このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGAは発症する前に防ぐ!自分でできる5つの予防法

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
AGAについて

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGAって予防できるの?

成人男性の約3人に1人が発症すると言われるAGA(男性型脱毛症)は、予防できるのでしょうか? ここでは、できれば薄毛になりたくないと思う人のために、AGAの予防についてご説明します。

○遺伝的にAGAになりやすくても発症しない人もいる

昔から、「薄毛は遺伝する」と言われてきました。もし、AGAの原因が遺伝だとすれば、遺伝子は自分の力で変えることのできないものですから、AGAを予防するのは無理ということになります。

実際のところ、AGAには遺伝が影響していることがわかっています。AGAに関する遺伝子は現在複数個わかっており、そのひとつとして、DHTと結びついて毛母細胞(髪をつくる細胞)の働きを阻害する「男性ホルモン受容体」の感受性の高さ、つまりどれくらいDHTと結びつきやすい性質であるか、を決める遺伝子です。

これらの遺伝子を持っていると将来的にAGAを発症する確率が高まるのですが、家族にAGAの人がいても、まだ諦める必要はありません。AGAは環境要因や、生活習慣など様々な要素によって発症する病気ですので、1個の遺伝子情報だけではAGAのリスクはあっても発症するとは限らないのです。

○生活習慣を見直すことでAGA予防になる

遺伝が原因の1つだとして、他の要因にはどういったものがあるのでしょうか。

AGAの原因にはさまざまなものがあると考えられていますが、遺伝以外としては主に、食事や睡眠、ストレス、さらにはお酒やタバコといった生活習慣がAGAの発症に影響していると考えられています。

これらの要因は遺伝とは違って、いずれも自分の力で改善することが可能なものです。つまり、毎日の生活の中、これらの要因を見直すことで、遺伝的にAGAになりやすい体質であったとしても発症を防げる可能性が十分にあるということになります。具体的なAGA予防法は、次の項からご紹介します。

AGA予防法1:食事を見直す

予防法の1つめは、食事を見直すことです。毎日の食事に含まれる栄養によって体調が変わっていくのと同様に、髪や頭皮環境も食事によって変わっていきます。ここでは、AGAを予防するためにはどのように食事をとればよいのかをご説明します。

○髪をつくるために必要な栄養素

髪に含まれる成分で最も主要な成分は、「ケラチン」です。ケラチンとは、食事から摂取したたんぱく質が、いったんアミノ酸に分解された後に再合成されることによってできるたんぱく質の一種です。

このように、たんぱく質は髪にとって欠かせないものです。そのため、食事でたんぱく質を十分に摂取しないと、健康な髪が育たなくなってしまいます。たんぱく質は、魚・肉・卵・豆製品に多く含まれていますので、これらを毎回の食事に取り入れるようにしましょう。

ただし、肉でたんぱく質をとろうとする際には注意が必要です。肉は、たんぱく質だけでなく、動物性脂肪も多く含んでいます。動物性脂肪をとりすぎると高コレステロール血症などの疾患のリスクも高くなります。すると血液の流れが悪くなり、血液が栄養分を十分に頭皮まで運ぶことができなくなる可能性があります。肉を食べるときには、鶏肉のささみなどの脂肪分が少ないものを選ぶようにするとともに、食べ過ぎないように注意しましょう。

そのほか、アミノ酸からケラチンが合成されるのをサポートする役割を果たす「亜鉛」や「ビタミンB6」もたんぱく質と一緒に摂取する必要があります。亜鉛を多く含む食品には、昔から髪にいいと言われるわかめなどの海藻類や、ごま、アーモンドなどがあります。また、ビタミンB6は肉や魚に多く含まれるほか、野菜ではにんにくに多く含まれています。

AGAを予防するために、食事でこれらの栄養素を十分に補給しましょう。ただし、特定の食品をたくさん食べればAGA予防になるということではなく、健康な髪をつくるためには栄養バランスのよい食事をとることが大切です。

