【医師が教える】抜け毛が増えたらAGAかも?気になる薄毛の原因とメカニズムまとめ

その抜け毛、もしかしてAGAかも

抜け毛の多さが気になったら、額の生え際が後退していないか、頭頂部が薄くなっていないかを鏡でチェックしてみてください。このような薄毛の兆候がみられたら、あなたは「AGA」かもしれません。

その抜け毛、もしかしてAGAかも

AGAとは「androgenetic alopecia」の略で、男性型脱毛症のことです。円形脱毛症など他にも抜け毛になる原因はありますが、男性の抜け毛の原因はAGAである場合がほとんどといわれています。日本人男性の約3人に1人がAGAなどの薄毛に悩んでいるといわれていますが、AGAは中高年だけではなく20代の若い人たちの間でも発症することがわかっています。

AGAの主な症状には、

  • ・抜け毛が多くなる
  • ・髪の毛が細く柔らかくなる
  • ・髪の毛が伸びない
  • ・地肌が透けて見える
  • ・髪の毛のセットがしづらい
などがあります。

このような症状がみられる場合には、AGAの可能性が高いと考えられます。前述のとおり、AGAは中高年だけに起こる症状ではなく、若い人がAGAになることもあります。AGAは徐々に進行していくため、若いからといって油断していると取り返しのつかないことになりかねません。

しかし、AGAは治療することができます。今回のAGAタイムスではAGAの原因とメカニズムを解説していきます。きちんと理解して正しい対策をとれば、AGAの進行を抑えてフサフサの髪の毛を維持することができる可能性が高まります。

AGAの原因とは

AGAの主な原因は男性ホルモンの影響といわれていますが、発症要因としては遺伝やストレスなど、さまざまな関連性が考えられています。AGAを治療するためには、まずその原因を正しく理解することが大切です。ここでは、AGAの原因を解説します。

○男性ホルモンの影響

AGAの一番大きな原因となるのが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」といわれる男性ホルモンです。発生のメカニズムは後ほど詳しく解説しますが、DHTは男性ホルモンの「テストステロン」が、「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」という酵素と結合することにより変換されて作られるものです。

AGA患者の脱毛部分の毛乳頭細胞では、このDHTが多く生成されます。胎生期には、外生殖器の形成に影響を与える作用があります。

しかし成人においてDHTが生命維持にどのように作用しているかは不明な点も多いのが事実です。少なくとも体毛を濃くして、頭髪を薄くするという意味では悪玉の男性ホルモンとして作用しています。このDHTがヘアサイクル(毛周期)に悪影響を及ぼし、髪の毛の成長を阻害することで、薄毛になってしまいます。その他にDHTは、AGAだけでなく皮脂を分泌させるためニキビの原因になったり、前立腺肥大の原因にもなります。

○食事などの生活習慣

ファストフードやインスタント食品、レトルト食品など、高カロリーで動物性油脂を多く含む食品ばかりを食べていると、AGAの進行を助長する可能性が高まってしまいます。このような高カロリーで脂質の多い食事を続けていると、血液中のコレステロールが増え血流を悪化させ、髪の毛を作り出す毛母細胞に必要な栄養素が十分に行き渡らず、髪の毛の成長を阻害する可能性があります。

また、偏った食事の他にも、過度な飲酒は肝臓の働きを阻害して細胞分裂の機能を低下させ、髪の毛の成長に必要なタンパク質不足を招きます。さらに、喫煙の習慣がある場合にはタバコの影響で血管が収縮してしまうため、頭皮の血流が悪くなり、髪の毛に必要な栄養を十分に補給することができなくなってしまう可能性もあります。

そのほかにも、睡眠時間の乱れは髪の毛の成長を促す成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼすため、育毛を妨げる原因にもなりかねません。

○精神的なストレス

仕事や家庭の問題、職場や日々の生活での人間関係など、現代人は多くのストレスに囲まれて生活しています。このようなストレスは、心身にさまざまな悪い影響を与えます。その一つが、髪への影響です。過剰なストレスは自律神経やホルモンバランスを崩して、髪の毛の成長が妨げられます。

○遺伝

遺伝が薄毛の原因であることは古くからいわれてきましたが、近年になり、ドイツにあるボン大学の研究チームによって、若くしてAGAを発症する人には、X染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に変異が目立つことが発見されました。

