治療薬「ミノキシジル」について

内服薬と外用液

ミノキシジルは内服薬タイプと、直接頭皮に塗布して使用する外用液タイプがあります。

ミノキシジル配合内服薬

内服薬は血中より毛球部分にある毛乳頭を辿って効果をあらわします。内服薬は体内の血中から薬効を発揮するため、外用液よりも高い発毛効果が期待できるといえます。

ミノキシジル配合内服薬

ミノキシジル配合外用液

頭皮に塗布する外用液は、有効成分が皮膚の中に浸透(直接浸潤)して毛包まで届くことで効果を発揮します。内服薬との併用で、より発毛効果を実感していただけます。

ミノキシジル配合外用液

当院では、内服薬・外用液ともにミノキシジル配合のオリジナル治療薬を処方しています。患者様一人ひとりの症状に合わせて医師が正しく判断し、処方します。有効な濃度の治療薬を使用していくことが薄毛改善への一番の近道だと考えています。

毛包に働きかけて発毛を促す治療薬「ミノキシジル」

ミノキシジルは元々、血管拡張作用を有する薬品で米国で降圧薬として開発されたものです。その副作用として“毛が生える”という現象が起きたため薄毛治療薬として改良されました。

ミノキシジルは毛細血管を広げ血液の流れをスムーズにするだけでなく、主に髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクル(毛周期)の短縮を阻害する働きを持っています。さらに毛乳頭細胞から作られる新しい血管を生み出す物質の産生を促したり、毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きがあります。これらの作用によりミノキシジルは発毛を促しているのです。

市販薬では国内で唯一「リアップ」という製品がミノキシジル配合の発毛剤(第一類医薬品)として認可されています。ミノキシジルの内服薬に関しては日本で薬事承認が得られていません。しかし厚生労働省より、医師の責任において海外から輸入調剤し処方することは認められています。

AGA治療にあたってはミノキシジルのみの投与と比べ、フィナステリドやデュタステリドなど他の治療薬と併用した方が発毛効果を高めるという研究結果も出ています。そのため、当院では患者様のご要望と患者様の状態を総合的に判断して治療薬を組み合わせた処方もおこなっています。

ミノキシジル外用液では長期投与をした場合でも、重篤な副作用は認められていません。しかし元々は降圧剤であるため、内服薬の場合は血圧が不安定な方や心臓疾患がある方などに対して副作用がみられることがあります。内服薬に関しては稀に重篤な副作用が認められることもありますので、必ず医師の指示のもと正しく服用するようにしましょう。

またミノキシジルは近年、個人輸入でも購入ができます。しかし医師の診察がなく、副作用のリスクや患者様の体調の変化を継続的に確認する事が困難なため、当院ではお勧めしておりません。

当院がミノキシジル内服薬を扱う理由

ミノキシジルの内服薬はより高い発毛効果が期待できる反面、副作用のリスクも考えられます。そのため、決してどの病院でも簡単に処方できる薬ではありません。
当院は薄毛治療専門クリニックとして培ってきた豊富な経験や実績があり、AGA治療に関する優秀な医師が在籍しております。患者様に安心して治療を続けていただくためのノウハウにも自信があるため、医師の責任のもとミノキシジル配合内服薬を処方しております。
少しでもミノキシジル内服薬の副作用に不安がある方は、ご遠慮なく当院の医師やカウンセラーにご相談ください。

おすすめコンテンツ

お気軽にご相談ください

初回診察のご予約

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にて
お問い合わせください。

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にてお問い合わせください。