このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGAの原因ってなに? 多くの男性を悩ませるその特徴とは

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGAとは何か

最近、新聞や雑誌、インターネットなどで、「AGA」というワードが使われることが増えてきています。AGA(男性型脱毛症)は、男性に多くみられる脱毛症のことです。ここではAGAが気になる方のために、AGAとは一体どういったものなのかについて詳しくご紹介します。

○AGAってどういう意味?

AGAとは、「男性型脱毛症」を意味する「Androgenetic Alopecia」を略したもので、その名の通り脱毛症の一種です。日本でのAGA罹患者(りかんしゃ)は全国に約1,260万人いるといわれており、多くの場合、思春期以降の男性に発症します。

AGAを発症すると、頭頂部や額の生え際から抜け毛が進行し、年齢とともに髪が薄くなっていきます。時間経過で髪が薄くなるのは、AGAが進行性の脱毛症であるためです。一度AGAを発症すると自然治癒することはありませんから、そのままにしておくと抜け毛の数は増え続けてしまいます。

○AGAの特徴

AGAは抜け毛や薄毛がゆっくりと、しかし確実に進行していくのが特徴で、一気に悪化することはありません。一般的には、頭頂部や額の生え際のどちらか、もしくは両方の抜け毛が増え始めますので、薄毛が起こる部位はAGAを見分ける手がかりのひとつといえます。

AGAは主に男性に見られる症状です。これはAGAを発症する原因に、男性ホルモンの影響があるからです。女性の体にも男性ホルモンは存在しますが、女性の場合は女性ホルモンに変換することで男性ホルモンの量が抑えられています。ただし、女性でも、ホルモンバランスが崩れることで薄毛が起こる場合があります。

AGAの型(タイプ)を紹介

AGAには脱毛の進行パターンがあり、額の生え際から薄くなっていくタイプ、頭頂部から薄くなっていくタイプ、その混合タイプなどがあります。これは、アメリカのハミルトン医師が作った、男性型脱毛症に対する進行度合いを毛髪のパターンごとに分類し、提唱したものです。そののちに、ノーウッド医師が改定を加えた「ハミルトン・ノーウッド分類」が、今では世界的な標準として扱われています。

しかし、日本人は欧米人と比較して頭頂部から薄毛の進行がみられるため、日本においては日本人である高島医師によって提唱された「高島分類」が広く利用されています。それでは、AGAをタイプ別に詳しくご紹介します。

初期段階(non-bald:まだ薄毛が顕在化していない状態)

・Ⅰ型
脱毛自体は始まっているかもしれませんが、まだ薄毛を自覚するまでには至らない状態です。生え際の境界が、やや不鮮明になってきます。
・Ⅱ型
額の生え際の左右が少しずつ後退し始めて、M字型になりつつある状態です。
・Ⅱ-a型
“a”とは、anteriorという前方を表す英語の頭文字です。M字型ではなく、額の生え際全体の後退が、少しずつ始まっている状態です。

薄毛の段階(bald:まだ薄毛が顕在化している状態)

・Ⅱ Vertex 型
Ⅱ型に加え、頭頂部もO型に薄くなり始めた状態です。これが高島医師が指摘した日本人に多いタイプであり、ハミルトン・ノーウッド分類には記載がありません。
・Ⅲ型
Ⅱ型がさらに進行した状態で、額の生え際の後退が進み、頭髪全体のボリュームも失われてきます。
・Ⅲ-a型
Ⅲ型に加え、さらに前頭部も徐々に薄くなる状態です。
・Ⅲ Vertex 型
Ⅲ型に加え、頭頂部もO型にさらに薄くなる状態です。
・Ⅳ型
額の生え際がⅢ型よりもさらに後退し、頭頂部もよりO型に薄くなる状態です。
・Ⅳ-a型
Ⅳ型に加え、前頭部もさらに薄くなってきた状態です。
・Ⅴ型
Ⅳ型がさらに進行した状態です。
・Ⅴ-a型
Ⅴ型に加え、前頭部もさらに薄くなってきた状態です。
・Ⅵ型
前頭部と頭頂部の薄毛がつながり、側頭部にしか毛髪が残っていない状態です。
・Ⅶ型
Ⅵ型がさらに進行し、側頭部の毛髪量も少なくなってきた状態です。

このように、AGAは多数のパターンに分類することができます。この中で、日本人罹患者の特徴としてみられるパターンは、主に頭頂部が薄くなっていく「Ⅱ Vertex 型」といわれています。

薄毛になってしまった箇所でも、産毛が残っていれば髪の毛を作り出す毛包幹細胞は残っている状態と言えます。「高島分類」の初期の段階であれば、毛母幹細胞は残っている可能性が高いため、AGA治療の効果は高いと考えられます。

AGAの原因

AGAは一般的に30代から50代の中年男性に多くみられる症状ですが、最近では思春期以降の若い人でもAGAで悩むことが増えてきたといわれています。AGAは進行性の症状なので、何もせずに放っておくと抜け毛や薄毛が徐々に目立ってきます。そのため、若いからといって油断はできません。

