【医師が教える】女性でも薄毛になる!女性の薄毛のメカニズムと治療法

薄毛に悩む女性は増えている

「AGA(Androgenetic Alopecia)」は男性ホルモンの影響によって発症する「男性型脱毛症」のことを意味します。AGAは多くの場合は男性に発症することや、そもそもの原因が男性ホルモンであることから、女性には関係ないと思う方も多いでしょう。

しかし実際には女性であっても、抜け毛や薄毛の症状に悩む方は多くいます。この女性に発症する薄毛は「FAGA」と呼ばれ、特に中年期以降の女性に多くみられる傾向にあります。

近年、薄毛に悩む女性は増えていると言われており、女性に対する薄毛治療の需要は増加しています。それに伴って美容クリニックやAGA専門クリニックでは、女性向けの薄毛治療に力を入れるところが増えてきています。

薄毛に悩む女性は増えている

女性が薄毛になる理由

男性と女性の薄毛では、発症のメカニズムが異なると考えられています。ここでは、女性が薄毛になる理由と発症のメカニズムについて説明します。

○FAGAにはAGA治療薬が効かない?

AGAは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが原因となって発症します。DHTは、「テストステロン」という体内の男性ホルモンが、「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」という毛乳頭細胞に存在する酵素と結びつくことによって生まれたものです。

女性の体内にも男性ホルモンは存在しており、テストステロンも存在しています。同様に、酵素である5αリダクターゼも女性の頭皮にも存在しているため、研究当初は女性であっても男性と同じメカニズムで薄毛を発症する可能性があると考えられ、「女性男性型脱毛症(FAGA)」と称されていました。しかし、フィナステリドやデュタステリドと呼ばれるAGA治療薬を使用しても発毛が認められないことなどから、女性と男性の薄毛は同じ発症メカニズムではないというのが現在の主な考え方です。そのためFAGAではなく、「FPHL(Female Pattern Hair Loss)」という呼称で表現されることが増えてきています。

○女性ホルモンが減少するとFAGAを引き起こす

FAGAは未だに詳しいメカニズムが分かっていないのが現状ですが、原因のひとつとして女性ホルモンの影響が考えられています。女性の体内には女性ホルモンが多く存在していますが、女性ホルモンの影響が強い女性は薄毛を発症しにくいようになっています。女性ホルモンの分泌量が正常であれば、髪への影響はほとんどないとされています。

しかし注意すべきなのは、女性ホルモンの分泌量は加齢に伴って減少する点です。女性で薄毛が発症するのは、壮年期つまり閉経前後に多いとされています。女性ホルモンの分泌量は30代半ばごろから減少しはじめるため、その結果として女性ホルモンの持つ発毛を促す作用が弱まっていきます。同時に、ホルモンバランスが崩れることにより、薄毛を発症するリスクが高まります。また、出産直後にホルモンバランスが急激に変化するために抜け毛が増えて薄毛を発症する人もいます。このようにホルモンの影響があることが強く推測されますが、ただどのように女性ホルモンの減少が薄毛を生じさせているのかは未だに分かっていません。

AGAとFAGAの違い

女性も薄毛を発症することをご説明しましたが、AGAとFAGAには、根本的な原因や薄毛の症状の現れ方など、さまざまな違いがあります。ここでは、AGAとFAGAの違いについてご説明します。

○原因の違い

FAGAは、女性ホルモンが減少することによって発症しやすくなることはお伝えしてきたとおりです。ただし、男性ホルモンの影響が強まってFAGAになるという単純な仕組みであればAGAと原因は同じと言えるのですが、実際には複数の原因が関与していることが多くあります。

FAGAの主な原因には次のようなものがあります。

  • 加齢

    前述のとおり、女性ホルモンは加齢に伴って減少します。それによってホルモンバランスが崩れることで何らかの理由でFAGAを発症します。

  • 妊娠

    妊娠をすると、女性の体内ではホルモンバランスが変化します。この影響によって出産後、一時的に過剰な抜け毛がみられることがあります。

  • ストレス

    過剰なストレスによって自律神経が乱れると、筋肉や血管がこわばって血行が悪くなります。血液は栄養分を髪に運ぶ役割を持っているため、血行が悪くなると栄養不足による抜け毛の症状が現れることがあります。

