【医師が教える】発毛剤はAGAにも効果はある?AGA治療薬と育毛剤・発毛剤の効果と副作用

発毛剤とは?育毛剤との違い

発毛剤とは、細胞に働きかけるなどして発毛を促す作用がある薬のことをいいます。AGA(男性型脱毛症)治療薬のひとつとして、AGAにより薄くなった部位に塗布して使用します。発毛剤は医師の処方が必要な医薬品と、薬剤師からの情報提供を受けた上であれば薬局やドラッグストアで購入できる「第一類医薬品」があります。それに対して育毛剤は発毛剤のように毛を生やすことではなく、既に生えている毛に働きかけて抜けにくい丈夫な毛を育てることを目的とした医薬部外品や化粧品のことを指します。また市販の育毛剤は処方箋が不要のためドラッグストアやコンビニなどで手軽に購入することができます。

発毛剤は多数存在しますが、含有成分に多少の差はあれど主成分は「ミノキシジル」という発毛を促す成分です。ここでは代表的な発毛剤をご紹介します。

発毛剤とは?育毛剤との違い

○ロゲイン

「ロゲイン」は、有効成分であるミノキシジルを配合した発毛剤です。ミノキシジルという成分は、もともと血管を拡張して血圧を下げる内服治療薬として使われていましたが、その時の副作用として発毛の現象がみられたことから、AGA治療外用薬として開発され、ロゲインが発売されました。ロゲインは米国など海外では認可されていますが、国内では認可されておらず購入するには個人輸入またはクリニックで医師の処方が必要です。

◯大正製薬 リアップX5プラス

大正製薬より1999年からダイレクトOTC(医療現場で使用実績があげる前に一般用医薬品として承認を受けたもの)として発売された発毛剤です。リアップシリーズの発毛剤は複数販売されていますが、リアップX5プラスは発毛に有用な成分とされているミノキシジルの配合率が5.0gとシリーズ中最も多いのが特徴です。

◯アンファー スカルプD メディカルミノキ5

エイジングケアコスメを中心に製造・販売を行うアンファーより発売されたリアップ発売後初の他メーカー製発毛剤です。当初2017年10月に発売を予定していましたが延期となり、2018年8月に発売されました。商品ラインナップは2019年2月現在でミノキシジルを5.0g配合した1種類のみ販売されています。

◯ロート製薬 リグロEX5

70年の歴史を持つロート製薬からも2018年11月に発毛剤が発売されました。添加物に若干の違いがありますが、有効成分は上記二種と同じくミノキシジルであり含有量も5.0gです。

◯東和薬品 ミノアップ

ジェネリック医薬品の専売メーカーとして知られる東和薬品も2018年11月より発毛剤の販売をはじめています。こちらもミノキシジル含有量は5.0gです。

◯発毛剤・育毛剤の副作用

ミノキシジル発毛剤の副作用は、血管拡張作用にともなう低血圧から起こる、頭痛やめまい、動機、息切れ、食欲不振などです。さらに、用法や用量を誤ると、多毛症状を引き起こす場合があります。その他にも、発毛剤に含まれる成分によるアレルギー反応(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こす場合や、皮膚の炎症を起こす場合などもあります。

医薬品に分類される発毛剤は効果が高い分、副作用が起きる可能性もあります。使用の際は医師の処方や薬剤師の指導のもとで用法・用量を守り、正しく行ないましょう。一方医師の処方や薬剤師の指導がなくともドラッグストアなどで購入できる育毛剤は、発毛効果のある医薬品ではないため副作用のリスクが比較的低いといえます。ただし、副作用のリスクが全く無いとはいい切れないため、過剰に使用することは避けたほうが良いでしょう。

発毛剤の効く人・効かない人はいる?