AGAの進行を抑えるためにも、その原因を把握してしっかりと対処することが大切です。ここでは、AGAを引き起こす原因についてご説明します。

○AGAの原因の1つはヘアサイクルの乱れ

髪の毛には寿命があり、伸びては抜け、また新しく生えるということを繰り返しています。髪の毛が生まれて太く長くなる”成長期”、成長が停止する”退行期”、次の新しい髪が生える準備期間である”休止期”を繰り返す流れは、「ヘアサイクル」と呼ばれています。ヘアサイクルの過程で、寿命を迎えた毛髪は自然に抜け落ちていくため、正常なヘアサイクルが保たれていれば、寝起きの枕元やシャンプーの際に、抜け毛が1日100本程度あっても、それほど心配する必要はありません。これを生理的脱毛と言います。

AGAの脱毛部分(前頭部と頭頂部)には「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの一種が高濃度にみられ、これがヘアサイクルを短くする原因物質と考えられています。AGA発症のメカニズムを順を追って説明すると、まず、毛乳頭細胞という名の、血管から栄養を取り込む細胞が髪の根元に存在しています。その付近でテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素の働きによってDHTに変換されてしまうと、ヘアサイクルに悪影響を及ぼしてしまうのです。

1回のヘアサイクルというのは、通常の髪であれば2年から6年間は維持されるものです。しかしジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けた毛包細胞は髪の寿命が短くなってしまうため、場合によっては数ヶ月で毛髪の成長が止まってしまうのです。これにより結果として、太く長い髪の毛になる前に髪が抜け落ちてしまいます。そのため抜け毛も、短くて細い柔らかいものが多くなります。

ジヒドロテストステロン(DHT)がヘアサイクルに悪影響を及ぼす仕組みですが、まず毛乳頭細胞には男性ホルモンと結合する受容体というものが存在し、これを「アンドロゲンセセプター」と呼びます。このアンドロゲンレセプターにDHTが結合することで、強力な発毛抑制効果がある「TGF-β1」や「DKKI」と呼ばれる化学物質が生成されてしまうのです。

そのような化学物質が毛包細胞に影響を及ぼすとヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなることで髪の毛が長く太く成長できなくなります。細く短い髪の毛が増えてしまうと、全体的に頭髪の薄毛が目立つことにつながります。

○AGAに遺伝の影響はあるの?

以前から、両親や祖父母に薄毛の症状が見られると、子や孫も薄毛を発症しやすいと言われてきました。それは、あながち間違いではありません。なぜなら最近では、薄毛の原因と考えられる原因遺伝子がいくつか報告されているためです。

2005年にドイツにあるボン大学の研究チームによって、薄毛に関わる遺伝が発見されたことにより、AGAと遺伝子の関係の一部が明らかになりました。

研究成果の内容は、40歳よりも前に薄毛になった男性の家系を調べたところ、X染色体上にある男性ホルモンの受容体遺伝子に特徴がみられることがわかったというものです。研究チームは、この特徴が頭皮のアストロゲンの働きを強め、髪を抜けやすくしているのではないか、と提唱しています。

人間には、男性でも女性でも等しく持っている”常染色体”と、男では”XY”、女性では”XX”という男女それぞれが持つ”性染色体”というものが存在します。これらの遺伝子を父と母から半分ずつ受け継ぐことで、「自分」が存在しているわけです。前述のように、アンドロゲンレセプターの情報はX染色体上に存在します。そう考えると、自分が男性の場合X染色体は100%母方から受け継ぐことになるのです。

またその母も、X染色体を祖父と祖母から50%ずつ受け継いでいます。それによって、母方の祖父に薄毛の遺伝子を持つ人がいると、孫である自分が薄毛になる可能性があるというわけなのです。ちなみに孫が女性だった場合、薄毛が顕在化していなくても薄毛の遺伝子は継承されています。

AGAに影響を与える遺伝子は他にもあると考えられているため一概には断定できませんが、こうした発見から少なからず遺伝の影響はあると考えられます。ただし、薄毛の遺伝子を持つ人は薄毛になりやすいというだけで、必ずしも発症するとは限りません。また適切な治療を受けることで、薄毛の改善を図ることも可能です。

○AGAにストレスの影響はあるの?

もうひとつ、薄毛の原因として頻繁に噂されるのは、ストレスの影響です。ストレスはさまざまな病気の要因のひとつとされていますが、毛髪の成長とも関わりがあると考えられています。

ストレスが引き起こす自律神経やホルモンバランスの乱れにより、育毛に悪影響を及ぼす恐れがあるのです。またストレスが招くコラーゲン不足によって毛包細胞が減少し、毛髪の成長が妨げられる可能性もあります。

ストレスを感じない生活を送ることは非常に困難ですが、自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスをコントロールすることもAGAの抑制に効果が期待できます。

