このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGAを自分で治療する!サプリメントなど自宅でできる対策法

女性専用の薄毛治療について
AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

病院に行かずにできるAGA対策とは?

AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気であるため、対策をせずそのままにしておくと、いつの間にか取り返しのつかないことになるかもしれません。病院で治療するのも大切ですが、日頃からできるAGA対策も大切です。ここでは病院に行かずにできるAGA対策をご紹介します。

○育毛剤・発毛剤

育毛剤・発毛剤にはAGAの症状に合わせて、その働きや成分が異なる多くの商品が市販されています。自分の症状に合わせて正しく選ぶことが、効果的なAGA対策を行うためのポイントです。

AGA対策では、AGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」の分泌を抑え、毛根への栄養を補給することが大切です。そのため育毛剤・発毛剤を選ぶ際には、毛母細胞や毛根に直接働きかけて栄養を補給する成分、毛母細胞や毛根に栄養を届けやすくするために頭皮の血行を良くしてくれる成分、毛髪が育ちやすくなるように頭皮の環境を整える成分など、含まれる成分の効能をよく見て選ぶようにしてください。

また、市販のAGA対策商品の中には医薬品に分類されるものもあります。効果が高いというメリットがある反面、副作用がでる恐れもあるため、薬剤師に十分相談してから購入するようにしましょう。

○育毛シャンプー

シャンプーといえば、髪の毛を美しくする成分を含んだものが、まず頭に浮かぶかもしれません。しかし、AGA対策をするときには、髪を美しくする目的のときとは選ぶものが変わってきます。

薄毛の方は、頭皮環境の悪さが原因になっている場合があります。薄毛対策として育毛シャンプーを選ぶときには、頭皮の環境を良くするためのシャンプーを選ぶことが大切です。

髪の毛を美しく保つためにシリコンが含まれている場合が多いですが、このシリコンが毛穴に詰まって、薄毛や抜け毛の原因となるという説があります。あくまで俗説として捉えていただいて結構ですが、薄毛が気になる人で、どうしても不安という場合は、ノンシリコンのシャンプーを選ぶ方がいいでしょう。

育毛シャンプーの効果としては、アミノ酸由来の界面活性剤などをつかうことで、頭皮への刺激を減らし、必要な皮脂を取りすぎず、頭皮の潤いを保ってフケを抑えることで、頭皮の環境をよくすることがあげられます。

 

○生活習慣の改善

AGAの原因はDHTの過剰分泌により発毛が抑制されることにあり、生活習慣の良し悪しが直接影響を与えることはありません。しかし、生活習慣が原因で頭皮環境が悪くなり、抜け毛が進行してしまう恐れがあります。そのため、AGA対策には生活習慣の改善が有効な手段といえます。

偏った食事は、体だけでなく頭皮にも悪い影響を与えます。タンパク質やアミノ酸の不足は、髪の毛の成長を妨げます。また、動物性油脂の過剰摂取は、悪玉コレステロールの増加により血液の流れを悪くし、髪の毛に十分な栄養を届けられなくなっていまいます。バランスの良い食事を心がけ、健康な髪を維持するようにしましょう。

アルコールの過剰摂取も当然頭皮に良いとはいえません。大量のアルコールを摂取することで肝臓に負担をかけ、肝臓で生成されるたんぱく質が不足すると、発毛や育毛を阻害することが考えられます。また、過剰な皮脂分泌を招く可能性もあり、余分な皮脂を貯めすぎてしまうと、毛穴をふさいでしまうことになりかねません。

喫煙や睡眠不足も大敵です。喫煙による慢性的な血管収縮は頭皮の血行を悪化させ、髪の毛に十分な栄養が届かなくなる可能性があります。また、睡眠不足は成長ホルモンの分泌を阻害し、髪の毛の成長を阻害してしまう場合があります。

○頭皮マッサージ

頭皮環境を整えるためには、頭皮マッサージも有効な手段です。頭皮マッサージは、頭皮のコリをほぐし血行を良くします。また、毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを、押し出す効果も期待できます。

頭皮の血行が良くなれば、髪の毛に必要な栄養素が十分に届けられるようになり、発毛を促す環境が整います。また、AGA治療薬などの有効成分も、隅々まで行き渡るようになります。そのため、頭皮マッサージはAGA対策を行う上での下地を作る有効な手段であると考えられます。

