このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGA治療費はどのくらい?保険適用や医療費控除についても解説

AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGAの治療費は1回いくらかかるの?

AGAの治療を始める際、どれくらいの治療費がかかるのか分からないまま、クリニックに足を運ぶのは不安だと思います。AGA治療には投薬や植毛、メソセラピー療法など、さまざまな治療法があります。治療法によっては高額になる場合もあるため、目安となる治療費をご紹介します。

○投薬治療に用いられる治療薬とは

投薬治療には、主に有効成分が配合された内服薬を使用する方法と、外用薬を使用する方法の二つがあります。内服薬には「フィナステリド」や「デュタステリド」、また「ミノキシジル」などの成分が配合されたものを用いることが多く、外用薬としては「ミノキシジル」配合の治療薬が一般的です。

○フィナステリド配合薬の費用

フィナステリド配合の内服薬には、AGAの原因となる強力な男性ホルモン、ジヒドロテストロン(DHT)を産生する「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の「Ⅱ型」を抑制する効果があるとされています。5αリダクターゼは存在する場所によってⅠ型とⅡ型に分類されますが、AGAに関与しているのは主にⅡ型であるといわれています。もともとフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬に使用されていた成分でしたが、現在はAGA治療薬として改良されたものが処方されています。

価格はおよそ5,000円から7,000円前後で、初回のみ割引を実施している医院もあります。フィナステリド配合の内服薬としてポピュラーなのは「プロペシア」という治療薬ですが、その他にもフィナステリドのジェネリック医薬品や、医院オリジナルのフィナステリド配合治療薬を扱うところもあり、それらはまた価格が異なります。

○デュタステリド配合薬の費用

一方、デュタステリド配合の内服薬にも、フィナステリドと同様にAGAの原因となる5αリダクターゼを抑制する効果がありますが、フィナステリドよりもⅡ型5αリダクターゼの阻害作用が強いといわれています。さらにデュタステリドは、Ⅰ型5αリダクターゼについても、より強力に抑制することができるという特徴を持っています。

フィナステリドよりも治療効果が高い割に、価格も8,000円から10,000円前後と約1.5倍ほどで大きな差がないため、最近では患者と相談の上で、フィナステリドではなくデュタステリドを処方する医院も増えています。ディタステリド配合の内服薬としてポピュラーなのは、「ザガーロ」と呼ばれる治療薬です。

○ミノキシジル配合薬の費用

ミノキシジルは、発毛を促すといわれる有効成分です。もともとは降圧薬(血圧を下げる薬)として、血管拡張作用により高血圧の治療に用いられてきました。その際、副作用のなかに発毛が見られたことから、その副作用を主作用として改良されたのです。現在では、フィナステリドやデュタステリド同様、AGAの治療薬に使用されています。

ミノキシジル配合薬は、フィナステリドやデュタステリド配合の治療薬と併用することも可能で、男性だけでなく女性でも使用できます。また価格は8,000円から10,000円前後と、ディタステリド配合薬とほぼ同等です。抜け毛の予防や発毛を促したい場合には、フィナステリドやデュタステリドと一緒にミノキシジルを併用することが良いといわれています。

さらにミノキシジルは、内服薬だけでなく外用薬としても使用されています。ミノキシジル含有の外用薬は、処方される濃度によっても異なりますが、およそ7,000円から13,000円程度の価格で販売されています。AGA専門クリニックなどで処方される外用薬は市販の発毛剤や育毛剤よりも成分濃度が高いため、内服薬と併用することでさらに高い発毛効果が期待できます。

○1回の通院でかかる費用の目安

最近では、カウンセリングや診察が無料で受けられる医院も増えてきています。診察が無料でない場合は、薬代とは別に初診料として3,000円から5,000円前後の費用が発生します。処方されるのがフィナステリドやデュタステリドの配合薬のみなら、1回の通院にかかる費用は合計で5,000円前後から13,000円前後、ミノキシジル配合薬と併用するなら、さらにプラス10,000円ほどと考えておきましょう。

しかしこれは、一般的な治療メニューの場合です。これからご紹介するような治療を行う場合は、さらに高額な費用が必要になる可能性があります。また治療を行うクリニックによって、費用の幅が大きいことも特徴です。

○メソセラピー療法の費用

メソセラピー療法とは、有効成分を頭皮に少量ずつ注入する方法です。「有効成分が直接頭皮に届くため、発毛の実感が期待できる」と、謳(うた)われることが多い治療法です。

しかし医院によって使う器具が異なったり、また有効成分をブレンドしたオリジナル治療薬を使用することもあるため、設備や価格に大きな差が生まれます。1回19,000円前後で実施可能な医院もありますが、高いところだと1回で100,000円近くの費用が必要になる場合もあります。

