このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ヘアカラーが薄毛の原因になるってホント?髪の構造からわかるそのダメージとは

治療用シャンプーの効果とは
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

今は、誰でもパーマやヘアカラーを楽しむことができる時代です。ゆるやかなウェーブ、季節や流行に合わせたカラー、これらは自分の見た目を気軽に変えることができる優れた技術だといえますよね。しかし、もしヘアカラーが薄毛の原因になってしまうとすれば大きな問題ではないでしょうか。

今回は、ヘアカラーが本当に薄毛を招いてしまうのか、その関係性について解説していきます。

ヘアカラーと薄毛と関係

結論からいうと、ヘアカラーが薄毛を招く可能性は0ではありません。原因のひとつとして、ヘアカラーに使用する薬剤が直接頭皮に付着してしまう場合が挙げられます。

薬剤が頭皮に付着すると、その部分が炎症を起こし脱毛してしまうケースがあるのです。また、薬剤が頭皮の毛穴をふさいでしまうことも良くありません。毛穴が詰まると、その周辺で細菌が繁殖して炎症を招くことがあります。つまり、薬剤が及ぼす頭皮の炎症は薄毛になりやすい頭皮環境を作ってしまうといえるのです。

さらにヘアカラーの薬剤は頭皮だけでなく、髪にも悪影響を及ぼす可能性があります。次の項目で詳しくご説明していきます。

ヘアカラーや白髪染めの種類と髪への影響

ヘアカラーの薬剤が髪に与える悪影響をご説明する前に、まずは髪の構造について理解していただく必要があります。髪の毛1本1本の内部には、メデュラ(毛髄質)というたんぱく質でできた芯があります。それをくるんでいるのがコルテックス(毛皮質)という物質で、さらにそのコルテックスの周りをキューティクル(毛小皮)が包むことで、外部からの刺激から髪の内部を守っているのです。

ヘアカラーの手法にもいくつか種類がありますので、それぞれのヘアカラーが髪にどのような影響をもたらすのか以下にまとめてみました。

1. ヘアカラーの影響
ヘアカラーは薬剤によってキューティクルを強引に開き、色成分をコルテックスにまで浸透させることで髪をきれいに染める仕組みになっています。このキューティクルを無理やり開く行為によって、髪はダメージを受けることになります。白髪染めの場合も仕組みはヘアカラーと同じですが、白髪が染まりやすいように成分が調合されている点が異なります。
2. ヘアマニキュアの影響
ヘアカラーとは異なり、キューティクルの内部まで薬剤を浸透させることはありません。ほぼ髪の表面のみに色成分を付着させて色を変える仕組みで髪を染めます。ヘアマニキュアはヘアカラーと比較して髪へのダメージが少ないといわれていますが、表面をコーティングしている成分が剥がれる時にキューティクルまで一緒に剥がれてしまうことがあるそうです。ですから、まったくのノーダメージというわけでもありません。
3. ブリーチの影響
最後にブリーチですが、これは元々持っている髪の色素を分解することで髪の色を変える手法になります。髪に塗った薬剤がコルテックス内のメラニン色素を分解するため、髪の色が明るく変わるという仕組みです。ご存知の方も多いと思いますが、この手法は他のカラーリング方法と比べて髪に与えるダメージが大きいといわれています。

ヘアカラーが如何にして髪にダメージを与えるか、お分かりいただけたでしょうか。

髪がダメージを受けること自体は、直接抜け毛に繋がるわけではありません。しかし、髪が激しくダメージを受けると本来持っていたコシやハリを失い、髪の毛1本1本がもろく細くなって切れ毛に発展することもあります。それに伴い髪全体のボリュームが減少することで、頭髪が薄くなったように感じるのです。

ヘアカラーをする際の注意点

髪がダメージを受けるとしても、ヘアカラーやパーマはやめられないという方もいらっしゃると思います。その場合、できるだけ美容師さんに施術してもらうことをおすすめします。

自分でおこなうヘアカラーは、どうしても頭皮に薬剤が付着してしまう可能性が高くなりますから、プロにお願いするのが得策です。また、カラーリングの頻度もできるだけ間隔をあけて、髪や頭皮のダメージが回復する猶予を設けることも大切です。短期間に何度もキューティクルを刺激すると、髪や頭皮へのダメージを進行させかねません。

ヘアカラー後のお手入れ

施術後のお手入れは、髪をいたわるうえでとっても重要。手入れをするしないで、色持ちや髪のダメージ具合にも変化を及ぼします。

まずヘアカラーをした当日は、シャンプーやドライヤーを控えることが賢明です。カラーリング直後の髪に水や熱を与えると、染料が髪から流れ出てしまい退色が進む原因になります。

また翌日以降シャンプーをする際にも、開きがちなキューティクルをトリートメントによってひきしめてあげると髪のダメージを軽減することができます。

まとめ

ヘアカラーやパーマはおしゃれを楽しむうえで外せない要素のひとつですが、それによって髪はダメージを受ける可能性があります。ダメージを蓄積した髪は強度が下がるので、切れ毛が増えることで髪のボリュームが減ったかのように見えてしまう場合もあるでしょう。ですから髪の傷みがひどい場合は、一時的にヘアカラーやパーマを控えることも、選択肢のひとつだと思います。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について