このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

女性でも安心

女性が通うエステサロンや美容外科では、若返りを目的としたアンチエイジングが盛んに行われており、一般的に普及しています。しかし、女性の薄毛治療は効果的なアンチエイジングであるにもかかわらず、積極的に取り組む病院はまだ少なく、世の中に浸透しきれていないのが現状です。

近年、ご年配の方から20代・30代の若年層の方まで、幅広い年齢層の方々が髪の毛のお悩みを抱えています。しかしながら、「薄毛」=「男性の症状」というイメージが強く、専門病院なども男性が対象なのでは?と不安に思う方も多くいらっしゃるようです。確かに、近年で増えてきている薄毛を専門とする病院では、まだ男性の患者様の方が多いかもしれません。そのため、病院内で他の男性患者様と顔をあわせるのが恥ずかしい、と感じる患者様もいらっしゃいます。

FAGA(女性男性型脱毛症)の歴史

男性ホルモンが影響しているとされるAGA(男性型脱毛症)は、女性にも起こりうると考えられていた時期がありました。

最初の報告は、1964年にドイツのルートヴィヒが女性の薄毛を報告したことから女性の薄毛に対する分析が始まったとされています。その当時、女性の薄毛は前頭部の生え際が維持され、頭頂部を中心に進行する頭頂部型の男性型脱毛症と考えられていました。そのため女性を表す英語の“Female”をつけたFemale Androgenetic Alopecia、通称FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれてきました。しかし女性がフィナステリドを服用しても薄毛に対して効果がないことなどから、現在では男性のAGAとは違う病態であると考えられ、FAGAの原因もまだほとんど分かっていません。そのため最近ではFemale Pattern Hair Loss、通称FPHLとも呼ばれています。

女性にも安心していただけるヘアクリニックを目指して

薄毛の進行は治療をしない限り食い止めることは出来ず、ますます進行してしまいますので、早めの治療が重要となります。当院では、テレビ電話診察を行っているため、通院のお悩みを抱えた女性の方でも、他の患者様と顔をあわせることなく診察ができ、安心して治療を進めていくことができます。また、家事や育児、お仕事などによりご来院いただくのが難しい場合でも、テレビ電話診察をご活用していただくことで、今までは諦めていた薄毛の治療や改善を無理なく続けていくことができます。

まだまだ不安や気がかりなことがあるかもしれませんが、お気軽にお電話にてご相談ください。また、当院では、医療相談や診察も無料で行っておりますので、この機会にぜひご活用ください。