  • 食生活の乱れ

    髪をつくるために必要な栄養素には、たんぱく質、亜鉛、ビタミンBなどがあります。ダイエットなどによって食事から取り込まれる栄養が不足してしまうと、抜け毛の症状が現れることがあります。また、動物性脂肪の多い食事によって血行が悪くなることでも、抜け毛が起きることがあります。

  • 髪の洗いすぎ

    皮脂が過剰になると毛穴がつまって髪の成長の成長を妨げることも考えられますが、髪の洗いすぎにも注意が必要となります。頭皮が乾燥するとフケや炎症が起こり、それらによって抜け毛が引き起こされることがあります。

○薄毛の症状の違い

AGAの主な症状には、前頭部から薄毛が進行するパターン、頭頂部から薄くなっていくパターン、その両方が組み合わさったパターンがあります。しかし、FAGAにはこれらの進行パターンは当てはまりません。FAGAは、髪が細くなり、特定の箇所ではなく頭部全体の髪のボリュームが減ります。

また、もう1つの大きな違いとして、AGAのように薄毛が進行して最終的に毛髪がなくなってしまうということがほぼないという点が挙げられます。加齢などによって女性ホルモンは減少しますが、女性ホルモンがなくなるわけではないため、女性は毛髪が完全になくなるほどには薄毛が進行しないということなのでしょうか。

○治療法の違い

男性の場合、AGA治療にもっともよく使われるのはプロペシアなどの「フィナステリド」やザガーロなどの「デュタステリド」という成分を含む薬です。しかし、このフィナステリドやデュタステリドという成分は前述のようにFAGAの患者に投与したが効果がなかったことがわかっています。そのため、フィナステリドやデュタステリドが配合された治療薬が女性に処方されることはありません(フィナステリド配合薬が女性に処方されない理由は後述します)。フィナステリド配合薬とデュタステリド配合薬以外では男女ともに使用できるAGA治療薬もありますが、女性用につくられたFAGA治療用サプリメントもあります。

また、ご説明してきたとおり、FAGAにはさまざまな要因が複合的に関与しているため、投薬以外にも生活習慣の改善など個々のケースに応じた治療が必要になる点もAGAとの大きな違いと言えます。

主なFAGA治療法

FAGAを治療するためには、どのような治療法があるのでしょうか。女性が医療機関でFAGA治療を受ける場合、投薬治療が中心となります。ここでは、女性が医療機関でFAGA治療を受けた場合に実施される治療法についてご説明します。

主なFAGA治療法

○ミノキシジル配合薬の外用

「ロゲイン」など、有効成分として「ミノキシジル」が配合された外用薬が、女性に処方される一番効果的な治療薬です。ミノキシジルはAGA治療に使われるものと同じ成分です。主にカリウムチャネルに作用してヘアサイクルの成長期を延長し、退行期を短縮するなどの作用が考えられています(ちなみにヘアサイクルとは、髪の毛が生えては抜けてを繰り返すサイクルです。髪が長く太くなる期間を成長期、成長が止まる時期を退行期と言います)。世界的には「ロゲイン」が一般的ですが、日本では大正製薬が発売するミノキシジル外用薬「リアップ」などが薬局で購入できます。

有効成分は同じですが、ミノキシジル配合の外用薬は男性用と女性用が分けられています。女性用のほうがミノキシジルの濃度が低くなっているのですが、これは女性のほうがミノキシジルの効果が現れやすく、高濃度にすると、かえって副作用の可能性が高まるためです。ミノキシジルを使用する場合は、1日2回、朝と夜に薄毛が気になる部分に塗布します。

