このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】髪の毛が細いと危ない? それ、もしかしたらAGAかも!

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛が細くて弱々しい、昔から猫っ毛でコシがない、そんな悩みを抱えていませんか? 髪が細いと将来ハゲるキケンが……なんて噂も耳にしますが、果たして本当なのでしょうか。生まれつき髪が細くて柔らかい人にとっては心配ですよね。そこで今回のAGAタイムスは、髪の毛の細さや柔らかさと薄毛の関係を、詳しく解説します。

髪の毛が細いとハゲやすいって本当?

生まれつき髪の毛が細いから将来はハゲるかも……。そんな風に思い込んでいませんか? また逆に、髪が太くてしっかりしていればハゲないという俗説を信じている方もいるかもしれません。

結論からいうと、生まれつきの髪の毛の太さと、将来ハゲるかどうかについては“関連性がない”といわれています。では一体なぜ、髪の毛が細いと将来ハゲるという噂が囁かれるのでしょうか。理由のひとつとして考えられることは、髪が細いがために頭髪全体のボリュームが少なく見られがちであることが挙げられます。

仮にまったく同じ本数の髪が生えていたとしても、髪の毛が太い人だと密度が高くフサフサ生えているように見えるのに対し、髪が細い人の場合は密度が低いため薄毛に見られてしまいます。特につむじ付近はもともと髪の密度が低いので、より髪が薄く見えてしまうのではないでしょうか。また、髪の毛が細く柔らかいというだけで、髪の毛の生命力自体が弱いような印象を与えてしまうことも理由のひとつだと推測できます。

薄毛を招く「AGA」とは

髪の毛の細さと薄毛は、まったくの無関係ではありません。その理由を説明する前に、薄毛に悩む男性の多くが発症しているといわれるAGA(男性型脱毛症)の発症メカニズムについて解説します。

AGAは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結合して「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化し、そのDHTがヘアサイクルに悪影響を及ぼすことで、抜け毛や薄毛が起こるといわれています。ヘアサイクルとは、1本の髪の毛が生えてから自然と抜け落ちるまでの周期のことです。ヘアサイクルの期間は、おおよそ2年〜6年程だといわれています。

しかしAGAを発症すると、DHTの影響でヘアサイクルが短くなり、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。またAGAは進行性の脱毛症なので、徐々にヘアサイクルへの影響が大きくなり、いつしか産毛すら生えなくなってしまう場合もあります。

ちなみに、AGAを発症する原因のひとつとして「遺伝」が挙げられますが、生まれつき髪が細いこととAGAの発症率には因果関係がないといわれています。

後天的に髪が細い人は要注意!

昔はどちらかといえば固くしっかりとした髪だったにも関わらず、最近軟毛化が進んできたという人は、AGAを疑う必要があるかもしれません。なぜなら、柔らかい髪の毛が増えるということは、AGAによってヘアサイクルが短くなることで髪の成長が抑制されている可能性があるためです。脱毛症と聞くと髪の毛が抜ける症状をイメージする人が多いと思いますが、AGAの場合は、髪の軟毛化も症状のひとつなのです。

また、つむじ周辺や前頭部の生え際など、部分的に軟毛になったり髪の毛が細くなったりする場合もあります。そういった髪質の変化に心当たりがある方は少なからずAGAの疑いがあるため、薄毛治療をおこなう専門病院(AGA専門クリニック)や皮膚科に相談してみることをおすすめします。

細くなってしまった髪を元通り太くするには?

太く健康的な髪を取り戻すための対策は、大きく分けて2つあります。ひとつはAGA専門クリニックなどの医療機関でAGA治療を受けること。もうひとつは生活習慣を見直すことです。生活習慣が乱れると、髪が成長するために必要な栄養素が十分に行き届かなくなったり、体の成長を促す物質の分泌量が減少するなど、育毛に悪影響を及ぼし薄毛を招く恐れがあります。まずは、以下のような不摂生に思い当たるところがないか、チェックしてみましょう。

1. 食生活の乱れ
髪が成長するために必要な栄養素の多くは、食事によって摂取されます。そのためカップラーメンやコンビニ弁当ばかりの食生活が慢性化すると、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足し、軟毛化や薄毛を招く可能性があります。
2. 睡眠不足
質の良い睡眠は、髪を健康的に保つうえで重要です。睡眠不足の状態が続くとホルモンバランスの乱れを引き起こす恐れがあり、これは育毛にとって良好な状態とはいえません。体の成長や回復を促す「成長ホルモン」は、主に深い睡眠(ノンレム睡眠)時に分泌されるため、しっかり睡眠をとらないと発毛に関わる器官にダメージが蓄積し、育毛に悪影響を及ぼしかねません。若いうちは体力で乗り切れても、身体は着実にダメージを受けています。多忙であっても、しっかり眠るようにしましょう。
3. 過度な喫煙
喫煙はさまざまな病気を招く恐れがあるだけでなく、育毛への悪影響も見逃せません。タバコに含まれるニコチンなどの有害物質が血行を悪化させ、髪の成長を阻害してしまう可能性があります。

以上のような生活習慣を改めることで、髪質の改善が期待できます。しかし、それでも効果が得られない場合は、AGA専門クリニックや皮膚科などの医療機関に相談してみると良いかもしれません。髪が細くなった原因を明らかにしたうえで、医師に適切なアドバイスをもらうことが薄毛改善の近道となるでしょう。

薄毛が進行する前に治療を

先天的な髪質と薄毛に、明確な因果関係はないといわれています。そのため「生まれつき髪の毛が細いから将来ハゲるかも……」と、心配する必要もあまりないでしょう。しかし後天的に髪の毛が細くなったり柔らかくなったと感じる場合は、AGAを発症している恐れがあります。

AGAは進行性の脱毛症なので、症状が初期であるほど治療の効果が出やすいといわれています。AGAのサインを見逃さないよう日頃から髪質の変化には注意して、少しでも不安に感じたら早いうちにAGA専門病院の医師などに相談しましょう。

東京・秋葉原のオフィスビル内にあるAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。オフィスビル内にあるため人で賑わう繁華街でも人目を気にせずに来院していただくことができます。また遠方にお住まいで通えない方のためにビデオ通話診察も行っております。詳細は是非お電話にてお問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果