このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGAの治療薬「プロペシア」って?作用や値段をご紹介

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

プロペシアとは? 成分や作用について

AGA治療を考えている人なら、プロペシアについて一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。プロペシアとはどのような薬なのでしょうか。以下で成分や作用について見ていきましょう。

〇プロペシアの成分と概要

プロペシアは、「フィナステリド」を主成分とするAGA治療薬です。円形の錠剤で、ピンク色をしています。1998年1月、FDA(米食品医薬品局)に認可されて処方が開始され、現在は世界60か国以上で承認されています。日本においては、フィナステリド錠(ファイザー)やザガーロと同じく、厚生労働省の認可を受けているAGA治療薬です。

〇プロペシアがAGAに作用する仕組み

AGAの症状は、男性ホルモンであるテストステロンが体内で「5αリダクターゼ」という還元酵素と結合し、発毛抑制作用を持つDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化することで引き起こされます。これに対してプロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼに働きかけることで、DHTの生成を阻害し、AGAの進行を抑制するとされています。

フィナステリドは、日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」において、男性患者に対して、推奨度Aランク「行うよう強く勧められる治療」に指定されています。

〇プロペシアは効果がある?

プロペシアの効果は科学的に認められています。国内で行われた臨床試験では、プロペシア1mgを1年間投与することにより58%の改善効果が見られました。さらに2年間では68%、3年間では78%の改善効果が見られています。

また同量のプロペシアを1年間投与することにより、40%の現状維持効果があるという結果も出ています。なお2年間では31%、3年間では20%の現状維持効果が認められました。

ただしこのデータの対象は20~50歳の男性であり、20歳未満の未成年に対する効果や安全性も保証できない点、50代以上の人は若い世代と同等の効果が現れるとは言い切れない点には留意しておきましょう。

他にも様々な試験が行われています。国内で行われた最も大規模な臨床試験では、プラセボ(薬効のない錠剤、いわばラムネのようなもの)とフィナステリド1mgをそれぞれ1年間内服させた患者の毛髪数を比べた試験があります。この試験ではプラセボ投与群は1年間で2.7%毛髪量が減少したのに対して、フィナステリド投与群では、11%の増加を認めました。またさらに長期の5年間を比較した試験では、プラセボ投与群は5年間で26.5%減少したのに対して、フィナステリド投与群では4.3%の増加という結果でした。この結果としては、フィナステリドは長期的には飲んでいないよりも進行は遅らせることはできても進行を完全に止めることはできないということです。

また、女性に対する試験においても、脱毛症に対する効果がみられなかったため、女性へのプロペシアの処方は認められていません。なお、主に男の胎児の外性器に悪影響を与える可能性が高いため、女性は服用してはいけません。妊娠中・授乳中の女性については特に注意し、経皮吸収もするため薬に触れることも避けてください。

プロペシアのデメリット、副作用は?

効果が期待されるプロペシアですが、以下のようなデメリットもあります。また副作用にも注意したいところです。以下で詳しくご紹介しましょう。

〇プロペシアのデメリット

プロペシアによる治療には長期間の継続が必要です。最低でも6か月以上続けなければならず、服用をやめるとそれまで進行を食い止めていた症状が進行します。またAGAの治療全般にいえることですが、保険適用外であるため、全額自己負担になってしまう点はデメリットといえるでしょう。

直接的なデメリットというわけではありませんが、プロペシアはあくまでAGAによって乱れたヘアサイクル(毛周期)を正常にととのえ、髪の成長期間を長くすること目的とした薬です。発毛が止まってしまった毛穴から発毛を復活させたり、毛根を再生したりといった効果は期待できません。ただし髪の成長期間が長くなれば、生えてくる髪は長く太くなってくるでしょう。

〇プロペシアの副作用

プロペシアの副作用が表れる頻度は低いといわれています。また副作用が出たとしても多くは軽度であり、服用を中止すれば副作用が収まることがほとんどです。ただし、重篤な副作用の可能性もあるため、注意が必要です。重大な副作用には肝機能障害があります。肝臓に持病のある人は、プロペシアを服用する前に医師とよく話し合いましょう。

男性機能についても障害が起こる可能性があります。性欲減退、勃起不全、射精障害などが見られることがあるため、子作りを考えている人の中にはプロペシアの服用を一時的に休薬する必要がある人もいます。

