AGA(エージーエー)とはabout AGA

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略称で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれています。AGAは成人男性に多くみられる脱毛症の一種で、現在では薄毛の症状に悩む男性のほとんどがAGAであるといわれています。

AGAは男性ホルモンに起因して発症する進行性の疾患です。主に額の生え際や後頭部のつむじ周辺から抜け毛が起こり、時間をかけて少しずつ薄毛が進行していく特徴があります。また、AGAの発症には遺伝や生活習慣など様々な要因が関わっていると考えられています。AGAを発症した場合は、何らかの治療を施さない限り薄毛の進行を食い止めることはできないとされているため、早い段階で医師の診察を受けることが推奨されています。

AGAのしくみと原因

髪の毛の成長には「ヘアサイクル(毛周期)」と呼ばれる一定の周期があります。通常のヘアサイクルは大きく3つの段階に分けられており、髪の毛が最も活発に育まれる「成長期」、髪の毛の産生が止まり細胞の自然死(アポトーシス)によって毛包が退縮していく「退行期」、毛包の活動が停止する「休止期」で構成されています。さらに成長期は「早期」「中期」「後期」の3段階に分かれ、それぞれの過程で髪の毛の成長が行われています。また、ヘアサイクルは個々で一生涯に繰り返される回数が決まっており、ヘアサイクルが終了するまで繰り返されることで日々の髪の毛の健康状態が保たれています。

ヘアサイクル

AGAは悪玉男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」が男性ホルモン受容体の「アンドロゲンレセプター」と結合することによって発症するもの。DHTは男性ホルモンの一種「テストステロン」が体内の還元酵素「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」によって変化し生成されます。アンドロゲンレセプターと結合したDHTは、髭などの体毛に対しては成長因子を刺激して毛を太く成長させる作用を持ちますが、前頭部や頭頂部など髪の毛に対しては、毛母細胞の分裂を抑制しヘアサイクルにおける成長期を短縮させてしまう働きを持っているのです。通常のヘアサイクルは約1000〜2000日かけて1周しますが、AGAの発症によってヘアサイクルが乱れるとヘアサイクルの成長期が100日程度へと極端に短縮されてしまいます。これはDHTの生成に関わる5αリダクターゼにおいて、体毛では“毛の成長を促すシグナル”が関与するのに対し、頭部では“毛の成長期を阻害するシグナル”が関与するためであると考えられています。

AGAのメカニズム

ヘアサイクルの成長期が短縮されることで髪の毛は十分に育たないまま退行期を迎えることとなります。ヘアサイクルが乱れ、長く太い髪の毛へと成長できずに細く短い髪の毛ばかりが増えていくことを「軟毛化」といいます。この軟毛化現象がAGAの進行を示し、薄毛へと繋がっていくのです。

遺伝が要因の一つとして考えられているAGAは、主に「X染色体」が影響しているといわれています。AGAの発症に関与するアンドロゲンレセプターの感受性に関わる遺伝情報が、母親から受け継ぐX染色体に含まれているのです。そのため、母方の両親のアンドロゲンレセプターの感受性が強い場合には、薄毛になりやすいX染色体の遺伝子が子孫に受け継がれる可能性があると考えられています。しかし、これはあくまで可能性を示唆するものであり、必ずAGAによる薄毛が遺伝するわけではありません。

AGAは遺伝の他にも、食生活や睡眠、運動などの生活習慣や日頃のストレスが環境要因として関わっているとされています。中でも、生活習慣が原因で起こる「肥満」はAGAの症状の度合いや発症時期などに影響を与えると考えられています。しかし、肥満体質だからといって必ずしもAGAを発症するわけではありません。遺伝も肥満もAGA発症の可能性を示唆するものではありますが、家系や体質的に将来の薄毛が気になる場合には、一度早いうちに医師の診察を受けることをお勧めします。

AGAにおける脱毛パターン

AGAの進行状態にはパターンとレベルがあります。前頭部の額の生え際から薄毛が進行するタイプや頭頂部のつむじ周辺から薄毛が進行していくタイプ、前頭部と頭頂部の薄毛が同時に進行する混合タイプなどパターンは様々です。現在では、これらのパターンとAGAの進行レベルで分類された「ハミルトン・ノーウッド分類」と称される世界的基準が用いられています。アメリカのハミルトン医師が提唱し、のちにノーウッド医師が改定したこの標準値は全部で12パターンあります。

日本でもこの標準値が用いられていますが、日本人の場合は欧米人にはあまりみられない、頭頂部の薄毛のみが進行するパターンが存在します。そのため日本では、ハミルトン・ノーウッド分類に1つ段階(Ⅱvertex)を加えた「高島分類」が広く利用されています。

AGAの進行パターンや進行のレベルは世界的基準が設けられているのものの、素人の目では判断しにくいため、気付かない間に薄毛が進行してしまうことも考えられます。自分の薄毛の進行状態が気になった場合には自己判断せず、医師の診察を受けてパターンやレベルを診断してもらいましょう。

AGAにおける脱毛パターン

AGAは治る?

