このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教えるAGAや薄毛対策・治療のための情報サイト

【医師が教える】薄毛が気になったら確認!AGAのセルフチェック項目

AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛を放置しないほうがいい理由

「以前よりも髪が薄くなったかも……?」そう感じてはいても、気のせいということにしたり、忙しいからとそのままにしたりしてしまうこともあるでしょう。しかし、薄毛を放置しておくのは危険です。ここでは、薄毛を放置しないほうがいい理由を解説します。

○AGAだった場合は進行してしまう

AGA(男性型脱毛症)は成人男性の約3人に1人が発症すると言われるほどに多い脱毛症で、早ければ20代のうちからAGAを発症する人もいます。

もし、薄毛の原因がAGAだった場合、AGAは進行性の脱毛症ですので、放置しているとだんだんと薄毛が進行していきます。初期であれば自分しか気づかない程度の薄毛であっても、時間がたつにつれて周囲から見てもはっきりとわかるほどに悪化してしまう可能性もあります。

また、AGA治療を受ける場合には、早期に治療を開始したほうが効果を実感しやすいと言われています。これらのことから、AGAは早期発見早期治療が大切と言えます。

○病気のサインである可能性がある

AGA以外にも、薄毛にはさまざまな原因があります。その中には、割合としてはかなり低いものの、髪だけでなく全身性の疾患によるものもあるため、髪の問題として片づけてしまうと病気を見落とすことになりかねません。

薄毛が起こる全身性の疾患には、次のようなものがあります。

・甲状腺機能低下症

別名では「橋本病」とも呼ばれます。甲状腺ホルモンは髪の成長に必要なホルモンですので、甲状腺機能低下症になると薄毛になることがあります。甲状腺機能低下症の症状には脱毛以外に、むくみや体重の増加、気力の低下などさまざまなものがあり、治療せずに放っておくと日常生活に支障をきたす可能性があります。

・膠原病

「膠原病」とは特定の病気ではなく、全身の皮膚や筋肉、血管などに炎症が起こる病気の総称です。主な症状として、原因不明の発熱・湿疹・関節痛などがあげられますが、脱毛の症状が起こることもあります。

膠原病にも様々な病気がありますが、中には悪化すると、高熱を出して救急車で運ばれるようなケースもあるため、放置せずに医療機関で治療を受ける必要があります。

自宅でセルフチェック! AGAによる薄毛の特徴

薄毛が心配であっても、いきなり医療機関に行くのはややハードルが高いように感じる方もいるでしょう。医療機関に行った場合、診断の結果AGAではなかったとしても診察料を支払わなければならないケースもあります。医療機関に行く前に、まずはAGAによる薄毛の特徴を知り、当てはまるものがないかセルフチェックしてみましょう。

○前頭部または頭頂部の毛が薄い

AGAによる薄毛の進行には、特徴があります。AGAの場合、薄毛の進行パターンは前頭部から進行するパターン、頭頂部から進行するパターン、前頭部と頭頂部の両方から進行するパターンが基本です。

AGAでは前頭部と頭頂部に薄毛が出現するのはなぜでしょうか。それは毛の根元の毛乳頭細胞に存在する「5α-リクターゼ(5α還元酵素)」という酵素の存在が関係しています。5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在します。その中でもAGAの原因となる男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成に主に関与するのはⅡ型の5αリクターゼということがわかっています。このⅡ型5α-リダクターゼは前頭部と頭頂部に多く存在しているためなのです。

○髪にハリやコシがない

髪が生えて成長し、脱毛してまた発毛するという一連のサイクルを「ヘアサイクル(毛周期)」と呼びます。AGAの症状は、このヘアサイクルが短くなってしまうことによって、髪が十分に太く成長しきらないうちに抜けてしまうというものです。

十分に成長していない髪は細く柔らかいため、AGAの初期の段階では髪のボリュームがなくなったように感じたり、ハリやコシがなくなったように感じたりします。

○細く短い毛が多い

AGAが進行してヘアサイクルが短くなる、つまりヘアサイクルの「ミニチュア化」と呼ばれる現象が起きてきます。すると長さも太さも十分に成長していない産毛のような毛(軟毛)が目立って多くなってきます。