○サプリメントを摂取する

髪の毛に必要な栄養素を補給するために、サプリメントを活用するのも効果的な方法です。サプリメントを利用すれば、アミノ酸やビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、各種ミネラルなど、健康な髪の毛を育てるために必要な栄養素を、効果的に補給することができます。

その他にも、サプリメントの中には、AGA対策として有効な成分が含まれているものもあります。AGA治療薬には副作用の心配があるものもありますが、サプリメントなら副作用の心配も少ないため、比較的安心して摂取することができます。

AGA治療中にとりたいサプリメント

サプリメントの摂取は、AGA治療を補助するための有効な手段です。AGA対策に有効なサプリメントには、髪を作るために必要な成分が補えるもの、頭皮環境を改善する効果が期待できるもの、DHT抑制効果が期待できるものなどがあります。ここでは、AGA治療におすすめのサプリメントをいくつかご紹介します。

○アミノ酸

アミノ酸はプロテイン(タンパク質)の元となる要素です。タンパク質を合成するために必要なアミノ酸の種類は実に20種類もあるのです。そんなアミノ酸の中でも、体の中で合成できる「非必須アミノ酸」もあれば、体内では合成できず外部から摂取しないといけない「必須アミノ酸」もあります。タンパク質は、人間の体に必要不可欠な三大栄養素のひとつです。もちろん、髪の毛の主成分もタンパク質です。そのため、良質なプロテインの摂取は、AGA治療にも大切な要素となります。

タンパク質はペプチドに酵素分解され、さまざまなアミノ酸へと分解されて体に吸収されます。そして、血や体を作り、代謝や免疫力といった体の働きを強化します。

○L-リジン

L-リジンは、髪の毛の成長に欠かせない必須アミノ酸で、体内で生成することができないため、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

L-リジンは、タンパク質の生成を助けて、発毛を促します。その他にも、免疫機能を高める、カルシウムの吸収を助けるなどの効果があり、美肌効果や骨粗しょう症予防、疲労回復、集中力の低下や貧血を防ぐ効果も期待できます。

○ビタミン

ビタミンは、3大栄養素である、タンパク質・炭水化物・脂質を体に必要な栄養素にするためのサポートをする物質で、全部で13種類あります。ビタミンも私たちの体の中で生成することができないため、食事やサプリメントで補う必要があります。

頭皮の健康を保つために、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどが有効です。また、毛母細胞の働きを活発にさせるためには、ビタミンB群が有効で、特にビタミンB2とビタミンB6が育毛に効果があるといわれています。さらに、ビオチン(ビタミンB7)は、育毛に最も重要な栄養素とされ、3大栄養素をエネルギーに変えるサポートをして頭皮や髪の毛を健康し、髪の毛の寿命を延ばす効果が期待できます。

ビタミンは種類が豊富なため、サプリメントもたくさんの種類がありますが、1か月分で数百円くらいのものが多いようです。

○亜鉛

亜鉛はタンパク質の合成や骨の発育など、人間の成長には欠かせない必須ミネラルです。亜鉛が不足すると味覚障害や発育不全、機能障害などを起こす場合もあります。

亜鉛には、薄毛や抜け毛に効果がある働きがあります。主に髪の毛の成分の約9割を占めるケラチンを合成する働きです。そのため、亜鉛はAGA対策として有効な栄養素といえます。

○ノコギリヤシ

ノコギリヤシは北米から中南米にかけて生息する植物です。古くから現地の人々は、ノコギリヤシの果実を食用として食べていました。ノコギリヤシは前立腺肥大症の改善に効果があると言われていましたが、最近の研究により、このノコギリヤシの成分が薄毛にも効果があることがわかってきました。

ノコギリヤシには、AGAの主な原因であるDHTの生成を抑える作用が確認され、AGA対策用としてノコギリヤシの有効成分を抽出したサプリメントが登場するようになりました。

AGA対策でサプリメントを選ぶ際の注意点

AGA対策にサプリメントが有効なことはご紹介してきたとおりですが、サプリメントを利用する際にも注意点がいくつかあります。ここでは、サプリメントを選ぶ際の注意点についてご紹介します。

