このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

女性のAGAとは?

女性特有の脱毛症はAGA(男性型脱毛症)とは症状がやや異なります。そのためAGAにFemaleという”女性”を意味する英語の頭文字つけてFAGA(女性男性型脱毛症)とも呼ばれていましたが、現在では医学的にFPHLと呼ばれています。

FAGA(女性男性型脱毛症)の症状

FAGA(女性男性型脱毛症)はAGA(男性型脱毛症)にFemaleという”女性”を意味する英語の頭文字つけてFAGAとも呼ばれていましたが、AGAとは症状がやや異なるため、現在では医学的にFPHLと呼ばれています。男性のAGAは放置していると最終的には前頭部と頭頂部の髪の毛が完全に生えてこなくなります。しかし女性の場合は、男性のAGAのように局所的な脱毛ではなく、髪の毛全体が細くなって弱っていき、頭頂部から前頭部にかけての分け目がクリスマスツリーの枝のように広がり、全体的に薄くなっていく特徴的な症状(frontal accentuation)が現れます。

男性のAGAの診断は特徴的な症状のため比較的診断は簡単です。しかしFAGAは、びまん性の脱毛であるため、病変がはっきりと限定できません。甲状腺ホルモンや鉄欠乏など全身疾患による薄毛や経口避妊薬(ピル)など薬剤性の脱毛の可能性もありえるからです。安易に考えずに専門の病院へ受診をお勧めします。

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因

FAGA(女性男性型脱毛症)の主な原因には、AGA(男性型脱毛症)と同様、ホルモンが関係しているといわれており、加齢による女性ホルモンの減少が考えられます。20代の女性にも稀にみられますが、通常、30代後半から40代にかけて少しずつ症状が現れはじめます。

また、もうひとつの原因としてストレスが考えられます。女性はデリケートでストレスを溜めやすい体質の方が多くいらっしゃいます。環境が変わったり、人間関係が関与していたり、家事や育児、仕事のストレスも多くあるでしょう。このような様々な原因で起こるストレスは、薄毛にも影響し、抜け毛や軟毛化現象を引き起こす要因となってしまうのです。

他にも諸説あるもののまだはっきりとした原因は解明されていません。男性のAGAと比べて好発年齢も異なり、フィナステリドのような5-α還元酵素阻害薬も無効であることから、FAGAと男性ホルモンとの直接の関係性に否定的なのが現在の考え方です。

多くの女性が抱えている髪の毛のお悩み

FAGA(女性男性型脱毛症)は、AGA(男性型脱毛症)とは違い発症年齢が高く、40~50歳代から、あるいは閉経後から症状を認めることが多いです。また出産によってホルモンのバランスが急激に変動することで生じる産後の脱毛なども大きな悩みとなることがあります。

「髪のボリュームがなくなってきた」と感じたり「抜け毛が増えた」などと髪の毛のお悩みや不安を感じる女性の多くは、恥ずかしさを感じ誰にも相談できないまま、心のうちに秘めてしまいます。その結果、FAGAがますます進行してしまい、治療に時間がかかってしまうというケースも少なくありません。

FAGAを発症する女性は年々増加傾向にあると言われています。女なのに薄毛なんて、自分だけかも…と不安に思う女性もいらっしゃるかと思いますが、決してそんなことはありません。女性の薄毛も治療をすれば改善していきます。お一人でお悩みを抱えているのであれば、そのまま薄毛が進行してしまう前にぜひ一度、専門の病院でご相談ください。当院は女性にも安心なテレビ電話診察も行っています。