発毛剤には効果が出やすい人や出にくい人といった特徴は特にありません。しかし、AGAは進行性の脱毛症のため比較的若いうちに発毛剤などを使ったAGA治療を始めると効果が出やすいといわれています。また頭皮が荒れているなど頭皮環境が不健康な状態では、発毛剤の刺激で頭皮の状態が悪化してしまう可能性もあるため使用できない場合もあります。このような事情で外用の発毛剤が使用できない方には、ミノキシジル内服薬という手段もあります。基本的な作用は外用の発毛剤と同じですが、直接体内に取り込むため効果が強く出たり、副作用が出る可能性も高まります。このため医師の十分な診察をうけた上で必要と判断された場合に処方されます。発毛剤ではなくミノキシジル内服薬を使用したい方は薄毛治療専門のクリニックで医師に相談すると良いでしょう。

発毛剤だけではAGAの進行は止められない?

上述した発毛剤に含まれているミノキシジルの発毛効果は証明されています。しかし、抜け毛や薄毛の原因がAGAであった場合、発毛剤だけでは満足な効果を得られない可能性があります。それはなぜなのでしょうか?その理由にはミノキシジルがAGAに作用するメカニズムが関係しているのです。以下に詳細を説明します。

◯ミノキシジルではAGAの“原因”には効かない

そもそもAGAとは、悪玉男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」が男性ホルモン受容体の「アンドロゲンレセプター」と結合することによって発症すると考えられています。髪の毛には「ヘアサイクル(毛周期)」と呼ばれる一定の周期が存在し、生え変わりを繰り返すことによって髪の毛の健康状態が保たれています。しかし、DHTがアンドロゲンレセプターと結合すると、ヘアサイクルの成長期を極端に短くしてしまいます。その結果、十分に成長しきれなかった髪が増えることで徐々に薄毛が進行していくのです。

ミノキシジルは発毛剤であるため、髪の毛を生やす事はできてもヘアサイクルを短くしているDHTの生成を止めることはできません。このためAGAを改善するためには、DHTの作用による症状の進行を抑制し、その上で発毛を促進することが重要といえます。

◯AGAの症状を抑制するためには

上述したようにAGAの症状を改善するためには、発毛を促進するミノキシジルだけでは十分ではありません。発毛を促進することで新しい髪の毛を増やすと同時に、AGAの進行を食い止める必要があり、そのための治療薬も存在しています。以下の項で詳しく解説していきます。

AGAの進行を止める治療薬の種類と副作用

多くの男性を悩ませてきたAGAには様々な治療薬があります。一般的にクリニックで処方されているAGA治療薬やジェネリック医薬品はもちろん、最近では「ザガーロ」などの新薬にも効果が期待されています。ここではAGAの進行を抑制する治療薬にはどのような種類があるのか、その副作用はどのようなものなのかをご紹介します。

○プロペシア

「プロペシア」は、有効成分の「フィナステリド」が男性ホルモンを抑制することでAGAの進行を抑える薬です。元々は前立腺肥大症の治療薬として使われていましたが、副作用として髪が増えるという報告がありました。その後、男性型脱毛症の予防改善効果が研究により判明し、AGA治療薬として使用されるようになりました。

プロペシアは、2005年から日本国内で販売が開始されましたが、医療機関以外での処方は認められておらず、入手するためにはAGA治療を行なっている専門クリニックなどで処方してもらう必要があります。

プロペシアの副作用としてまず挙げられるのが、リビドー(性欲)減退やED(勃起不全)です。男性ホルモンの働きに影響を与える薬であるため、こうした副作用が起こるのではないかといわれています。しかし副作用を起こす割合は極めて低く、本物の治療薬を使用するグループと偽薬(プラセボ)を使用したグループに分けて行なった対照実験の結果では、両グループでの副作用の発生率に大きな差異が見られなかったとされています。このことから、直接的に薬が作用しているのか心因性のものなのかは、はっきりとしていません。ちなみに対照実験とは、本物の薬と偽薬を用意し、見分けがつかないようにして被験者に飲ませることで実際の効果を見る実験のことです。

