このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛シャンプーはAGA対策できる? 選び方や洗い方のポイント

AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

育毛シャンプーとは

育毛シャンプーはテレビCMや広告などで宣伝されているため、AGAが気になる人のなかにはその存在を知っている人も多いでしょう。育毛シャンプーとは、育毛を促す頭皮の環境を整えるためのシャンプーのことです。育毛シャンプーの宣伝によるイメージから、育毛に直接的な効果があると思ってしまう人もいるかもしれませんが、育毛シャンプーを使うだけで髪の毛が生えてくるということはありません。

それでは、AGAが気になる人にとって、育毛シャンプーを使うメリットはどのようなものなのでしょうか。一般的に、育毛シャンプーには頭皮からの皮脂の過剰分泌を抑え、保湿をしてくれる成分が含まれています。頭皮を健康な状態に保つことで、育毛促進のための環境が整いやすくなるのです。ただし、洗浄力の強い石油系の成分を使用している育毛シャンプーの場合、体質によっては強い刺激が頭皮に影響を与えてしまう可能性があるため注意が必要です。

育毛シャンプーのなかには、頭皮環境を改善するだけでなく、育毛を働きかける効果が期待される成分を含むものもあります。しかし、AGA治療薬ではないため、治療の補助的な役割にとどまると考えたほうが良いでしょう。

このように、育毛シャンプーとうたわれていても、髪の毛を生やしたり増やしたりする効果があるわけではありません。頭皮のダメージを改善し、育毛が促進される環境を整えるためのものなのです。

市販の育毛シャンプーはAGAに効果がない?

頭頂部や髪の生え際で抜け毛や薄毛が進行するのが AGAの特徴です。AGAに悩む人のなかには、育毛シャンプーを試したいと思っている人もいるでしょう。しかし、残念ながら市販の育毛シャンプーではAGAを改善するのは難しいといえます。ここでは、AGAの原因や育毛シャンプーの効果の実態について見てきましょう。

○AGAのメカニズム

AGAを発症すると、髪の毛が太く長く伸びる前に抜けてしまうため、薄毛や抜け毛が目立つようになります。

その主な原因は、テストステロンという男性ホルモンが5-αリダクターゼという酵素と結びつき、抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンを生み出してしまうことにあります。ほかにも、遺伝的な要素が関係していたり、ストレスや生活習慣が影響を及ぼしていたりといったことも原因に含まれます。

○AGAの原因は市販の育毛シャンプーでは解消できない

シャンプーの基本的な役割は、髪の毛の汚れだけではなく、頭皮から分泌される皮脂を洗い流して頭皮の状態を整えることといえるでしょう。頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、頭皮に細菌が繁殖したり、炎症が起きたりするため抜け毛を誘発させる原因になります。そこで、シャンプーによって余分な皮脂を洗い流すのです。

しかし、前述のAGAのメカニズムからすると、育毛シャンプーで頭皮の状態を整えてもAGAを完全に解消することは難しいといえます。AGAの症状は、ゆっくりではあるものの進行していきます。本格的に治療するには、進行する前に専門の医師に相談するのがよいでしょう。

ただし、AGAの根本的な改善に役立たないからといって、毎日のシャンプーをおろそかにしてもよいというわけではありません。育毛を促す頭皮環境をつくるために、シャンプーを適切に行うことを心がけましょう。

シャンプーによる洗浄不足がAGAに与える影響

次に、シャンプーをする際に気をつけるべきことについて説明します。AGAの原因には前述のとおり男性ホルモンが大きく関わっていますが、シャンプーを正しく行うことで症状を緩和できる可能性があります。逆に、シャンプーのやり方が適切ではないと、さらに薄毛を悪化させるおそれもあります。

○洗浄不足だと抜け毛が起こりやすくなる

シャンプーをするときに大切なことは、髪の毛だけではなく頭皮を丁寧に洗ってあげることです。爪を立ててゴシゴシと洗うのではなく、指の腹でマッサージするように洗いましょう。そして、洗ったあとは十分にすすぎを行い、汚れやシャンプー液を落としていきます。シャンプー液が頭皮に残ってしまうと、ニオイやフケの原因となるので気をつけましょう。

また、コンディショナーをつけている方も、髪の毛に馴染ませたあとはしっかりとすすぐようにしてください。シャンプーと同様、すすぎ残しがあると感染の温床になったり、頭皮環境の悪化につながるので注意しましょう。