そのほか、じんましんなどかゆみが起こる症状や乳房肥大や乳房圧痛、抑うつ症状などが見られることもあります。副作用が表れた場合は服用を中止し、医師に相談しましょう。

何科でもらえる? 保険適用は? プロペシアの処方と服用方法

プロペシアを服用したくても、どこで手に入るのかピンとこない人も多いのではないでしょうか。プロペシアは以下の方法で処方してもらえます。服用方法についてもご紹介しましょう。

〇プロペシアを処方してもらう方法

プロペシアは皮膚科や薄毛外来で処方してもらえます。薄毛対策としては薬を処方してもらうだけでなく、食事や睡眠、ストレス解消法などの生活習慣についても医師から指導を受けましょう。なおプロペシアは薬価基準未収載薬であるため、健康保険の適用対象外です。

〇プロペシアの服用方法

プロペシアは1日1回内服します。服用の際は他の薬同様、水やお湯で飲みましょう。お茶やジュースなどは避けてください。また薬を割ったり砕いたりしないよう注意しましょう。

〇プロペシア服用中の注意点

プロペシアを服用しているあいだは献血を避けてください。血液が妊娠中・授乳中の女性の体内に入り込むのを防ぐためです。献血をする場合は、プロペシアの服用を1か月間中止した後に行えば問題ありません。

またプロペシアの効果が出てきても、自身の判断で服用を中止しないようにしましょう。AGAの症状が再発する可能性があります。

〇プロペシアの個人輸入に注意

プロペシアを安く手に入れるために、個人輸入をしてみようと思っている人もいるかもしれません。しかし個人輸入品のなかは、偽物も多く出回っています。偽物のなかには、有効成分が含まれていないものや過剰に含まれているもの、さらに不純物やAGAとは無関係の成分が入っている危険なものもあります。健康被害を引き起こすリスクが高まりますので、十分に注意してください。

プロペシアの値段は? ジェネリックはある?

プロペシアを服用しようとするとどの程度の費用がかかるのでしょうか。以下で詳しく見てみましょう。

〇プロペシアの値段

プロペシア1mgは、1箱28錠で6,000~7,500円程度です。1日1錠が一般的ですから、1か月で1箱分のコストがかかることになります。

〇プロペシアのジェネリック医薬品

ジェネリックとは、先発の医薬品と同じ成分・効能を持っているとして、厚生労働省から製造販売承認を得ている後発医薬品のことを指します。先発医薬品よりやや安価である点が特徴です。

プロペシアのジェネリック医薬品は一般的に「フィナステリド錠」と呼ばれており、メーカーによって商品名は異なります。たとえばフィナステリド錠 1mg「ファイザー」は28錠で5,000円程度と、プロペシアより若干安くなっています。

プロペシアと併用がすすめられる薬「ミノキシジル」

プロペシアは、ミノキシジルと併用することでより効果を実感できるといわれています。以下で詳細をご紹介しましょう。

〇ミノキシジル

ミノキシジルは発毛を促進させる働きのある薬です。
ミノキシジルが作用する仕組みを理解するには、髪の生え方のメカニズムを押さえておくとよいでしょう。髪の毛は、その根元にある毛乳頭と毛母細胞で作られています。毛乳頭は毛細血管から栄養を受け取り、毛母細胞に供給する役割を果たしています。そして栄養を受け取った毛母細胞は、細胞分裂を繰り返し、髪の毛として成長するという仕組みです。もし十分な栄養が不足したり、男性ホルモンが悪影響を及ぼすと、このプロセスがうまく働かず、髪が成長せずに抜け落ちてしまって、薄毛が進行してしまいます。

ミノキシジルは高血圧の患者向けに、降圧(血管を拡張させて血圧を下げる)薬として開発されました。しかし、服用した多くの患者の体毛が濃くなったことから、副作用として多毛症が認められました。このことから、頭皮に対して臨床試験を行ったところ、AGA(男性型脱毛症)に有効であることが発見されました。外用薬のほか、内服薬もあります。プロペシア+ミノキシジル外用薬、プロペシア+ミノキシジル内服薬の組み合わせや、3つの併用などで処方されるケースが多いようです。

ミノキシジルは日本皮膚科学会による「男性型脱毛症診療ガイドライン」においても、AGAの症状に対する発毛効果が認められています。推奨度はAランクと高い位置づけです。また、女性に対しても効果が認められており、男女ともに処方することができます。