メソセラピー療法は、AGAの治療法として新しく導入されたばかりです。近年ではメソセラピー療法が用いられている医院も増え始めていますが、頭皮に塗布する外用薬以上の効果が認められたという科学的根拠は未だにありません。そのためメソセラピー療法は、医師の間では否定的な意見も少なくない治療のひとつです。この治療法を推奨していない医院が多いのは、そういった医学的な理由があるのです。

○HARG療法の費用

「HARG療法」はメソセラピー療法と同じように、毛根に直接有効成分を注入する治療法です。その有効成分というのが、「成長因子」と呼ばれる成分です。成長因子を含む脂肪幹細胞由来のタンパク(AAPE)を注入することで、毛母細胞を活性化し、毛髪の成長サイクル(ヘアサイクル)を正常に戻すことを目的としたのがHARG治療なのです。医院によってはAAPEにプラスして、メソセラピーにも使われる有効成分も注入することで、より高い育毛促進効果を狙う治療を行う場合もあります。配合される成分はクリニックによって若干異なっており、「HARGカクテル」などと呼ばれることもあります。

価格は施術する頭部の範囲によっても異なるため、1回あたりの価格は80,000円から200,000円ほどとかなり差が生まれます。またメソセラピー療法と同様に、どんな器具や薬品を使用しているかも価格に影響を与えます。HARG療法も新しい治療法であるがゆえに確かな科学的根拠はなく、まだ標準的な治療法にはなっていません。一般的な内服薬治療などを行っても改善の見込みがない場合などに考慮の余地がある、先進的医療といえるでしょう。

○人工毛植毛の費用

「人工毛植毛」は、人工的に作られた髪を頭皮に植えていく治療法です。定期的なメンテナンスが必要ですが、短期間で擬似的に髪を増やすことができます。ただし、過去に多くの有害事象が起きたことを理由に、アメリカのFDA(食品医薬品局)では人工毛が有害な器具として認定され、事実上禁止されています。日本の厚生労働省では、まだ使用を禁止していませんが、治療にリスクがあることは否めません。

また費用に関しては、植える人工毛の本数によっても異なりますが、仮に2,000本植えるのであれば500,000円前後が相場です。1本250円程度と考えてください。1時間に300〜500本程度のスピードで植毛が可能なため、1日で思い通りの髪型にすることも可能です。ただし、1年に2〜3回のメンテナンスが必要となり、維持費によってさらに費用が嵩むことが考えられます。

またアメリカでは治療自体が禁止されるほどのリスクがあり、日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症の診療ガイドライン(2010年版)」では、人工毛植毛の推奨レベルは「D」と、もっとも低いレベルに設定されています。推奨レベルDとは、”行わないように勧められる”ことをあらわしています。

○自毛植毛の費用

「自毛植毛」は、自分の髪を利用して植毛をする方法です。人工植毛と比較すると拒否反応が少なく、またメンテナンスの必要もないため、現在の植毛は自毛植毛がメインになっています。

自毛植毛にかかる費用はAGAの進行具合によっても変動しますが、小さな範囲でも数十万円以上は必要といわれています。おでこの生え際が少し後退している程度であれば300,000円から400,000円ほどですが、広範囲で薄毛が進行していて、それをすべて植毛でカバーする場合には、最低でも2,000,000円前後、医院によっては3,000,000円以上の費用がかかることもあります。

ただし自毛植毛をした髪は男性ホルモンの影響を受けないため、1度植毛を行って生着してしまえば、その後は脱毛しても自然に健康な髪が生えるようになることが期待できます。また人工毛植毛とは違い、合成繊維を体に埋め込むわけではないため、術後の頭皮トラブルも少ない治療法です。しかし、外科手術を行う関係で頭皮に傷跡が残ったり、1度では終わらず複数回に分けて施術する場合もあるなど、リスクがないわけではありません。

○市販や医院処方の発毛剤・育毛剤

市販の発毛剤や育毛剤の値段は、商品によってさまざまです。1本1,000円程度で購入できるものもあれば、10,000円を超えるものもあります。

有効成分として医院でも処方されるミノキシジルが含まれている発毛剤は、5,000円から15,000円前後の価格で複数の商品が販売されています。含まれるミノキシジルの濃度や内容量によっても価格は異なりますが、市販の発毛剤・育毛剤は高額になるほど複数の成分が入っていたり、頭皮に配慮したやさしい製品になっていたりと、プラスアルファが含まれています。

どのくらいの頻度で病院に通う必要があるの?

