早期治療が有効な理由

薄毛で悩まれている患者様は、「将来が心配」という方や「薄毛が最近進んでいる」という方など、薄毛治療にかかる理由は様々です。将来が心配なのであらかじめ予防の治療をしておきたいという方も最近では少なくありません。AGA(男性型脱毛症)には遺伝的な素因があることは事実です。現時点で抜け毛が増えていなくても、目に見えないところで既に発毛のサイクルに異常が起きている方も少なくなく、「抜け毛が増えた」と気づかれた時には、かなり薄毛が進行していたというケースをよく耳にします。

AGAの脱毛は、発毛サイクルが異常を起こし、毛周期にかかる時間が大幅に短縮されることによって髪の毛の一本一本が十分に成長できないまま抜けてしまいます。そのため抜け毛が細くなったり、生えている髪の毛のツヤやコシがなくなったと自覚します。そのまま放置しておくと最終的には、毛包がフケとして表皮から脱落してしまいます。

通常、毛周期は1000〜2000日かかるといわれています。しかしAGAの場合は、成長期が最短で約100日程度と極端に短くなり、成長期で毛髪が十分に育たないまま退行期を迎えて抜け落ちていってしまうことになるので、何か改善をしない限り薄毛は続くことになります。

さらに、薄毛の悩みを抱える方々が一番知っておかなければならないことが、毛周期は、“生涯で決められた回数しか出現しない”ということです。前頭部や頭頂部の毛周期は、AGAの原因となる男性ホルモンと直接的に関係しています。この男性ホルモンは遺伝的素因もあるため、現時点では薄毛が気にならなくても、毛周期の短縮が徐々に始まっている可能性があるのです。

細胞は必ず決められた回数しか再生できません。それは細胞ごとによって違うのですが、一生涯に起こる毛周期の回数は変わりません。しかしAGAの治療は、毛髪の毛周期の短縮を食い止めて、抜け毛を防ぐという治療で薄毛の予防をしていきます。そのため、毛周期の回数が多く残っている早い段階での治療が最も有効であり、将来的に薄毛になる可能性を低くしていくことができます。また、すでに薄毛が進行している場合は、これ以上の毛周期の短縮を阻止しつつ、発毛作用のある内服薬などを用いて、薄毛を解消していくことができます。ただし、生涯で決められた毛周期が完全に終わってしまっている場合は、現在の医療ではどんな治療をしても発毛をもたらすことはできません。

早期治療が有効な理由

まずは無料相談へお越しください

早期治療が最も有効ではあるものの、毛周期の異変に自分自身で気付くことは難しいものです。薄毛が気になっていたのにそのまま年月が経ってしまい、「早く治療を始めていればよかった」と、後悔される患者様も多くいらっしゃいます。当院では、患者様の悩みをより多く解決できるよう、相談や診察を無料にしております。まずはお気軽に、医師にご相談ください。

おすすめコンテンツ

お気軽にご相談ください

初回診察のご予約

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にてお問い合わせください。

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にてお問い合わせください。