○不足した栄養はサプリメントで補ってもOK

食事に取り入れるべき栄養素をご紹介しましたが、毎日の食事で欠かさずバランスよく栄養をとるのは難しいこともあるでしょう。特に、家の外で食事をすることが多いと、栄養のバランスが偏りがちです。そのような場合には、食事で不足した栄養分をサプリメントで補っても問題ありません。

たんぱく質は「プロテイン」として、ドラッグストアや通信販売などで簡単に手に入ります。また、亜鉛やビタミンB6も同様です。なお、ビタミンB6のサプリメントにはビタミンB6単体のものもありますが、B6以外のビタミンBにも髪に良い影響を与えるものがあるため、AGA予防には「ビタミンB群」として販売されているものをおすすめします。

AGA予防法2:睡眠時間を見直す

2つめの予防法は、睡眠時間の見直しです。髪の成長には、体の成長と同じように「成長ホルモン」の働きが影響しています。成長ホルモンは主に眠っている間に分泌されるため、髪を成長させてAGAを防ぐには十分な睡眠時間が必要なのです。

また、さらに効果を上げるには睡眠の質にもこだわってみましょう。成長ホルモンは特に、深い眠りである「ノンレム睡眠」の状態のときに分泌されます。

深い眠りにつくためには、いくつか気を付けたい点があります。まず、寝る直前の食事は避けましょう。胃の中に食べ物が入っていると体は寝ている間も消化活動続けるため、質の良い睡眠がとれません。さらに、寝る直前のテレビやパソコン、携帯電話といった神経に刺激を与えるものの使用もNGです。寝る前には軽くストレッチをするなどして、リラックスした状態で寝るようにしましょう。

AGA予防法3:ストレスを改善する

3つめの予防法は、ストレスの改善です。ストレス性の脱毛症としてよく知られるのは円形に髪が抜ける「円形脱毛症」と思われるかもしれません。しかし、ストレスと円形脱毛症はあまり関係がないというのが現在の医学的な主流の考え方です。さて話は逸れましたが、ストレスはAGAの発症に関与していると考えられています。ここでは、ストレスが体やAGAに及ぼす影響と、ストレスを改善する方法についてご説明します。

○ストレスが体に及ぼす影響

人は、過剰なストレスにさらされると自律神経が乱れてしまいます。自律神経は、呼吸や循環、代謝などの生きるために必要な活動を調節している神経です。そのため、自律神経が乱れると体にさまざまな影響が出ます。

自律神経には活動的なときに優位となる「交感神経」と安静にしているときに優位となる「副交感神経」という働きが異なる2つの神経があり、普段はその2つがうまくバランスをとっています。しかし、過剰なストレスによってこのバランスが崩れてしまうとホルモンバランスも含めて体全体に不調をきたしてしまいます。

自律神経にはバランスをとる機能があるため、一時的なストレスであれば症状も一過性のことが多いでしょう。しかし、ストレスが多い生活を続けていると先述のようにホルモンバランスが崩れたままになってしまい、代謝障害や血行不良も出現して、髪にも悪影響が出てしまう可能性があります。

自律神経の失調によって体が不調をきたすと、頭部の血行も悪くなる可能性があります。

そして、頭部の血行が悪くなると育毛に悪影響を及ぼす可能性があります。なぜなら、すでにお伝えしたとおり髪の成長には栄養が不可欠で、その栄養を運ぶ役割を果たすのが血液だからです。つまり、血行が悪くなると栄養をとっても、その栄養を頭皮にまで十分に運ぶことができず、その結果、育毛が妨げられてしまうのです。

○ストレスを改善するには

ストレスを改善するには「好きなことをする」「体を動かす」といった方法もありますが、忙しい日々を送っていると、なかなかそういった時間がとれない場合もあるでしょう。そこで、気づいたときに手軽にできるストレス改善法を1つご紹介します。

ストレスを感じているときは交感神経が優位になっていることが多く、呼吸は浅くなります。自律神経と呼吸は連動しており、浅い呼吸をしていると交感神経が優位になり、逆に深い呼吸をすると心を安静にする副交感神経が優位になります。

