このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】女性の見た目に影響大!髪の分け目が薄毛になった時とるべき対策

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪は女性の命。美しく健康的な髪を持つ女性は、それだけでも魅力的ですよね。しかし近年、若い女性の間で、髪の分け目部分が薄毛になってしまう「分け目ハゲ」に悩む方が増えているというのです。「薄毛の心配は年齢を重ねてからでは?」と思っていたら大間違い。若い女性でも、生活習慣や体質によっては薄毛を招く恐れがあるのです。

分け目の薄毛が広がるだけで実年齢より老けて見えてしまうのは、女性にとって大きな問題といえるでしょう。今回のAGAタイムスでは、女性に起こる分け目の薄毛の原因を解説、また予防策についてもご紹介します。

分け目の薄毛、紫外線とヘアスタイルが原因?

分け目の薄毛が起こる原因はいくつか考えられますが、そのひとつに紫外線が挙げられます。髪の分け目やつむじ周辺の頭皮は頭部の中でもっとも日に当たる場所なので、肌の老化を招く要因となる紫外線のダメージを受けやすいといえます。

紫外線の恐ろしいところは、細胞の奥の真皮まで届いて頭皮の乾燥や炎症を起こすだけでなく、髪を作り育てる毛包幹細胞や毛母細胞の働きにまで影響を与えかねないところにあります。これにより育毛に悪影響を及ぼし、薄毛や抜け毛を招くことも考えられるのです。紫外線の影響で起こりかねない薄毛を予防するには、外出時に帽子を着用したり日傘を使用するなどして頭皮を守ることが大切です。

また髪型を頻繁に変えない方は、自然といつも同じ場所に分け目ができます。特に長髪の女性の場合、ヘアスタイルによっては髪の重さが常に同じ分け目部分に負荷をかけ続けていることもあります。負荷自体はわずかでも、それが長期間蓄積されることで、薄毛や抜け毛を招く恐れがあるのです。この症状を、「牽引性脱毛症」と呼びます。ポニーテールやエクステの着用など、髪を強くひっぱる髪型をし続けるのは注意が必要です。髪を引っ張るということは、自然な状態より負荷がかかっているわけですから、長期にわたって特定の髪型を継続することで牽引性脱毛症を引き起こす可能性があります。

こういった女性特有ともいえる事態をさけるためにも、一定の期間で髪型を変えるなど、ちょっとした気遣いが必要です。それだけで、牽引性脱毛症は予防できます。

ホルモンバランスの乱れで起こる、女性の薄毛とは

分け目の薄毛は、紫外線や髪型の影響ばかりではありません。例えば、ホルモンバランスの乱れにより起こっている可能性もあります。ホルモンに関連する薄毛として、一時は男性ホルモンの影響で成人男性に発症するAGA(男性型脱毛症)が女性に起こる、FAGA(女性型脱毛症)が原因とも囁かれていました。しかし最近では、AGAの原因となる男性ホルモンは関係ないという見解もあります。

そのため、そういった女性の薄毛を総称して、「Female Pattern Hair Loss」の頭文字をとり「FPHL」ともいわれています。未だに詳しい理由はわかっていませんが、閉経後に進行する傾向が見られるため、女性ホルモンとの関係も指摘されています。加齢や生活習慣の乱れが原因でホルモンバランスを崩すことも、原因のひとつといわれています。そのほかにも、ストレスや過度なダイエットによる栄養不足、睡眠不足など、女性の薄毛にはさまざまな要因が考えられるのです。

これらを踏まえて、女性が薄毛を予防するために気をつけたいポイントについて詳しく解説します。

ストレスは育毛の大敵!

様々なシーンで活躍することを求められる現代女性にとって、ストレスは切っても切れない関係にあります。ストレスが慢性化すると自律神経の乱れにつながり、血行不良などを引き起こす恐れがあります。髪を作り、育てる細胞も、他の細胞と同じく栄養素や酸素を糧にしています。そのため頭皮の毛細血管が血行不良になれば、血液によって運ばれる栄養を十分に得ることができないことで、育毛に悪影響を及ぼす可能性があります。

そういったリスクを最小限に抑えるためにも、ストレスをこまめに発散する術を身につけましょう。趣味の時間を持つ、軽い運動をする、睡眠を十分に取るなど、自分なりのストレス解消法で、ストレスをためないことが大切です。ただし、暴飲暴食はいけません。一時的にストレスを解消できても、今度は別の原因で薄毛を招いてしまう可能性があります。

しっかり睡眠をとることや、定期的に体を動かすことは、ストレスの解消以外にも薄毛予防に効果があります。特に睡眠は、体の回復や成長を促す「成長ホルモン」の分泌と密接な関係にあるので、睡眠が不足することで疲れやダメージが溜まりやすくなってしまいます。頭皮にダメージが蓄積され続けると育毛に悪影響を及ぼす可能性があるため、睡眠が疎かにならないよう注意しましょう。

日々の食生活も見直しましょう。

食べ過ぎが良くないことはもちろん、反対に過度なダイエットも育毛に悪影響を及ぼす恐れがあります。特に食事制限を強いるものは、栄養が髪に行き渡らないことで健康的な髪が育ちにくくなってしまいます。ダイエットをおこなう場合は、栄養バランスの良い食事を心がけつつ運動でカロリーを消費する、健康的な方法がおすすめです。

以下の栄養素は、体の健康だけでなく育毛にも効果が期待できるとされているので、積極的に摂取しましょう。

  • ・ビタミンB2……レバー、うなぎ、納豆、卵、乳製品など
  • ・ビタミンB……にんにく、まぐろ、レバー、かつおなど
  • ・ビオチン……レバー、いわし、種実類、ゆでた大豆、卵黄など
  • ・亜鉛……牡蠣、レバー、牛肉、卵黄など

この他にも、タンパク質や鉄分、ビタミンE、葉酸なども育毛に大切な栄養素です。しかし一部の食品を取り続けても意味がありません。3食バランスの良い食事をとることは、美しい髪を作る秘訣であるとともに、薄毛や抜け毛予防をサポートすることにつながります。

薄毛治療という選択肢

女性の場合、頭髪がすべてなくなってしまうということは稀なものの、薄毛にならないというわけではありません。ストレス解消や日々の不摂生を見直すことで、薄毛を予防しましょう。生活習慣の改善は短期間では効果があらわれにくいものです。しかし髪はもちろん心身の健康にもつながるので、焦らず一歩一歩と努力することが大切です。それでも薄毛が改善されない場合は、薄毛治療専門病院の医師に相談することも選択肢のひとつといえるでしょう。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。完全予約制で全室個室の診察室が完備されているため他の患者様と顔を合わせることはほとんどありません。そのため女性でも通いやすく、これまでも多くの女性患者様にご来院していただいております。AGAヘアクリニックでは女性の薄毛にも効果的な治療薬の処方でFAGAやFPHLの改善に取り組んでいます。分け目が薄くなってきたと感じたら是非一度、相談にいらしてみてください。個人の体質や状況に応じた解決法をご提案させていただきます。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について