によって本来長い硬毛が軟毛化することが原因といわれています。また女性も、副腎由来のアンドロゲン作用で発症する場合があります。

〇壮年期脱毛のメカニズム

しかし、AGAと壮年期脱毛は同一のもので、発症年齢の違いによって区分されると定義するのは、さすがに極端だと言えます。なぜなら年齢で比較すると、歳を重ねれば重ねるほど、テストステロンの分泌量はむしろ低下する傾向にあるからです。そのため壮年期脱毛は男性ホルモンだけでなく、その他の要因も影響していることが考えられます。

例えば、中高年期の毛乳頭細胞は”アンドロゲン感受性が上昇する”可能性もあります。また男性ホルモンとは無関係に、加齢に伴い「IGF-1(インスリン様成長因子)」のような毛増殖因子が減少する、もしくは「TGF-β(トランスフォーミング増殖因子-β)」などの毛増殖抑制因子が増加する、などの原因も疑われています。このように原因については諸説あるものの、未だ壮年期脱毛のメカニズムは明らかになっていません。しかしAGAのメカニズムが解明され始めたように、壮年期脱毛についても今後研究が進めば、いずれ原因がわかる日は訪れるでしょう。

〇壮年期脱毛とわかったら

壮年期脱毛の対処法として、まずは生活習慣を見直すことが大切です。栄養バランスのとれた食事を意識するとともに、十分な睡眠を心がけましょう。ストレス解消のため、適度な運動を行うことも効果的です。また改善を強く望む場合は、AGA専門クリニックの医師に相談するのもひとつの手段です。年齢によって「ここから先は壮年期脱毛」という明確なラインはないので、AGA治療薬の使用で薄毛が改善する可能性もあります。

円形脱毛症とAGAの症状の違い

円形脱毛症とAGAでは、症状の特徴にさまざまな違いが見られます。円形脱毛症の特徴は、以下のようなものがあります。

〇円形脱毛症の症状

AGAは軟毛化などの兆候が見られたのちに、少しずつ薄毛が進行していきます。これに対して円形脱毛症は、何の前触れもなく髪の毛が抜け落ちるという特徴があります。また頭髪以外への影響として、爪に小さなへこみや溝ができる症状が見られる場合もあります。

〇円形製脱毛症の症状分類

円形脱毛症の症状は、以下の5つに分類されます。該当する脱毛パターンであれば、AGAではなく円形脱毛症の疑いがあるため、皮膚科などの医療機関で治療を受けることをおすすめします。

・単発型
1箇所にだけ脱毛斑が生じるタイプです。もっとも治癒率が高く、自然治癒する場合もあります。
・多発型
複数箇所に脱毛斑が生じるタイプです。
・全頭型
頭全体の髪の毛が抜け落ちてしまうタイプです。
・汎発型
眉毛や髭のほか、すね毛や陰毛など全身に脱毛が拡大するタイプです。
・蛇行型
髪の生え際が帯状に脱毛するタイプです。治療が困難とされています。

〇円形脱毛症のメカニズム

円形脱毛症の原因としてまず思い当たるのは、強いストレスではないでしょうか。しかし実のところ、ストレスは主要な原因ではないというのが現在の考え方です。最近の研究では、円形脱毛症は「自己免疫疾患」のひとつであると考えられています。ウィルスや細菌から体を守る働きを持った免疫細胞が、何らかの理由により毛包を攻撃対象として認識してしまい、それによって脱毛が起こるというメカニズムです。

〇円形脱毛症とわかったら

円形脱毛症の疑いがある場合は、皮膚科などの医療機関を受診しましょう。ステロイド治療、抗アレルギーやダリチルリチンなどを用いた内服治療など、必要に応じた様々な治療があります。

