このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】円形脱毛症はなぜできる?原因と対策を詳しく解説

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

円形脱毛症は気づかないうちに発症することも多く、ふとした時に10円ハゲを発見して大きなショックを受けてしまう方もいることでしょう。ストレスを抱えているつもりもないのに一体なぜと、疑問符ばかり浮かんでしまいます。

円形脱毛症は老若男女問わず患う可能性がある身近な症状ですから、特徴や原因、治療法など、現時点で判明していることをしっかりと学んでいきましょう。

円形脱毛症の特徴

ブラッシングをしている時に突如現れた小さな円形の脱毛。いわゆる「10円ハゲ」ができていることに驚かれるかもしれません。ストレスも抱えていないし心配ごともない、何の前触れもないにもかかわらず突然できてしまうのが円形脱毛症です。

円形脱毛症の大きさは、10円玉程度の大きさから、ひと回り大きい500円玉ほどのサイズのもの、さらに症状が進行すると、頭皮全体に広がってしまうことすらあります。また一般的には頭にできるイメージが強いと思いますが、実際は眉毛や体毛といった、毛が生えた箇所であればどこでも発生する可能性があります。

円形脱毛症の原因

円形脱毛症を発症する原因は、未だ完全に解明されていません。しかしその中でも原因と考えられている代表的な事柄をまとめましたので、参考までにご覧ください。

1. ストレス
昔から円形脱毛症の原因はストレスだといわれてきましたが、症例の割合ではごく少数であり、科学的な根拠に乏しく、また生まれたばかりの赤ちゃんにも発症が認められる疾患であることから、現在ではストレスを原因とする説には否定的な見解が多くなってきています。
2. 自己免疫疾患
最も有力な原因として考えられているのが自己免疫疾患です。自己免疫は外敵から身を守ろうとする身体本来の正常な働きなのですが、何らかの理由によりこの免疫機能が乱れ、正常な組織まで攻撃してしまうことがあるのです。円形脱毛症の場合、「毛包に関連するたんぱく質」を免疫機能の乱れから敵と見なして攻撃・破壊してしまい、その結果脱毛を引き起こすのではないかと考えられています。自己免疫疾患の原因はストレスや疲労などといわれていますが、やはりそれらを全く感じていない方でも発症することがあるため正確に解明されていないのが実情です。
3. 遺伝
円形脱毛症は、遺伝的背景も指摘されています。円形脱毛症と遺伝の関係についてもまだ解明されていない部分が多いのですが、ある報告では一親等(親・子)で発症した人がいる場合、その内の発症率が他と比較して約10倍であるという報告もあるようです。また一卵性双生児の場合は両者が円形脱毛症を発症する割合が50%ほどであるのに対し、二卵性双生児では0%という報告もあるため、何らかの遺伝的要因を持つ可能性は高いようです。
4. アトピー性皮膚炎
円形脱毛症患者の内、約4割の方がアトピー素因を持っているという報告もあります。そのためアトピー素因が何らかの形で関与している可能性は強く疑われていますが、まだ十分に検証されていないようです。

円形脱毛症の治療法

治療方法については、日本皮膚科学会により「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010」が策定されています。このガイドライン内で推奨されている治療は「ステロイド局注療法」と「局所免疫療法」であり、このふたつはもっとも効果が認められている治療方法になります。

局所免疫療法とはかぶれを引き起こす物質を皮膚に塗ることで自己免疫状態を改善していく方法で、皮膚科などで受けることができます。ただし治療に適応する方とそうでない方がいらっしゃるため、円形脱毛症患者の全員におこなわれるわけではありません。自然治癒もありうるので、場合によっては経過観察やステロイドの塗り薬を処方されるケースもあります。また最近では、抗ヒスタミン薬が治療に有効であるとの報告も多くあるようです。

その他にも、患部に液体窒素や雪状炭酸を圧抵する「雪状炭酸圧抵療法」と呼ばれる治療法などいくつもの治療法がありますので、症状がひどくなる前に専門の病院で診察を受けることが望ましいでしょう。

円形脱毛症の自宅でできる対策

病院で治療をおこなう以外にも、生活習慣の改善など自分でできる対策もあります。まず、夜は良質な睡眠をとるようにしましょう。身体をしっかりと休めることは成長ホルモンの分泌を促進し、髪の成長につなげることができます。

食生活においては、一日三回の食事をできるだけバランス良く食べることで健康体を維持することが重要です。ストレスをため込むことも良くないので、運動や趣味など自身にあったストレス発散方法を見つけましょう。また、長期にわたり円形脱毛症の症状が続くとそれ自体がストレスになってしまうこともあります。

人の目が気になるようであれば、ウィッグや帽子を有効活用することもひとつの手段です。健康的な生活を営むことは、脱毛症のみならず様々な病気を予防することにつながります。地道に思えるかもしれませんが、まずはできることから始めましょう。

円形脱毛症には早めの治療を

円形脱毛症は、早期に適切な処置を受ければ完治が見込める疾患です。ただ再発の可能性が高かったり、鏡で見える箇所でないと症状に気付きづらいなど、決して軽い症状ではないのです。その発症原因はいくつか考えられますが、ストレスが一因になっていることは否定できません。

円形脱毛症の予防・改善には、可能な限りストレスを溜めない生活を心がけつつ、バランスの良い食事や良質な睡眠など生活習慣を整えることが大切です。また、なかなか改善しない場合は一人で抱え込まずに病院に相談してみましょう。適切な処置や、アドバイスをもらうことができるため、早期改善にも繋がるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について