○手頃な値段のものを選ぶ

サプリメントは、あくまでもAGA対策に必要な栄養素を効果的に補給する手段のため、高価なサプリメントを摂ったからといってAGAが劇的に改善することはありません。また、AGA対策は長く続けることが大切です。サプリメントを使用する際も同様で、一定期間の摂取を続け、体の内側から育毛・発毛に適した体づくりをしていくことが必要です。

高価なサプリメントを使っては、経済的な負担が大きく長く続けることができません。手ごろな値段のものを選ぶように心がけてください。ただし、体の中に取り入れるもののため、あまりにも安すぎるものにも注意してください。含まれている成分などをしっかりと確認して安全かどうか確かめる必要があります。

○高い効果をアピールする体験談に注意

インターネットなどでサプリメントを購入するとき目につくのが、そのサプリを使った体験談などです。体験談の中には高い効果を謳うものもありますが、サプリメント自体がAGAの症状を直接改善することはありません。また、サプリメントの効果には個人差もあるため、鵜呑みにしないように注意してください。

○アレルギーに注意

サプリメントにはさまざまな成分が含まれている場合もあります。AGA治療薬のように強い副作用が起こることはありませんが、アレルギー反応など、悪影響がないとも言い切れません。

含まれている成分が安全なものか確認し、もし使用中に少しでも異常がみられるときには摂取を中止して、速やかに医師に相談するようにしてください。

○服用中の薬がある場合はかかりつけ医に相談を

サプリメントに含まれている成分の中には、医薬品の効能を妨げたり、助長したりするものもあります。また、疾患のある人は摂取を控えたほうがいい成分が含まれている場合もあります。

そのため、服用中の薬がある人は、サプリメントを摂取する前にかかりつけの医師に相談して、問題がないかどうかを確かめるようにしてください。

自宅でできるAGA対策を組み合わせて行いましょう

AGAの主な原因はDHTであることはご紹介してきたとおりですが、そのほかにも、遺伝、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスの影響など、さまざまな要因が重なってAGAの症状は進行していきます。

そのため、AGA対策でも「サプリメントを飲むだけ」といった、1つの方法だけに偏ることなく、ここまでご紹介してきた対策をいろいろと組み合わせることによって頭皮環境を整えていくことが大切です。

AGA対策は長期的に続くものです。無理のないところから少しずつ、発毛しやすい生活習慣へと変えていくことをおすすめします。

  

AGAが進行してきたら通院も検討を

AGAは進行性の症状です。自宅でできるAGA対策についてご紹介してきましたが、さまざまな対策を講じていても症状が進んでしまうことは十分に考えられます。もし、AGAが進行してしまったら専門の医療機関に行くことも検討しましょう。ここでは、通院のメリット・デメリットをご紹介します。

○通院のメリット

通院するメリットは、抜け毛防止や発毛効果の高いAGA治療薬を処方してもらえること、専門家によるカウンセリングや診察により一人ひとりにあったAGA治療を受けることができること、などがあげられます。

AGA治療は早く始めれば、比較的治療費を抑えることが可能です。自分の症状と相談しながら、自分にあった治療方法を検討してください。

○通院のデメリット

通院のデメリットは、サプリなどのAGA対策に比べて費用が高額になること、定期的な通院に手間と時間がかかること、などがあげられます。

AGA治療は完治させるものではなく、あくまで進行を止めて発毛を促すためのもの。一度やめてしまうと再びAGAの症状が進行してしまうため、治療を開始した場合は治療をやめてもいいと思うまで続ける必要があります。

AGA治療は早めに専門クリニックへ

AGA対策は生活習慣も含めた総合的な対策が必要です。一つの方法に偏ることなく、頭皮に優しい生活をすることを心がけましょう。また、AGAは進行性の症状であるため、症状の悪化がみられるときには、早めに通院を検討しましょう。

東京秋葉原にあるAGAヘアクリニックは、完全予約制のAGA治療専門クリニックです。個室で診察からお会計まですべて行えるため、ほかの患者様にもほとんど顔を合わせずに通院が可能です。またテレビ電話を使用したオンライン診療にも対応しており、ご自宅や外出先からでも診察ができます。カウンセリングおよび診察は何度でも無料ですので、薄毛についてお悩みであれば是非当院へご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について