シャンプーは、洗浄とすすぎの両方をしっかりと行うことが大切です。洗浄はしっかりとできていても、その後のすすぎが不十分であることもあります。成分にこだわったものを使っていると「洗い流してしまうのがもったいない」と思いがちですが、頭皮のためには、すすぎ残しがないようしっかりと洗い流しましょう。

○ただし、皮脂を洗浄しすぎるのもダメ

洗い残しがないようしっかり洗うことが大切ですが、洗いすぎてもかえって頭皮にダメージを与える場合があります。力を入れすぎて洗ったり、シャンプーで1日に何度も洗ったりすると、必要以上に皮脂を洗い落としてしまい頭皮の乾燥を招く恐れがあります。

頭皮が乾燥すると人間の体は防御反応が働き、乾燥させないように皮脂の分泌量が増えます。皮脂が増えると、それを栄養に生きている常在菌という誰にでもいる頭皮の菌が異常に増えてしまうことで頭皮が炎症や湿疹を起こしやすくなります。このような症状は最悪の場合、抜け毛の原因にもなるため、洗いすぎにも注意するようにしましょう。

また、過剰な「洗いすぎ」をふせぐには、シャンプーの選び方にも注意が必要です。シャンプーのなかには、石油系の合成界面活性剤を含んでいるものも多くあります。とても洗浄力が強いため、必要な皮脂まで取り除いてしまい、毛根や頭皮を傷めてしまうおそれがあります。シャンプーの選び方については、次の項でご説明します。

AGAが気になる方におすすめのシャンプー

毎日のシャンプーによって、頭皮の状態は大きく変わってきます。とはいえ、シャンプーの種類は数え切れないほどあるため、何を使えばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。特に、AGAに悩む方はどのようなシャンプーを使えばよいか気になるところです。そこで、AGAが気になる方におすすめのシャンプーや、シャンプーを選ぶときのポイント、使用するときの注意などについてご説明します。

○AGAにはアミノ酸系シャンプーがおすすめ

頭皮にとって刺激が少なく、健康な状態を保つのによいとされるのが、アミノ酸系のシャンプーです。弱酸性のため髪の毛や頭皮を傷める心配があまりなく、保湿性にも優れています。そのため、AGAに悩む方はもちろん、皮膚が弱い方やアトピー肌の方にもおすすめです。

一方、石けん系のシャンプーも天然成分であることから肌に優しいと人気があるようです。ただ、石けん系シャンプーはアルカリ性のため、洗浄力が強いという欠点もあります。頭皮のトラブルにつながる可能性があるため、やはり低刺激のアミノ酸系シャンプーを選ぶのがよいでしょう。

AGAの方にとって大事なのは、頭皮の汚れをしっかり落とすこと、そしてうるおいを保つことの2点です。低刺激で適度な洗浄力を持つアミノ酸系シャンプーを使うことで、育毛に適した頭皮の環境を維持できるでしょう。

○アミノ酸系シャンプーの見分け方

AGAの方におすすめのアミノ酸系シャンプーですが、「アミノ酸」の表記がされているものなら何でもよい、というわけではありません。なかにはアミノ酸成分が少ししか入っていないのにも関わらず、「アミノ酸シャンプー」として売っている場合もあるため注意が必要です。

アミノ酸系シャンプーを選ぶときは、まず成分表をチェックしてアミノ酸成分がどのくらい入っているか確認しましょう。代表的なアミノ酸成分としては、「ココイルグルタミン酸」や、「アラニン酸」「グリシン酸」「ラウリン酸」といったものが挙げられます。それらを主成分としてつくられているのがアミノ酸系シャンプーです。

「アミノ酸系成分配合」と表記されているものは、石油系の界面活性剤や石けんの成分を主とし、アミノ酸成分を少し加えただけであるため、アミノ酸系シャンプーとはいえません。購入するときは表示成分をよく確認し、アミノ酸が主成分となっているものを選ぶようにしましょう。

○アミノ酸系シャンプーを使用する上での注意

アミノ酸系のシャンプーは低刺激で肌に負担が少ない分、洗浄力がやや弱いという点に注意しなくてはいけません。また、保湿力が高いがゆえにしっとりしすぎてしまう、ということもあるようです。いずれにしても、洗い方を少し工夫する必要があります。まず、皮脂を十分に洗い流すために、なるべく時間をかけてマッサージするように洗いましょう。