その他では、ごく稀に肝機能障害を引き起こしたり、「AST(GOT)」「ALT(GPT)」「γ-GPT」などの数値が悪化する恐れがあります。

○フィンペシア

「フィンペシア」は、インドの製薬会社シプラ社が製造しているAGA治療薬です。プロペシアと同じく、有効成分であるフィナステリドが男性ホルモンを抑制してAGAの進行を抑えます。

フィンペシアの効能や副作用は、基本的にはプロペシアと同様です。しかし日本では販売されていない治療薬なので、医院で処方されることもありません。個人輸入などで入手することは可能ですが、大きなリスクが伴うためおすすめはできません。万が一、個人輸入で購入したAGA治療薬によって重篤な副作用が生じた場合でも、「医薬品副作用被害救済制度」と呼ばれる公的制度が利用できないなど、デメリットがあります。

○エフペシア

「エフペシア」もフィンペシアと同じく、シプラ社が製造するAGA治療薬です。有効成分も、フィンペシア同様にフィナステリドになります。

プロペシアやフィンペシアと効能や副作用はほぼ同じです。異なる点としては、以前フィンペシアのコーティング剤に含まれる色素「黄色203号(キノリンイエローWS)」が発がん性物質であると指摘があったことから、エフペシアのコーティング剤にこの色素は使用されていないことが挙げられます。なお、実際にはコーティング剤に微量の黄色203号(キノリンイエローWS)を使用することは健康上問題ないとされており、日本の厚生労働省もその使用を認めています。

○フィナロ

「フィナロ」は、インドの製薬会社インタス社が製造しているAGA治療薬です。こちらも、効能や副作用はプロペシアとほぼ同様で、シプラ社のAGA治療薬と同じく日本では販売も処方もされていません。

○フィナステリド系ジェネリック

日本国内において、2015年からプロペシアのジェネリック医薬品である「フィナステリド錠」が、製造販売されるようになりました。国内の製薬会社のうち数社が製造しており、プロペシア同様に医院で診断を受けたのちに処方されるAGA治療薬なので、安心して利用することができます。

また副作用についても、プロペシアとほぼ同じです。しかしジェネリック医薬品のため、プロペシアを用いた治療よりも医療費を安く抑えられる可能性があります。

○ザガーロ

ザガーロは、2016年に承認された比較的新しいAGA治療薬です。ザガーロの有効成分はデュタステリドで、フィナステリド同様、男性ホルモンを抑制しAGAの進行を抑える働きがあります。デュタステリドは、フィナステリドよりも薬理作用が強く、より強力な抑制効果が期待できるため注目を浴びています。

ザガーロの副作用はフィナステリド同様に、リビドー減退やED、肝機能障害などがあります。その他、ごく稀に乳房の女性化、乳頭や乳房の痛み、不快感などの乳房障害といった症状が起きる恐れもるといわれてます。

◯夫婦で妊活を考えている場合は注意が必要?

特に夫婦で妊活を考えている場合、AGA治療薬や育毛剤・発毛剤の副作用は少し注意が必要です。

事実、男性がフィナステリド配合の治療薬を服用していたとしても、子どもを授かる人が大勢います。副作用が発症するメカニズムも解明されていないため、必要以上に心配する必要はないでしょう。また、AGA治療薬の内服中に授かった子供に、障害が現れたという報告もありません。しかし妊活をする際に安全を徹底するならば、一度医師に相談することをおすすめします。

ただし、妊娠中や授乳中の女性の体内にフィナステリドが入った場合には、男性胎児の生殖器の発達に悪影響を与える恐れがあるため注意してください。薬に触れることも、なるべく避けるようにしましょう。

こんな人は治療の前に医師に相談しましょう

AGA治療薬には、いくつかの副作用があることがおわかりいただけたでしょうか。安全にAGA治療を行うためにも、以下のような人は治療の前に医師に相談するようにしてください。