男性はXとY、二つの染色体を持っていて、X染色体は母方から受け継がれる染色体です。そのため、母方の祖父が薄毛の場合には、自分も薄毛になる可能性があるということになります。

しかし、AGAに関係する遺伝子は他にもあると考えられていて、X染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に変異があることだけが、AGAに影響するとは一概には言い切れないと考えられています。今後さらなる遺伝子の解明が待たれるところです。

AGAのメカニズム

AGA発症の原因には男性ホルモンが影響していることは先にご説明したとおりですが、ここではAGA発症のメカニズムについて詳しくご紹介します。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりDHTに変化し、このDHTがヘアサイクルを乱すことで、AGAの症状が悪化します。

5αリダクターゼは毛乳頭細胞に存在する酵素の一種で、体質や遺伝によりその分泌量は異なり、分泌量が多くなるほどAGA発症のリスクは高まります。5αリダクターゼにより作り出される男性ホルモンであるDHTは、毛乳頭細胞内のアンドロゲンレセプターに結合し、毛の成長を抑制する因子が作られます。これが毛母細胞に影響を与え、髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまう原因となるのです。その結果、通常なら、2年から6年間は維持される髪の毛が、数か月で成長を終え抜け落ちてしまいます。

このように、ヘアサイクルが乱れて髪の毛の成長期が短くなることによって、成長しきれない細く短い髪の毛が多くなるため、全体的に薄毛が目立つようになってきます。また、ヘアサイクルが乱れることで、毛母細胞が通常よりも早くその寿命を終えてしまい、ヘアサイクルが完全に終わってしまうと髪の毛自体が生えてこなくなってしまいます。これが、AGAのカニズムです。AGAの治療では、このDHTの働きをいかにして抑制するかがポイントとなってきます。

AGAのメカニズム

AGAはそのままにすると進行する

AGAの症状は、早い人では思春期以降からみられるようになり、30代から40代にかけて徐々に進行して髪の毛が薄くなってきます。ここでは、AGAがどのように進行していくのか、進行を防ぐにはどのような対策が必要なのかを解説します。

○AGAは自然には治らない

感染などによる脱毛症は、脱毛症の原因が取り除かれれば、自然に治癒して髪の毛が元通りに生えてくることが多くあります。しかし、AGAが原因となっている薄毛の場合には、DHTの生成を完全に抑制することができないため、自然に治ることはありません。しかも、放っておくとAGAはどんどん進行し、髪の毛がなくなっていってしまいます。

AGAには決まった進行パターンがあり、額の生え際から薄くなっていくパターン、前頭部から薄くなっていくパターン、頭頂部から薄くなっていくパターンの3つに分けられます。

額の生え際から薄くなるAGAは、額の生え際が徐々に後退していきM字型に薄くなっていきます。前頭部から薄くなるAGAは、前髪がだんだんと薄くなってくパターンです。頭頂部から薄毛になるAGAは、つむじの部分から抜け毛が進んでいきます。日本人にみられるAGAのタイプとしては前頭部よりも頭頂部が先に薄くなってくることが多いようです。

朝、髪の毛を整えるときに、髪の毛の生え際をチェックしてみてください。髪の毛が以前よりも細くなっていると感じたり、生え際が後退して産毛のような細い毛が生えていたりしたら要注意です。また、頭頂部の薄毛は、自分ではなかなかチェックしづらく、周囲の人も気を使って指摘することが少ないため気づくのが遅くなりがちです。AGAの進行に早めに気づくためには、パートナーや親しい人に定期的にチェックしてもらうことをおすすめします。

○AGAの進行が気になったら早めに対策を

一度AGAを発症してしまうと、抜け毛や薄毛は必ず進行していきます。進行のスピードには個人差もありますが、何も対策をとらなければ髪の毛が生えなくなってしまったところから髪の毛が再び生えることはありません。

しかし、AGA治療を行えば、ほとんどの場合は症状が改善して抜け毛や薄毛の進行を止めることができます。産毛が残っていれば、まだ髪の毛を増やせる可能性は十分にあります。ヘアサイクルが残っているうちに治療を始めれば、再び髪の毛が太く長く成長するようになるかもしれません。

