デュタステリドの効果と副作用about Dutasteride

デュタステリドとは

元々デュタステリドは前立腺肥大症患者向けの治療薬として開発されましたが、AGA(男性型脱毛症)患者に対してフィナステリドと同様の効果が見られたため、AGA治療薬としても開発・承認されました。前立腺肥大症治療薬としては「アボルブ」、AGA治療薬としては「ザガーロ」という名前で処方されています。

デュタステリドとは

デュタステリドとフィナステリドの違い

AGA治療薬としてフィナステリドが一般的ですが、当院では患者様にまずデュタステリドをご提案しています。デュタステリドはAGAに対してフィナステリドと同様の作用を持つAGA治療薬ですが、フィナステリドに比べ効果がより高いといわれています。詳しい効果や作用のメカニズムについては次項でご説明します。

デュタステリドはAGAの原因に、より効果を発揮

AGAの主な原因としてテストステロンという男性ホルモンによる影響が挙げられます。テストステロンは毛根に存在する5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンに変化します。このDHTがヘアサイクルに影響を及ぼし、薄毛が進行すると考えられています。

テストステロンをDHTに変化させる 5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、AGAには主にⅡ型が関係しているといわれています。フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼを阻害する働きがある一方、デュタステリドはⅡ型に加えⅠ型も阻害する作用があります。さらにⅡ型5αリダクターゼに対するデュタステリドの薬理作用はフィナステリドの3倍といわれており、ある研究ではフィナステリドと比べ1.6倍の増毛効果があったとの報告もあります。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用はフィナステリドと同様に性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、肝機能障害が挙げられます。こちらのリスクも臨床試験の結果において危険性は低いといわれています。ただし副作用が現れる可能性はゼロではありませんので、服用後に異常を感じた場合は医師にご相談ください。

デュタステリド服用の注意点

デュタステリドを服用する際は、用法用量を守って服用してください。もし服用を忘れてしまったとしても、2回分同時に服用するのは避けましょう。デュタステリドの効果が現れるまでは3カ月から6カ月程度かかるとされていますので、その間は服用を止めず継続することをお勧めします。

デュタステリドはフィナステリドと同じく女性への使用が原則認められていません。妊娠されている方や授乳されている方は、お子様の健康への影響も考えられますので絶対に服用しないでください。また経皮吸収の恐れもあるため、女性の方は直接触れることも避けるようにしましょう。

当院がデュタステリドをお勧めする理由

当院がフィナステリドの代わりにデュタステリドをお勧めするのには2つの理由があります。ひとつはフィナステリドより効果が高いとされていること。もうひとつはフィナステリドが効かない患者様にも効果が期待できることです。患者様の中には、遺伝子レベルでフィナステリドの効果が出にくい方もいらっしゃいます。フィナステリドの効果の出やすさについては遺伝子検査をしなければ判別できません。そのため最初からデュタステリドを使用することで、フィナステリドの効果がないであろう患者様にも効果を実感していただける可能性が高まります。

当院ではフィナステリドやデュタステリドを処方する際に「ミノキシジル」というAGA治療薬の併用をお勧めすることもあります。これらの治療薬を含め患者様の治療方針は一人ひとりのお悩みや体調に応じて最良のものを提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル9階

診療時間
平日11:00〜20:00
土日祝10:00〜19:00
  • 当院は完全予約制でございます。
  • 初回診療の最終受付時間は、平日19:00、土日祝日18:00です。
  • 11/15(木)、11/29(木)、12/6(木)の受付時間は11:00~14:00までです。
  • 12/29(土)、12/30(日)、12/31(月)、2019/1/1(火)、1/2(水)、1/3(木)は休診日です。

AGAとは(男性型脱毛症)