AGAの治療は1度で終わるわけではなく、何度か定期的に通院して治療することがほとんどです。しかし何度も通えばそれだけ費用もかかってしまいますので、通う頻度が気になる方もいるでしょう。ここでは治療ごとに、どのくらい通院すれば良いのかをまとめてみました。

○投薬治療の場合

投薬治療の場合、月に1回通院して治療薬を受け取ることが主流です。治療薬の処方量によっては、3ヶ月に1回程度の通院で済む場合もあります。また最近ではオンライン診察を行っている医院もあるため、遠方にお住まいの方でも気軽に診察を受けられるようになりました。

投薬治療の効果を判断するためには、一般的に3ヶ月から半年ほどかかります。人によって効果の程度が違うため、効果が現れてからは医師と相談しながら経過を見て通院することになります。

○メソセラピー療法の場合

メソセラピー療法の場合、治療を開始した月は2週間〜1ヶ月に1度のペースで通院します。その後は、2ヶ月〜3ヶ月に1度のペース、年に数回ぺースと、経過に合わせて通院の回数を減らしていくことが多いようです。

効果の現れ方や治療のスピードは他の治療法と同様、人によって違います。そのため、治療期間にも個人差があることは覚えておきましょう。

○HARG療法の場合

HARG療法は、おおよそ3週間から4週間に1回通院が必要です。稀に、早い人では1ヶ月から3ヶ月ほどで発毛が見られるケースもあるようですが、5ヶ月から6ヶ月ほど経過した段階、つまり約4回目の通院で効果が現れたと実感する人が多いようです。

効果を実感できるようになったら8週間に1度の通院になり、ヘアサイクルが正常に戻った時点で治療が終了となります。通常で6回程度、多い方で12回前後の通院となるようです。

○人工毛植毛の場合

人工毛植毛の場合、植毛するものが合成繊維なので抜けると二度と再生はしません。したがって、抜けた分の毛を補うためにも定期的なメンテナンスが必要になります。また人工毛が切れてしまい皮膚に毛の根元が残った場合には、異物である合成繊維が頭皮下に詰まった状態になるため、菌が繁殖しやすくなったり、炎症しやすくなることも考えられます。トラブルを防ぐためにも、必ず年に1回から2回ほどのメンテナンスを行わなければなりません。

○自毛植毛の場合

自毛植毛の場合、複数回に分けて植毛を行うことはあるものの、一度植毛したところから自毛が自然に生えるため、原則、定期的なメンテナンスを必要としません。ただし外科手術なので、術後に何かしらの頭皮トラブルなどが発生した場合には、自己処理をせず必ず医師に診察をしてもらいましょう。

健康保険は適用されるの?

AGAの治療は保険適用外の自由診療なので、実費負担(全額自己負担)が原則となります。

健康保険が適用される対象は、生活に支障をきたす症状の治療か、生死に関わる症状の治療である場合がほとんどです。「日常生活に支障をきたすものであるか」などを判断基準として、国が認定します。一般的な病気やケガの場合には、健康保険が適用されます。

日常生活に支障をきたさないAGAは、現時点では加齢などによる症状とみなされているため、「美容目的」の治療として判断されます。美容整形などと同じで命の危険はなく、外見を改善するための治療と考えられる、ということです。そのため厚生労働省が保険適用を認可しておらず、AGA治療は保険適用外となります。ただしAGA以外の脱毛症である「円形脱毛症」などの場合は保険適応疾患として認められているため保険が適用されます。

AGA専門クリニックと皮膚科で費用に違いはあるの?

AGA専門クリニックでも一般皮膚科でも、AGAの治療は保険適用外のため、かかる費用は変わりません。一般皮膚科の場合、初診料が3,000円前後、治療薬の処方で6,000円から10,000円程度はかかります。

一般皮膚科と費用こそ変わりませんが、AGA専門クリニックではその名の通りAGAの治療を専門に行っているため、詳しい診察と一人ひとりに合った治療を提供してくれます。また治療法についても、複数のメニューを持っているところがほとんどです。しかし皮膚科の場合、基本的にAGAに特化したカウンセリングや診察はなく、治療法についてもフィナステリドかデュタステリドを処方するだけでほとんど一律されています。

確定申告で医療費控除を受けることはできるの?