早めに治療するメリットは他にもあります。一度髪の毛が薄くなってしまうと周りの人に「髪の毛が薄い人」というイメージが定着してしまいますが、抜け毛が少ないうちに治療を始めれば、誰に気づかれることもなく治療を行えます。AGAを発症すると、頭部への視線がどうしても気になりますが、症状の軽いうちに治療を行えば周りの目を気にする心配もありません。

AGA治療の効果があらわれてくるまでには、早くても3か月から1年ほど時間がかかるといわれています。また、症状が進行してからの治療は費用も時間も多くかかってしまいます。できるだけ早めの対策をとることが、AGAの治療では大切になってきます。

AGA改善のために心がけたい生活習慣

AGAの治療効果を高めるためには、頭皮の健康を保つことも重要です。いくら良い治療を受けていても、抜け毛や薄毛を助長するような生活をしていては、治療の効果は期待できません。日頃の生活習慣に気を付けて、頭皮の健康にも気を使いましょう。

ここで頭皮の健康を維持するための良い生活習慣をご紹介します。ご自分の日頃の生活と照らし合わせて、頭皮の健康維持に役立ててみてはいかがでしょうか。

○栄養バランスの良い食事をとる

高カロリーな食事や高脂質の食事は避け、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。また、髪の毛の成長にはタンパク質やビタミン、亜鉛などの栄養素が欠かせません。これらの栄養素を含む食品を積極的に食事に取り入れましょう。

○運動をする

運動不足は新陳代謝を低下させます。程よい運動を心がけ、健康的な生活を心がけましょう。ただし、急激な運動は体に過度な負荷をかけてしまいます。毎日の生活に取り入れられる、無理のない範囲から始めてください。

○十分な睡眠をとる

睡眠不足は、髪の毛の成長に必要なホルモンの分泌を妨げます。成長ホルモンは入眠後3時間程度でピークとなりますので、ある程度まとまった時間の睡眠をとるようにしましょう。また睡眠の質も重要ですので、あまり夜更かしをしたりせず、できるだけ決まった時間に就寝するように心がけましょう。

○過度な飲酒を控える

過度な飲酒は、肝臓の働きを阻害します。また、大量のアルコールを分解するために髪の毛の成長に欠かせないミネラル類や亜鉛を消費してしまいます。過度な飲酒は避け、肝臓への負担を軽減させましょう。

○喫煙量を減らす

喫煙の習慣は、血管を収縮させてしまうことがわかっています。血管の収縮による血流の減少は、髪の毛の成長に必要な栄養素の補給を妨げる可能性もあります。喫煙量の多い人は、まずは喫煙量を減らすように努力しましょう。現在は禁煙治療が保険適応で行われています。禁煙外来も普及しておりますので、是非、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

○ストレスを減らす

過度なストレスは精神や体調の悪化を招くだけでなく頭皮にも悪影響を与えます。趣味に没頭する時間を作るなど、自分なりのストレス解消を心がけましょう。また、適度な運動もストレス解消に役立ちます。

薄毛の根本的改善をするならAGAヘアクリニック

AGAは男性ホルモンが影響する進行性の症状です。遺伝や日頃の生活習慣、ストレスなど、AGAになる要因について気になる点がある人は、髪の毛の状態を一度チェックしてみてください。チェックをしてみた結果、「もしかしてAGAかな?」と思うような症状があったら、できるだけ早く医療機関などで診断を受けてみましょう。

AGAは進行性の疾患のため早期の治療が効果的とされています。東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、国内でも最大規模のクリニック面積を持つAGA治療専門クリニックです。プライバシーに配慮した完全予約制で全室個室のため、安心して通院いただけます。また、「まだ早いのでは」と治療を悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、当院には比較的若い患者様も多くいらっしゃいます。ご相談や診察は何回でも無料ですので、お気軽にお越しください。

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間
平日11:00〜20:00
土日祝10:00〜19:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は、平日19:00、土日祝日18:00です。
  • 休診日:9/27(木)、10/25(木)、11/29(木)、12/20(木)、29(土)、30(日)、31(月)、2019/1/1(火)、1/2(水)、1/3(木)

AGAとは