また頭皮の免疫細胞が反応しないよう、化学合成物質が含まれない低刺激性のシャンプーを使用するなど、日常的なケアも効果が期待できます。

軽度の円形脱毛症なら自然治癒する場合もありますが、症状が進行すると治療が困難になる恐れがあります。また円形脱毛症は再発しやすいともいわれているため、軽度でも医療機関で治療を受けることをおすすめします。

脂漏性皮膚炎による脱毛とAGAの症状の違い

脂漏性皮膚炎による脱毛とAGAは、混同される場合があります。また併発することもあるため注意が必要です。

〇脂漏性皮膚炎による脱毛の症状

脂漏性皮膚炎を発症すると、頭皮が赤みを帯びてカサカサした状態になり、かゆみを感じることが特徴です。また症状が進行した場合、頭皮全体にフケやかさぶたが生じたり、皮膚から黄色味を帯びた浸出液が出てきたりすることもあります。このような頭皮環境の悪化によって、脱毛が起こると考えられています。

〇脂漏性皮膚炎のメカニズム

大きな原因としては2つ考えられます。ひとつは、食生活の偏りや体質によって頭皮の皮脂が多いこと。もうひとつは頭皮が乾燥してしまうことで、体が頭皮を乾燥から守ろうとして必要以上に皮脂を分泌してしまう場合です。皮脂の分泌量が多いと、皮脂をエサにする「マラセチア真菌」と呼ばれる常在菌の増殖を招く恐れがあります。このマラセチア真菌が皮脂を食べて分解すると、遊離脂肪酸という刺激性の高い物質が生じてしまいます。このことによって頭皮に炎症が起こるのが、脂漏性皮膚炎のメカニズムです。

〇脂漏性皮膚炎とAGAの関係

AGA患者の中には、脂漏性皮膚炎を併発することで脱毛が進行してしまっている方もいます。AGAの症状には基本的に頭皮のかゆみはありませんので、過去にAGAと診断された方でも頭皮のかゆみやフケなどが見られる場合は、そのことについても医師に相談してみましょう。

〇脂漏性皮膚炎による脱毛とわかったら

原因である脂漏性皮膚炎を完治させれば、脂漏性皮膚炎による脱毛は防ぐことができます。

そのためまずは、医療機関を受診しましょう。消炎効果のあるステロイドや、マラセチア真菌を除去できる抗真菌剤を処方してもらえます。かゆみが強い場合、抗ヒスタミン剤やビタミン剤が処方されることもあります。

さらに日常のセルフケアも重要です。頭皮を常に清潔に保つことはもちろん、乾燥を防ぐために頭皮を保湿するのも効果的です。また頭がかゆいからといって、1日に何度もシャンプーすることは乾燥を招く恐れがあるためやめましょう。頭を洗う際は、丁寧に、かつ優しく洗うのがポイントです。

その他、生活習慣において気をつけたいのは、栄養バランスの取れた食生活です。特にビタミンB群を意識的に摂取するとよいでしょう。またストレスや疲労がたまらないよう、十分な睡眠をとることも疎かにしてはいけません。最後に、紫外線も脂漏性皮膚炎の大敵と言われています。夏場は帽子をかぶったり日傘をさしたりするなどして、なるべく紫外線を浴びないよう予防しましょう。

AGAはAGA治療専門のクリニックへ

今回はAGAの初期症状と進行症状を中心に、発症メカニズムや薄毛を悪化させない生活習慣についてご紹介しました。また他の脱毛症とAGAの症状を比較することで、それぞれの脱毛症に対する理解も深まったかと思います。

症状から正しく病気を判別し、適切な処置をすることがAGAの改善には不可欠です。薄毛が気になり始めたら、ご紹介した内容を参考にAGAかどうかをセルフチェックしてみてください。また本格的なAGA治療を行うなら、まずはお近くのAGA専門クリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、AGA治療専門のクリニックです。当院では患者様の健康状態やご希望に合わせて、お薬の飲み合わせや種類など患者様一人ひとりに合った治療プランをご提案しています。カウンセリング・診察は何度でも無料です。お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果