本来の健康な状態の頭皮であれば、産毛のような状態から成長していくので問題ないのですが、AGAによってヘアサイクルが乱れてしまっている場合は軟毛のまま抜けてしまい、太い毛が育ちません。

○薄毛の進行スピードが遅い

脱毛症の種類によっては、短期間で髪がたくさん抜けてしまうこともありますが、AGAによる脱毛ではそういったことは起こりません。AGAの場合には、ヘアサイクルの乱れによって徐々に薄毛が進行していきます。進行スピードが遅いために油断してしまうかもしれませんが、ゆるやかに進む薄毛こそがAGAの特徴なので注意しましょう。

生活習慣もチェック!AGAになりやすい習慣

直接的な原因ではありませんが、AGAの発症には生活習慣の乱れも影響します。ここでは、AGA発症の危険性を高める生活習慣をご紹介します。先ほどのAGAの特徴チェックとともに自分の生活に当てはまる項目がないかをチェックして、総合的に判断しましょう。

○栄養バランスの偏った食事をしている

たんぱく質やアミノ酸、ビタミンといった栄養素が不足していると、健康な髪を作ることはできません。栄養不足の状態になると、髪からハリやコシがなくなってしまいます。

また、糖分が多い甘い食べ物や、動物性油脂の多いこってりとした食べ物が好きな方も注意が必要です。糖分はビタミンやミネラルを使って消化されるため、糖分の摂取量が多いと、せっかくとった栄養が髪の成長に使われなくなってしまいます。動物性油脂の多い食べ物は、食べ過ぎると血中にのコレステロール値が上昇し、血行が悪くなるため栄養が髪に行き届かなくなります。

○ストレスが多い

ストレスとAGAの直接的な因果関係は解明されていません。しかし、ストレスが過剰になると自律神経やホルモンに影響を与え、血行不良を引き起こす場合があります。血の巡りが悪くなれば頭皮に栄養が届かないため、髪の成長に影響する可能性も否定はできません。

○お酒を飲むことが多い

少量のお酒であれば、血行を良くするため髪にも良い影響が期待できますが、飲みすぎてしまうと必要な栄養素がアルコールを代謝するために使われてしまい、髪への栄養が不足してしまったり、皮脂の分泌が過剰になってしまう可能性があります。皮脂は適度な量であれば頭皮を守るために必要なものです。しかし、皮脂が過剰になると頭皮環境が悪化することもありますので、お酒をたくさん飲む人は注意が必要です。

○喫煙者である

喫煙の習慣は血管を収縮させ、血行を悪くすることがあります。お伝えしてきた通り、髪に栄養を届ける仕組みには血流が大きく関係していますから、喫煙によって血行が悪くなると髪が健康に育たない可能性があります。

○慢性的に睡眠不足である

体は成長ホルモンの働きによって成長します。これは、髪であっても同じです。成長ホルモンは眠っている間に多く分泌されるため、睡眠が不足すると成長ホルモンが十分に分泌されないことになってしまいます。

また、睡眠は時間帯も重要です。最も成長ホルモンが分泌されやすい時間は、入眠後から3時間ほどと言われています。そのため、極端に睡眠時間が短い生活をしていると成長ホルモンの分泌が十分にされず、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

AGA以外の脱毛症の種類と特徴

脱毛の症状はあるのにAGAの特徴に当てはまらなかった場合には、他にどのような可能性があるのでしょうか。AGAの他にも脱毛症にはいくつかの種類がありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

○円形脱毛症

円形脱毛症の特徴は、名前の通り脱毛した箇所が円形(楕円形の場合もあります)になっていることです。脱毛した箇所は髪が抜けやすくなっており、少し引っ張った程度でもごっそりと抜けてしまいます。

「円形脱毛症」の原因は、ストレスによって引き起こされることが多いとされていました。ただし、ストレスと円形脱毛症との因果関係がはっきりと解明されているわけではなく、むしろ否定的な意見が主流です。現在では自己免疫が原因と考えられています。

