「ケトコナゾール含有治療用シャンプー」について

当院はシャンプーでも薄毛治療をサポート

頭皮トラブルでお悩みの患者様に、当院では「ケトコナゾール含有治療用シャンプー」をご提案しています。薄毛のお悩みに加えて、細かいフケやしつこいかゆみなどの頭皮トラブルにお悩みの方も少なくありません。この状態を放っておくと無意識に掻いてしまい、ひどくなると炎症に繋がる場合もあります。

当院の治療用シャンプーは外用液と同じように、頭皮に塗布して使用します。頭皮に成分を直接付着させて、炎症を抑える効果があります。頭皮環境を改善することで、当院の処方する内服薬や外用液の効果も、より高まると考えられます。

頭皮トラブルを改善する「ケトコナゾール」の抗真菌作用

頭皮は普段、常在菌(じょうざいきん)と呼ばれる様々な菌のバリアに守られています。しかし乾燥などが原因でフケや皮脂が過剰に分泌されると、常在菌の一種である真菌(カビ)が異常繁殖する場合があります。悪化すると炎症を引き起こし、抜け毛につながることもあります。

当院の治療用シャンプーに含まれるケトコナゾールには、頭皮の乾燥や過剰な皮脂から生じる真菌を抑制する働きがあり、フケやかゆみを防ぎます。またケトコナゾールには男性ホルモンを抑制する作用があるという研究結果もあります。研究によると、ケトコナゾール含有シャンプーを使用した場合と、そうでない場合で毛髪の状態に有効な変化が見られたという報告もあります。

またケトコナゾール含有シャンプーは医薬品のため、入手するには医師の処方が必要です。市販では同じ抗真菌作用のある「ミコナゾール硝酸塩」が含まれたシャンプーが販売されていますが、ケトコナゾールの方がミコナゾール硝酸塩よりもフケやかゆみに強く作用します。頭皮の状態によってはケトコナゾール含有シャンプーをお勧めします。

頭皮環境の改善は育毛への近道

頭皮環境の改善は育毛への近道

当院では、医師が必要だと診断した場合にケトコナゾール含有治療用シャンプーをご提案しています。ケトコナゾールは抗真菌作用が強く、不必要な方が過度に使用すると頭皮のバリア機能を保つ常在菌まで抑制してしまう場合があります。もちろん患者様がシャンプーを希望される場合はご相談いただけます。

頭皮環境が万全でないと、内服薬を服用しても十分な効果が得られない場合があります。当院の治療用シャンプーで頭皮環境を整えることで、育毛効果がより高まるでしょう。薄毛のお悩みだけでなく、頭皮の状態でお悩みの患者様もお気軽にご相談ください。

おすすめコンテンツ

お気軽にご相談ください

初回診察のご予約

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にて
お問い合わせください。

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にてお問い合わせください。