AGAは治療できる

進行性の病気であるAGAですが、生活習慣の改善などを含めた総合的なケアによって治療することができます。ここでは、そのAGA治療についてご紹介します。

○AGAは医療機関で治療できる

AGAに悩む人の中には、市販されている育毛剤を利用して改善を試みる方も少なくありません。しかし、自己流の誤ったAGA対策や、複数の育毛剤の使用を繰り返していくうちに、頭皮のかゆみや抜け毛の悪化を招く恐れがあります。

現在ではいくつかのAGA治療が承認され、医療機関でAGA治療を行うことが可能になっています。標準的な治療法のひとつは、投薬治療です。AGA治療薬の服用は医師の指導のもとで正しい処方に基づいて行われるため、治療薬を購入する場合、まずは医療機関を受診することが必要です。

一般的な医療機関で行われる治療方法は、AGAの抑制を目的としています。AGAの進行を抑える効果がある「プロペシア」や「フィナステリド錠」といった内服薬を投与することで、AGAによって起こる抜け毛を減らしていきます。

しかし、一人ひとりの症状にあわせてAGAの総合的なケアができる医療機関は、まだまだ少ないのが現状です。いくつかの医療機関に相談して、自分に合った治療を安心して受けられる医療機関を探すことをおすすめします。

○AGAには専門クリニックも

AGA治療は、ただ治療薬を飲めば良いというものではありません。一人ひとりの薄毛の原因や症状、生活習慣に合わせた、総合的なケアを受けることが大切です。そのため、AGA治療を専門とする医師が在籍するAGA治療専門クリニックには、他の医療機関にはない大きなメリットがあります。

AGA治療専門クリニックでは先ほどご紹介した治療薬を処方する方法の他にも、最新技術を使った検査や、発毛を目的としたさまざまな治療法により、効果的に治療を受けることができます。

その他にもメンタルケアを始めとし、生活習慣や食生活の指導も含めた総合的なケアによって、一人ひとりにあった治療を施すことで、毛髪を太く長く成長させ、頭髪の密度を増やすことも期待できます。

また、AGA治療の経験が豊富な医師と相談しながら、効果的な治療方法を選択することができます。その後、治療経過に応じた定期的な診察により、AGA治療の方法を見直していくことも可能です。

○AGAの悩みには無料カウンセリングがおすすめ

AGAに悩む人の中には、どのような治療方法を選べば良いのか、どのような医療機関が適切なのか、といった心配を持つ方も多いのではないでしょうか。そこで、自分に合った治療方法を見つけるためにも、まずは無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

無料カウンセリングは、AGA治療専門クリニックで受けることができます。経験豊富なカウンセラーや医師に、AGAのメカニズムや進行具合、頭皮の状態に加えて、具体的な治療方法や費用などを、わかりやすく説明してもらえます。

カウンセリングの具体的な内容はそれぞれのクリニックによって若干異なりますが、次のような流れになっています。

1) 問診とAGAの説明
AGAの進行具合や体調、病歴の確認のため、問診票の記入があります。その後、AGAについての一般的な説明を受けることになります。
2) 治療方法の説明
そのクリニックが行っている治療法の中から、一人ひとりにあった治療方法の提案と、使用する薬剤の説明などを受けます。
3) 治療機関と費用の説明
AGAの進行に応じて、どれくらいの治療期間が必要なのか、どれくらいの費用がかかるのか説明を受けます。通常はAGAの進行が軽いほど、期間と費用も少なくて済む事も多いです。

このようなカウンセリングを専門のカウンセラーや医師が行ってくれるため、納得できる治療方法であれば、すぐに治療を始めることもできます。

AGAには早めの治療が効果的

AGAは進行性の病気なので、放っておくと症状はどんどん悪化してしまいます。またジヒドロテストステロン(DHT)によってダメージを受ける毛包細胞は、その数に限りがあります。ヘアサイクルの乱れにより短い期間で繰り返し毛髪を生み出した細胞は、その分早く寿命を迎えることになります。そして一度寿命を迎えてしまった細胞からは、発毛を期待することはできません。

つまり毛包細胞の残数が十分で、余力のあるうちに出来るだけ早く治療を開始することが、その後の効果に大きな影響を与えるのです。少しでも薄毛が気になり始めたら、AGA治療専門クリニックに相談して早めの治療に取り組むことをおすすめします。

AGAには正しい知識と対策を

いざAGA治療を始めようとした時に、デリケートな問題であるため場所やクリニックの雰囲気などが気になる方もいるかと思います。AGAヘアクリニック(以下、当院)はプライバシーを考慮した完全予約制で、個室にて診察からお会計までを行うことができます。また東京駅から約4分の秋葉原にあり、JR山手線や東京メトロ日比谷線の他、つくばエクスプレスも通ってるため遠方からでも比較的通いやすいでしょう。通院が恥ずかしいと感じる方の場合にも、テレビ電話を使用したオンライン診察にも対応。安心してご利用頂けます。

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)の影響の他にも、生活習慣の乱れやストレス、遺伝など、さまざまな原因によって起こることが考えられる症状です。また進行性のため総合的なケアをできるだけ早く受けることが必要な症状でもあります。今回ご紹介した内容を参考に、AGAに対する正しい対処を行いましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果