このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

「ケトコナゾール含有治療用シャンプー」について

頭皮環境の改善は育毛への近道です

頭皮がかゆいと感じたり、知らぬ間に赤くなっていたりと、意外にも頭皮のお悩みを抱えている方は少なくありません。頭皮のかゆみからフケが発生したり、脂漏性皮膚炎と呼ばれる湿疹ができてしまう原因には、頭皮の乾燥や菌の増殖などが考えらえます。中でもフケやかゆみの原因としてマラセチア菌と呼ばれるマラセチア属の真菌が悪影響を及ぼしている可能性が指摘されています。市販のシャンプーでは洗浄力が強すぎることもあり、必要以上に皮脂を洗い流してしまうため、頭皮のトラブルに繋がることも多くみられます。頭皮環境が悪化すると、毛髪の発育にも悪影響を及ぼし、抜け毛や薄毛の原因になったり進行を助長してしまうこともあります。そのため、日頃から頭皮の状態を整えていくことはとても大切なことであり、なにより髪の毛の健康にいち早く繋がる近道でもあるのです。

当院の治療用シャンプー

当院で処方する薄毛治療用のシャンプーは、ケトコナゾール含有の治療用シャンプーです。ケトコナゾールとは抗真菌薬に分類される薬品です。ケトコナゾール含有のシャンプーは医薬品のため市販はされておらず、病院での取り扱いおよび個人輸入のみとなります。日本では抗真菌薬含有のシャンプーとしてはミコナゾール硝酸塩含有のシャンプーが市販されていますが、ミコナゾールよりケトコナゾールの方が抗真菌作用が強く、皮膚の炎症やかゆみをより抑えてくれる働きがあります。抗真菌薬は、静菌作用があるものや殺菌作用があるもの、内服するものや点滴するものなど用途ごとに様々な種類があります。

当院でも扱うケトコナゾール含有のシャンプーは、外用液のように直接頭皮に成分を付着させることで頭皮環境を整えていくものです。当院の治療用シャンプーは全員の患者様にお勧めするものではありません。フケや頭皮の炎症が認められる患者様にご提案させていただいております。内服薬だけで効果がみられることも多くありますが、治療用シャンプーで頭皮環境をより万全に整えることで、内服薬や外用液の効果もより高まる可能性があります。

様々な頭皮トラブルを改善する抗真菌作用

ケトコナゾールは抗真菌作用が高いため全例に使用を勧めるシャンプーではありません。このシャンプーはかゆみやふけの原因となるマラセチア菌の過剰な増殖を防いだり、頭皮の乾燥や脂質過多などから生じる真菌を抑制する効果があります。ケトコナゾール含有のシャンプーを適切に用いることで毛髪の発育に適した頭皮環境に整えていく効果があります。

抗真菌薬とは真菌といわれる、いわゆる「カビ」の発生や増殖を抑制する薬剤です。ふけやかゆみも真菌の発生によって起こることがあります。ふけやかゆみが出ると、無意識に掻いてしまったり、炎症を起こしてしまったりと毛髪の発育によくない環境になります。頭皮環境が万全でないと、内服薬を服用していても、毛髪が生えにくくなってしまうことがあります。また、頭皮環境を整えることで外用液の浸透率も上がり、より薬品の効能を高めることができます。当院では、内服薬や外用液の他にも、必要と判断した患者様にはケトコナゾール含有治療用シャンプーを処方しております。

薄毛のお悩みだけではなく、ふけやかゆみなど、頭皮のトラブルでお悩みの患者様も、お気軽にご相談ください。ただし不必要な人が使用すると必要以上に常在菌叢を破壊してしまい、逆効果になってしまうこともありますので注意が必要です。