○パントガールの服用

医療機関で処方される内服薬(正確にはサプリメント)には、「パントガール」があります。パントガールはFAGA治療薬として世界で初めて服用が認められたサプリメントです。パントガールが発売される以前は、FAGA治療には男性用の外用薬が用いられてきました。しかし、男性用の内服薬は女性には副作用の可能性があるために使用できませんでした。その点、パントガールは女性に適したサプリメントのため安心して服用できます。

パントガールには、髪の成長に必要な「ケラチン」「パントテン酸カルシウム」「シスチン」「ビタミンB」といった成分が配合されており、健康な髪をつくって毛根を活性化させる働きがあります。加齢や妊娠、ストレス、食生活の乱れといった女性の特有の原因による抜け毛に効果があります。さらに、髪に栄養を与えるため髪を美しくする効果も期待できます。パントガールを使用する場合は、1日3回服用します。

○パントスチンの外用

医療機関で外用薬として処方されるものに「パントスチン」という治療薬があります。主成分は「アルファトラジオール」という女性ホルモンです。5αリダクターゼの働きを阻害してDHTの生成を抑える働きがあるため、抜け毛の防止に有効と考えられています。

働きの似ている薬にフィナステリド配合薬がありますが、パントスチンはフィナステリド配合薬とは違って男女ともに使用することができます。比較的副作用が少ない反面、強く作用する薬ではないため、FAGAの症状が軽度な場合に使われることが多いようです。

パントスチンを使用する場合は、1日1回薄毛が気になる部分に塗布します。また、主に抜け毛の防止を目的とした治療薬であるため、発毛を促す治療薬と組み合わせて使用することが多くあります。

フィナステリド配合薬が女性に処方されない理由

フィナステリド配合のAGA治療薬が女性には処方されないことをお伝えしましたが、なぜ女性には処方されないのでしょうか。ここでは、その理由をご説明します。

○フィナステリドは女性に効かない

フィナステリドが女性に処方されない理由の1つに、女性への有効性が確認できないことが挙げられます。フィナステリドはAGAには有効で、日本皮膚科学会が定める「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」においても、男性に対する治療の推奨度を「A(行うよう強く勧められる)」とされています。

その一方で、女性に対しては「D(行わないよう勧められる)」と判定しています。これは、日本皮膚科学会がフィナステリドの有効性を検証するなかで、フィナステリドを有効成分とするプロペシアの臨床試験の結果、FAGAには無効であったとの報告を確認したことを根拠としています。そのため、日本皮膚科学会は「女性に対する適応は認められていない」と結論付けています。

○フィナステリドは胎児に悪影響を及ぼす

実は、フィナステリド配合のAGA治療薬が女性に処方されない理由には、有効性がないからということに加えてもう一つ大きな理由があります。

女性は、フィナステリド配合薬を服用するのはもちろんのこと、薬に触れることすらしてはいけないと言われています。これは、フィナステリドが妊娠中の女性の体内に入ることによって、その女性から生まれてくる子どもが男児だった場合、生殖器に奇形が発生する可能性があるためです。フィナステリドは皮膚を通しても吸収される可能性があり、生まれてくる子どもへの影響が否定できないため、触れることが禁じられています。

医師が女性にフィナステリド配合薬を処方することはありませんが、個人輸入などで入手した薬や他の人に処方された薬などを誤って体内に入れないように注意しましょう。

女性でも安心して治療ができる

東京駅からもアクセス良好な秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、女性でも安心して薄毛治療が出来る体制を整えています。白を基調とした明るい雰囲気の院内は全て個室で区切られ、ご来院後すぐに個室へご案内致します。またお会計までを全て個室で行えるため他の患者様とも顔を合わせることが少なく安心です。ご相談・診察は無料で実施しておりますので、薄毛が気になる方は一度カウンセリングを受けてみるのはいかがでしょうか。

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間
平日11:00〜20:00
土日祝10:00〜19:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は、平日19:00、土日祝日18:00です。
  • 休診日:9/27(木)、10/25(木)、11/29(木)、12/20(木)、29(土)、30(日)、31(月)、2019/1/1(火)、1/2(水)、1/3(木)

AGAとは