AGAは主な原因やメカニズム、進行パターンや進行レベルなど解明されつつある部分も多くありますが、未だ不明な部分も多い脱毛症です。そのため現在の医療ではAGAを「完治」させることは難しいといえます。現在、AGA治療の主流となっている投薬治療では、薄毛の進行を抑制して毛量を増やしていくことが目的とされているため、治療によってAGAが改善された状態を保つには治療を継続して行う必要があります。AGAは進行性の脱毛症であるため、対策や治療を施さない限り症状は進んでいきます。しかしAGAは治療で改善が可能ですので、薄毛の改善を望んでいる方は一度医師の診察を受け、治療を始めてみてはいかがでしょうか。

AGAの治療法

AGA治療には様々な方法が存在しますが、内服薬と外用液を用いる治療が最も一般的な治療法とされています。現在の毛髪の状態を維持する場合は、AGAの進行を抑制する作用を持つ「フィナステリド」や「デュタステリド」の内服薬を使用します。フィナステリドやデュタステリドは、AGAの発症によって短縮されたヘアサイクルを正常な状態に戻すことでAGAの進行を抑制する働きがあります。AGAの進行があまり認められず、比較的軽度のAGAである場合は、フィナステリドやデュタステリドを用いてAGAの進行を抑制することで、再び健康的な髪の毛を取り戻すことが出来るでしょう。

AGAの症状がある程度進行している場合には、AGAの進行を抑制するだけでは薄毛が改善されにくいことが考えられます。そのためAGAの進行を抑制する治療薬に加えて、発毛効果を持つ「ミノキシジル」の外用液を用いることが多くあります。ミノキシジルは元々、高血圧患者向けの降圧剤として開発されましたが、後に発毛を促進させる効果があることがわかりAGA治療薬としても使用されるようになりました。ミノキシジルは毛母細胞を増殖させるだけでなく、細胞のアポトーシスを抑制することで短縮されたヘアサイクルの成長期を延長する働きを持っています。近年ではAGAの症状が進行している場合、フィナステリドやデュタステリドでAGAの進行を抑制しながらミノキシジルの外用液を併用し、発毛を促す方法が標準的治療とされています。

その他にも、有効成分を頭皮に直接注入する「メソセラピー」や成長因子を頭皮に注入して毛髪を再生させる「HARG療法」、AGAが発症していない箇所の自身の頭皮をAGA患部に移植する「自毛植毛」など様々な治療法があります。中でも、内服薬と外用液を用いる治療法は国内で認可され、日本皮膚科学会が定める「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017版」でも推奨度が高いため、一般的に広く知られている治療法といえます。

現在、推奨されている内服薬と外用液を用いる治療法は、治療を開始してから発毛の効果がみられ、薄毛の改善を実感するまでにはある程度の時間がかかります。個人差はありますが、発毛を実感するまでの時間は早い人で約3ヶ月程度、薄毛が改善されたと実感するまでには約6ヶ月〜1年程度かかるといわれています。AGAは進行性の脱毛症であるため、治療を施さない場合は少しずつ薄毛が進行していきます。ヘアサイクルが終了する前の早い段階であれば治療で発毛を促進させ、薄毛の改善を実感することができるため、薄毛にお悩みの場合は早めに医師の診察を受けてみると良いでしょう。

AGAの治療費用・料金

AGAヘアクリニック(以下、当院)では、フィナステリドやデュタステリドなどAGAの進行を抑制し現在の毛量を維持するのための治療薬や、ミノキシジルの外用液など発毛を促進させる治療薬もご用意しております。お支払いは現金または各種クレジットカードで承っております。

FINA(フィナステリド配合内服薬)5,500円
DUTA(デュタステリド配合内服薬)8,000円
MINOX(ミノキシジル配合内服薬)10,000円
MINOX LIQUID(ミノキシジル配合外用液)13,000円
VITADD(毛髪成分サプリメント)3,000円
PANTO(女性専用内服薬)9,500円

AGA治療薬の他にも、女性専用内服薬、毛髪成分サプリメント、オリジナルシャンプーなどのお取り扱いがございます。各種費用や検査費用、お支払い方法の詳細はこちらをご覧ください。

治療費をみる

AGAの治療費用・料金をみる

カウンセリング、診察は何度でも無料

当院では、すべての患者様にご満足いただくため、カウンセリング・診察は無料で行なっております。ご納得いただけるまで何度でもご相談ください。AGAは生命に直接関わる疾患ではありません。しかし患者様の将来や未来を見据え、悩みや苦しみを解消するために治療を施すべきであると当院の医師は考えております。

東京の秋葉原に日本最大級の面積を持つ当院は、プライバシーに配慮した完全個室制を実現し、カウンセリング・診察からお会計まですべてを個室で行うことができるシステムを導入いたしました。プライベートな空間で、患者様一人ひとりに合った最適なAGA治療をご提案させて頂きます。お気軽にご相談ください。

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間
平日11:00〜20:00
土日祝10:00〜19:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は、平日19:00、土日祝日18:00です。
  • 1/10(木)、24(木)の受付時間は16:00~20:00までです。
  • 12/29(土)、12/30(日)、12/31(月)、2019/1/1(火)、1/2(水)、1/3(木)は休診日です。

AGAとは(男性型脱毛症)