円形脱毛症は年齢に関係なく発症し、また男性にも女性にも発症する可能性はあります。ただし、脱毛する箇所が少なく、比較的小さい範囲だった場合には本人が気づかないうちに自然治癒することもあります。

○脂漏(しろう)性皮膚炎による脱毛症

「脂漏性皮膚炎」によって起こる脱毛です。脂漏性皮膚炎とは、「マラセチア真菌」という皮膚の常在菌が繁殖することによって頭部に生じる炎症で、主に皮脂の分泌が多い部分に起こります。

フケが大量に発生する原因は、空気の乾燥やアレルギーによるものなど挙げられますが、シャンプーの仕方など、間違ったヘアケアという可能性もあります。特に、乾燥するとフケが生じやすくなるため、シャンプーによる洗いすぎが原因という場合もあるのです。

脂漏性の脱毛も年齢や性別に関係なく起こります。菌が原因ですので、皮膚科で抗真菌剤を処方してもらうなどして治療します。

○粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠性の脱毛はまず、頭皮の角質異常によってフケが大量に発生します。このフケを餌として菌が繁殖すると炎症が発生し、この炎症が原因で脱毛が起こります。炎症部分には脱毛の他、かゆみの症状があります。

フケが大量に発生する原因はシャンプーの仕方など、間違ったヘアケアであることも挙げられます。特に、乾燥するとフケが生じやすくなるため、シャンプーによる洗いすぎが原因という場合もあります。

粃糠性脱毛症の場合、炎症が起きてしまった頭皮には皮膚科でステロイド剤を処方してもらうなどして対処します。また、頭皮を健康に保つため、ビタミンなどのサプリメントを用いる場合もあります。

○牽引性脱毛症

「牽引性脱毛症」とは、ずっと昔からポニーテールのような髪をぎゅっと結んでいる場合や同じ髪型でいることが原因で起こります。髪が引っ張られると毛根に負担がかかり、それが長期にわたるとその部分の髪が脱毛してしまうことがあります。

主にヘアスタイルによって髪が引っ張られることで生じるため、ヘアスタイルを変えたり、髪の分け目を変えたりといったことで改善に向かいます。進行してしまった場合には、発毛治療をする場合もあります。

チェック結果に不安があったら医療機関へ

セルフチェックの結果、AGAの可能性が高いと思われる場合や、他の脱毛症の特徴に当てはまった場合には医療機関の受診を検討してみましょう。

医療機関ではAGA以外の脱毛症や全身性の疾患ではないかをチェックしてもらえるところもあります。これによって、AGA以外の病気であるにもかかわらずAGAの治療薬を使用するなどということが防げます。自分ではAGAという命に関わらない病気と思っていたことが実は大きな病気の前触れなんてこともあるので注意しましょう。

医療機関ではAGAの可能性がある場合であっても、まずはAGA以外の脱毛症や全身性の疾患ではないかをチェックしてもらえます。これによって、AGA以外の病気であるにもかかわらずAGAの治療薬を使用するなどということが防げます。自分ではAGAという命に関わらない病気と思っていたことが実は大きな病気の前触れなんてこともあるので注意しましょう。

また、診断の結果、やはりAGAだった場合にも医療機関であれば、血液検査の結果などをもとに自分に合った治療薬を処方してもらうことができます。AGAの治療薬には人によって効果の出にくい薬がありますので、医師に判断してもらう必要があるのです。

AGA治療が受けられる医療機関の中には、無料診断や無料カウンセリングを行っているところもあります。薄毛の不安がある場合には、無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

まとめ

セルフチェックによってAGAの特徴に多く当てはまることがわかったとしても、気を落とす必要はありません。AGAは治療が可能な病気です。さらに、AGAは早期発見・早期治療が大切な病気でもありますから、まずは発見したことで一歩前進したと考えることもできます。セルフチェックの結果を見て諦めたり薄毛を放置したりせずに、早めに対処していきましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。