治療薬「デュタステリド」について

フィナステリドに替わる治療薬「デュタステリド」

AGA(男性型脱毛症)治療薬として「フィナステリド」が一般的です。しかし当院では、薄毛でお悩みの患者様に対して、まず「デュタステリド」をご提案しています。デュタステリドは、フィナステリドと同じAGA治療薬ですが、より効果が高いといわれています。

フィナステリドに替わる治療薬「デュタステリド」

AGAの原因に、より効果を発揮

AGAの主な原因として、男性ホルモンの影響が挙げられます。テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、頭部に存在する5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化します。このDHTがヘアサイクルに影響を及ぼし、薄毛が進行すると考えられています。
AGA治療薬であるフィナステリドやデュタステリドは、DHTを生成する5αリダクターゼがテストステロンに結合するのを阻害する働きがあります。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。AGAには主にⅡ型が関係しているといわれており、フィナステリドはそのⅡ型5αリダクターゼを阻害します。一方デュタステリドはⅡ型に加え、Ⅰ型を阻害する作用があります。さらにⅡ型5αリダクターゼに対する薬理作用がフィナステリドの3倍といわれており、ある研究ではフィナステリドと比べ1.6倍の増毛効果があったと報告されています。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用に関しては、フィナステリドと同様に性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、肝機能障害が挙げられます。しかしEDなどの副作用に関しては臨床試験においてプラセボ患者とほぼ同様の発生率となっており、危険性は低いといわれています。しかし、副作用がまったくないわけではありません。服用後に異常を感じた場合は、すぐに使用を中止して当院にご相談ください。

当院がデュタステリドをお勧めする理由

当院がフィナステリドの代わりにデュタステリドをお勧めするのには2つの理由があります。ひとつはフィナステリドより効果が高いとされていること。もうひとつはフィナステリドが効かない患者様にも効果が期待できることです。患者様の中には、遺伝子レベルでフィナステリドの効果が出にくい方もいらっしゃいます。フィナステリドの効果が出にくいかについては、遺伝子検査をしなければ判別できません。そのため最初からデュタステリドを使用することで、フィナステリドの効果がないであろう患者様にも効果を実感していただける可能性が高まります。このような理由から、当院ではデュタステリドをお勧めしています。

また当院ではフィナステリドやデュタステリドに対して、ミノキシジルの併用をお勧めしています。発毛促進作用のあるミノキシジルを併用すると、さらに発毛効果を実感しやすくなると考えています。当院はフィナステリド内服薬、デュタステリド内服薬ともにご用意しています。患者様のご意向や体調に応じて治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

おすすめコンテンツ

お気軽にご相談ください

初回診察のご予約

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にて
お問い合わせください。

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にてお問い合わせください。