そのため、「腹式呼吸」と呼ばれる息を吸ったときにお腹がふくらむ深い呼吸をすると、副交感神経が優位になり、気持ちが落ち着いてストレスがやわらぎます。手軽にできる方法ですので、ストレスがたまって心や体がこわばっていると感じたら試してみてください。

AGA予防法4:お酒・タバコの量を減らす

4つめの予防法は、お酒やタバコの量を減らすことです。お酒やタバコは習慣になっていると控えるのがつらいものですが、育毛のことを考えると、あまりそうはいっていられません。ここでは、なぜAGA対策にはお酒やタバコを控える必要があるのかについてご説明します。

○お酒が髪に与える影響

お酒をたくさん飲むと、頭皮の表面にある皮脂の量が過剰になってしまう可能性があります。本来、皮脂は頭皮を守るために必要なものなのですが、皮脂が過剰になると細菌感染を起こしたり、マラセチアという真菌が増殖してしまい、頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。

また、お酒のもう1つの影響として、肝機能を低下させることが挙げられます。肝臓はたんぱく質を生成する機能を持つため、肝機能が低下すると髪に必要なたんぱく質が不足してしまいます。

ただし、「少しのお酒も飲んではいけない」ということではありません。時には、お付き合いでお酒を飲む必要があることもあるでしょう。お酒は適量であれば飲んでも問題ありません。お酒には血行を良くする効果が見込めるため、適量であれば髪の成長にも良い影響が期待できます。

○タバコが髪に与える影響

喫煙の習慣は、血管の収縮を招くことがわかっています。血管が収縮してしまうと、当然血管の中を流れる血液の流れが悪くなりますから、栄養が頭皮に届かなくなり、育毛に悪影響を及ぼす場合があります。タバコには依存性があるためなかなかやめにくいものですが、髪の健康のためには控えることをおすすめします。

AGA予防法5:育毛剤を使用する

5つめの予防法として、これまでご紹介してきた生活習慣の改善にさらにプラスするのであれば、育毛剤を使用することが挙げられます。

市販されている育毛剤にはさまざまな種類がありますが、育毛剤の主な目的は「血行の改善」「頭皮への栄養補給」「5αリダクターゼの阻害」などです。

血行の改善を促すことを目的とする育毛剤には、「センブリエキス」や「ジフェンヒドラミンHC」などが配合されています。そして、頭皮への栄養補給を目的とする育毛剤には「ビタミン類」や「アミノ酸」などが、さらにAGAの原因をつくる5αリダクターゼを阻害する目的の育毛剤には、「ノコギリヤシ」などが配合されています。

ひとくちに育毛剤といっても、商品によって配合されている成分や、それぞれの成分の含有量は異なります。購入する際には、成分や含有量をチェックするようにしましょう。

なお、育毛剤はAGA治療薬とは違いますので、劇的な効果があるものではありません。また、すでにAGAが進行している場合には、効果はあまり期待できません。しかし、AGA予防として、またはAGA治療の一環として頭皮の環境を整えることを目的にするのであれば、使ってみるのもよいでしょう。

薄毛治療のご相談はAGAヘアクリニック

AGAは遺伝が原因であると言われてきたために、「予防できないもの」だと思っていた人も多いことでしょう。しかし、遺伝だけではないことがわかった今では、予防の有効性に希望が見えてきたのではないでしょうか。

AGAには、生活習慣のさまざまな要因が影響していると考えられています。そのため、AGAを発症した人の原因は人それぞれであり、「この予防策だけ実行していればよい」といった完璧な方法はありません。主な予防法として5つをご紹介しましたが、できるものから、そして可能であればいくつかの方法を組み合わせて実践してみてください。

既に薄毛の進行が気になる方は一度AGAヘアクリニック(以下、当院)にご相談ください。当院は東京秋葉原にある薄毛治療専門のクリニックです。症状の進行に合わせて治療プランをご提案するので、必要以上の治療はお勧めしません。薄毛のお悩みに医師とスタッフが真摯に対応致します。またご相談・診察はいつでも無料です。お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について