一般的に年間の医療費が100,000円を超えた場合、確定申告で医療費控除を受けられます。しかしAGA治療では、原則として100,000円を超える治療費が発生した場合でも、医療費控除を受けることができません。その理由についてご説明します。

○AGA治療では原則として医療費控除が受けられない

まず、医療費として認められるのは診療費や治療費、医薬品代、入院費のほか、通院にかかった交通費などです。しかしAGAの場合は、治療のためにこれらの費用が発生しても、控除できる費用として認められていません。

○AGA治療で医療費控除が受けられない理由

ではなぜ、AGA治療の費用は医療費控除の対象にならないのでしょうか? それは健康保険の適用外になる理由と同じく、AGA治療が美容目的とみなされているためです。

基本的に医療費控除を受けることができるのは、命に関わる、もしくは日常生活に支障をきたす、病気やケガの治療のみとされています。歯の矯正や脱毛に、健康保険や医療費控除が適用されないのもこのためです。AGA治療は病気を治すものではなく、あくまで見た目を変えるための治療であると判断されるため、医療費控除の対象外になっています。

○脱毛症治療で医療費控除を受けられる例外

原則としてAGA治療で医療費控除は受けられませんが、AGA以外が原因の脱毛症であれば医療費控除を受けられることもあります。それは「他の病気の影響がある場合」と「税務署で認められた場合」の二つです。

AGA以外の病気がきっかけとなり脱毛が発症したと考えられる場合、医療費控除を受けられる可能性があります。たとえば、全身性の疾患による影響や精神性疾患が原因で脱毛に至ったと判断された場合などがこれに該当します。円形脱毛症も疾患として認められているので、医療費控除が適用されます。

さらに税務署で認められた場合も、医療費控除を受けることが可能です。医療費控除は確定申告のときに税務署に申告書を提出して控除を受けるものですが、税務署や税務署の職員が脱毛症の治療を「医療費控除対象の治療」と認めれば、控除の対象となります。

現在は比較的認められるようになってきているため、無料相談などに行って事前に相談をしておくといいでしょう。また申告の際には、治療の領収書や診断書、処方箋など、治療を受けた証拠となるものを提出しなくてはなりません。医療費控除を受けるためには、領収書や診断書などは大切に保管しておきましょう。

AGA治療費に医療ローンは利用できるの?

AGA治療は原則として健康保険や医療費控除の対象とならないため、治療費が高額になりやすい傾向にあります。治療費が高額になる場合、医療ローンを利用して治療費を支払うこともできます。しかし、AGA治療において医療ローンを利用することは、メリットとデメリットの両面があることを理解しておかなければなりません。ここでは、AGA治療における医療ローン利用のメリットとデメリット、さらに利用時にチェックしたいポイントをご紹介します。

○医療ローン利用のメリット

医療ローンを利用するメリットは、全体の費用がわかることと高額な治療が受けやすくなるということの二点です。また返済は月々10,000円から15,000円ほどに設定されることが多いため、治療費としてまとまった金額を用意することが難しい人でも、比較的支払いやすくなります。

○医療ローン利用のデメリット

一方、医療ローンを利用するデメリットは、治療の効果が実感できずに途中で治療を中断したとしても、長期間にわたってお金を払い続けなければならないことです。ローンを組んでしまうと支払いの義務が生じるため、効果を実感しているかどうかにかかわらず返済をしなければなりません。

AGA治療は基本的に、医院に通い続けて行う必要があります。人によって効果の現れ方が違うため、早く効果が現れる人もいれば、なかなか効果が現れない人もいます。治療薬ごとの効果を試しながら治療を進めていきたいという人は、多少割高になるものの、その都度支払いをするようにして効果がなければ治療をやめる、という方が無難でしょう。

また1度契約をすると、解約の際に手間がかかったり、高い金利を支払わなければならないというデメリットもあります。

○医療ローン利用時にチェックすべきポイント

医療ローンを利用する際には、金額や規約をきちんとチェックしましょう。特に「手続きが煩雑でないか」「きちんと返済できる金額か」「解約時に返金が可能か」というのは大切なポイントです。

前述したように、医療ローンを組むと効果を実感できなくても支払いの義務が生じます。そのため医療ローンを組む場合には、治療をやめたくなったときのことも考えておかなければなりません。解約の手続きが煩雑だったり、解約しても返金に応じてくれなかったりということがないか、事前に確認しておきましょう。

まずは内服薬治療がおすすめ

AGA治療は治療法によっては大きな金額が必要になる場合があります。さらに治療費に関しては健康保険や医療費控除も適用されないため治療にどのくらいの金額がかかるのか、そのお金を支払っても生活に支障はないかなど治療を開始する前に整理しておくことが大切です。

東京秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では内服薬での治療をおすすめしています。フィナステリド・デュタステリド内服薬やミノキシジル外用液は、国内の男性型脱毛症診療ガイドラインでも高く評価されており、世界的にも標準的といえる治療法です。また当院はカウンセリング・診察をいつでも無料で行なっておりますので、お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について