シャンプーを使用する際は、手のひらや泡立てネットでよく泡立ててから頭皮につけるのがポイントです。シャンプーをつける前に髪の汚れをお湯で十分に洗い流しておくと、さらに泡立ちがよくなります。アミノ酸系シャンプーを使うときは、よく泡立ててからゆっくりと丁寧に洗っていくことを心がけましょう。

医療機関が処方する薄毛対策シャンプーもある

AGAのさらなる対策として、医療機関が処方するシャンプーを使用してみるのも一つの手です。抜け毛の原因となる頭皮環境の一つとして脂漏性皮膚炎が挙げられます。これはマラセチアと呼ばれる真菌が悪さをしているとの報告もあり、医療機関が処方するシャンプーには殺菌作用のある抗真菌薬を使用していることもあります。効果や使用上の注意などについてご説明します。

○薄毛治療用「ケトコナゾール」配合シャンプー

薄毛の対策に有効なシャンプーとは、「ケトコナゾール」という成分を配合したシャンプーのことを指します。そもそもケトコナゾールとは、抗真菌による病気の治療に使われる薬剤のことです。一般的に脂漏性皮膚炎の治療薬として使われています。

そのケトコナゾールを配合したシャンプーが、抜け毛を抑える効果が期待できるとして注目されています。ケトコナゾール配合のシャンプーは、AGAの治療を専門に行う医療機関や美容クリニックなどで取り扱われています。

○ケトコナゾール配合シャンプーの効果

ケトコナゾールには、真菌による頭皮のフケや炎症を抑え、頭皮を正常な状態へと導くことが期待できます。ただし、まれに頭皮のかぶれや炎症、かゆみといった副作用が起こる場合もあります。また、頭皮の乾燥がひどくなることもあります。これらの症状が現れた場合には、使用を中止した方がよいでしょう。

○医薬品のため市販はされていないので注意

ケトコナゾール配合のシャンプーは日本では市販が許可されていないため、医療機関で処方してもらう必要があります。海外からの個人輸入によって購入することもできますが、医療機関に相談して購入した方が安心といえるでしょう。興味のある方は、まず医療機関に問い合わせてみることをおすすめします。

AGAが気になる方におすすめのシャンプー法

AGA治療の過程において、シャンプーを正しく行うことは頭皮のセルフ・ケアへとつながり、育毛のための土台づくりにもなります。ここでは、頭皮の健康を保つためのシャンプー法をステップ別にご紹介します。

STEP1:シャンプー前にはブラッシング
髪の毛を濡らす前に軽くブラッシングをして、髪についたホコリを落とします。ブラッシングによって頭皮を刺激することにもなるので、頭皮にある皮脂などの汚れも落ちやすくなります。
STEP2:ぬるま湯で髪を予洗いする
高温のお湯はその分刺激が強いので、頭皮に刺激を与えないよう、ぬるめのお湯で髪を洗い流します。お湯で予洗いすることである程度の汚れを落とすことができるとともに、シャンプーが泡立ちやすくもなります。
STEP3:シャンプー液を手で泡立てる
シャンプー液を手に取ったら、よく泡立ててから頭皮につけるようにしましょう。汚れは泡で落としていくため、シャンプー液を頭皮に直接つけてしまうとしっかり洗浄できなくなってしまいます。
STEP4:指の腹を使って頭皮を洗う
毛穴の汚れを押し出すように、指の腹を使って頭皮を洗っていきます。爪を立てて強めに洗ってしまうと、頭皮を傷つける恐れがあるため気をつけましょう。
STEP5:ぬるま湯で十分に髪をすすぐ
汚れやシャンプー液が頭皮に付着したままにならないよう、しっかりとすすぎます。すすぎは洗うのと同じくらい大事なので、すすぎ残しがないよう丁寧に洗い流しましょう。

頭皮の改善は育毛への第一歩

AGAそのものは、育毛シャンプーに頼るだけでは根本的な改善が難しいといえます。ただし頭皮環境の改善に効果的となるようシャンプーを行うことで、AGAの症状が緩和されることはあります。AGAが気になる方は、シャンプーの選び方や洗い方を見直すところから始めてみることをおすすめします。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では内服薬を使用したAGA治療のほか、ケトコナゾールを配合した頭皮治療用シャンプーの取扱いもございます。ご相談・診察は何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