○女性の方

AGA治療薬として一般的に使用されている、プロペシアを含むフィナステリド配合の治療薬は、成人男性を対象としたAGA治療薬です。前述のとおり、女性の体内にフィナステリドが入ると胎児に影響を与える可能性があります。また女性に対してフィナステリドやデュタステリドは効果が認められないともされているため、女性の場合は女性向けの薄毛治療薬が処方されます。フィナステリド配合の治療薬は個人輸入でも手に入ってしまいますが、自己判断で治療薬を使用することはせず、医師に相談してください。

○未成年の方

一部のAGA治療薬には、未成年の安全性が確立されていないため服用できないものがあります。医院で処方されることはありませんが、家族のどなたかが使用しているAGA治療薬を服用してしまう恐れもありますので、管理には注意が必要です。

○服用中の薬がある方

AGA治療薬以外に服用中の薬がある場合には、薬の組み合わせ次第で副作用を起こす恐れもあります。服用中の薬がある場合には、必ず医師に相談するようにしてください。

○心臓または肝臓に障害がある方

フィナステリド配合の治療薬は、副作用によって肝機能障害を引き起こす場合があります。そのため肝臓に障害がある方は、その症状を悪化させてしまう危険性があるのです。またロゲインやリアップなどのミノキシジル配合の発毛剤には血管拡張作用があるため、血流の増加などによって心臓に負担がかかる恐れもあります。そのため心臓や肝臓に障害がある方は、治療薬の使用について医師の判断に従いましょう。

○高血圧または低血圧の方

血圧に不安がある方も注意が必要です。ミノキシジルは血管拡張作用により、低血圧から起こる頭痛やめまい、動機、息切れ、食欲不振などを招く恐れがあります。

○献血の予定がある方

採血した血液にAGA治療薬が含まれている場合、輸血された人へ悪影響を及ぼす危険性があるため、献血は行わないようにしましょう。一定期間休薬した後であれば献血可能です。

AGA治療薬で副作用が出てしまったら

市販の育毛剤などと違い、AGA治療薬は効果が高い分、副作用の心配もあります。副作用の影響をできるだけ少なくするために、治療薬は医療機関で医師の診察を受け、処方してもらったものを服用するようにしましょう。万が一副作用があった場合は、以下のように適切に対応しましょう。

○医師に相談する

医師の指導のもと、用法・用量を正しく守っていても、副作用の症状が現れる場合もあります。その場合には、必ず医師に相談してください。

AGA治療薬は飲み続けなければその効果を十分に得られません。しかし副作用が出ている場合には、安全面を考慮して治療薬の服用を中止することもあります。

体に何らかの異常がみられるにもかかわらずAGA治療薬を服用し続けてしまうと、肝機能障害やその他の疾患を引き起こし、重篤な病気につながってしまう恐れがあります。少しでも体に違和感がある場合は、まず医師に報告しましょう。

また、副作用などで体の調子が悪くなり、自己判断で治療薬の使用を中止した場合も、薬の種類や量、服用方法を医師に伝え、今後の治療について相談しましょう。副作用が出た場合の対処法なども、あらかじめ医師に確認しておくといざというとき安心です。

AGAヘアクリニックのAGA治療

多くの男性の悩みを解決するAGA治療薬ですが、すぐれた効果がある反面、副作用の心配も僅かながらあることをお分かりいただけたでしょうか? 副作用が現れたときに慌てないためにも、今回ご紹介した内容を参考に、正しいAGA治療を行うようにしましょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)はAGA治療を専門としたクリニックです。AGA治療の豊富な知識と経験を持った医師が、治療薬の正しい説明を行なった上で、患者様一人ひとりの体質やご希望に合った治療プランをご提案します。またご相談・診察は無料で実施しておりますので、ぜひ当院へご相談ください。

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間10:00〜20:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は19:00です。

AGAとは