ミノキシジル外用薬の副作用としては、かゆみや湿疹などが表れることがあります。また、もともと高血圧症に対する薬であったため、特に内服薬では低血圧やそれにともなう頭痛、冷え、動悸、息切れといった副作用が出る可能性もあります。医学的に判明しているわけではありませんが、妊娠中・授乳中の女性が使用すると、胎児や乳児の循環器系に悪影響を及ぼすおそれがあるといわれているため、期間中の使用は注意が必要です。

ミノキシジルの成分が含まれる外用薬では、リアップやロゲインが一般的です。リアップは一般用医薬品であるため、医師の処方がなくても薬局やドラッグストアで購入できます。ロゲインは医師に処方してもらうことによって購入が可能です。

〇フロジン液

フロジン液は、塩化カルプロニウムを有効成分とする外用薬です。ミノキシジルと同様、血管を拡張する働きをします。ミノキシジルほどのエビデンスはありませんが、症例報告以外にも、処方実績の数などもあることから、「男性型脱毛症診療ガイドライン」でもC1(医学的に明確な根拠はないが、使用した場合の副作用もひどくないとされているため、試しに使用しても良いという)評価となっていて、手段のひとつとして推奨されています。

副作用としては、発汗や熱感、それにともなう悪寒などがあります。副作用が表れた場合は薬を洗い流し、医師に相談しましょう。

プロペシアで効果が出なかった場合は? プロペシア以外の治療法

プロペシアの効果の表れには個人差があります。したがって、プロペシアでの治療を続けていてもあまり効果が見られない、という人もいるかもしれません。その場合は以下の治療法も検討してみてはいかがでしょうか。

〇育毛メソセラピー

メソセラピーとは、医療薬を注射器などで注入して治療する方法です。育毛メソセラピーの場合は、ミノキシジルや「アミノ酸システイン」を含むビタミン類など、育毛や増毛に効果があるとされている成分を頭皮に直接注入することで、髪の毛を作る細胞を活性化させようとする治療になります。外用薬として使われることの多いミノキシジルを直接頭皮に注入できるため、有効成分がより強く毛根細胞に働きかけるとされています。しかし治療実績数や症例報告も多くなく、有用性を断定できる医学的根拠が無いことから、治療を推奨するまでには至っていません。

費用は1回約20,000円弱~100,000円とクリニックによってかなり幅があります。施術する際の設備や配合されている成分などもクリニックによって違う場合があり、十分理解した上で検討するのがよいでしょう。

〇HARG療法

HARG療法は、再生医療を取り入れたAGA治療法です。細胞のもととなる幹細胞から抽出した複数の成長因子を含むタンパク質を、注射などで頭皮に注入します。

頭皮に注射をする点は育毛メソセラピーと似ていますが、HARG療法の場合は、治療薬に「成長因子」が含まれていることがポイントです。成長因子が頭皮の幹細胞に働きかけると、細胞が自ら成長因子を分泌し続けるようになります。そのため治療が終わっても発毛が継続するといわれています。しかし、まだ比較的新しい治療法のため、メソセラピー同様に医学的根拠が十分になく、推奨される治療にはなっていません。

費用は1回約80,000円~200,000円とクリニックによって値段の幅が広く、こちらもメソセラピーとおなじく施術器具や配合薬などで差が出てしまいます。

〇植毛

植毛においては、近年では自毛植毛が主流です。自毛植毛とは、AGAにならない後頭部や側頭部の毛根を、増毛したい部分に移植し、毛根を移動する方法です。科学繊維で作られた人工毛とは違い、自分の髪であるため生着率が高く、移植が成功すればその後はメンテナンスの必要がありません。「男性型脱毛症診療ガイドライン」においても”フィナステリド内服やミノキシジル外用により十分な改善が得られない男女の症例に対して,十分な経験と技術を有する医師が行うとよい”とされています。

反対に人工毛植毛に関しては、人体に対しての健康リスクが高く、国によっては法律で施術が禁止されていたりと、世界的に推奨されていません。費用は大体500,000円〜といわれていますが、植毛する面積によって費用は上下します。

AGA治療薬の処方はAGAヘアクリニックにご相談ください

今回はプロペシアについて、成分や作用、服用方法や費用などを中心に、併用術や他の治療法などを詳しくご紹介しました。プロペシアやAGA治療についての理解が深まったのではないでしょうか。

プロペシアは正しく活用すれば効果が十分期待できる薬です。東京・秋葉原のAGAヘアクリニック(以下、当院)ではプロペシアのほか当院オリジナルのフィナステリド内服薬およびデュタステリド内服薬、ミノキシジル外用液なども取り揃えております。当院はカウンセリング・診察は何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について