このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】頭皮が赤くなるのはなぜ? 原因と対策方法まとめ

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

ふと鏡を見た時に、「頭皮がいつもより赤い」と思ったことはありませんか? 変化に気がついても、痛みやかゆみを伴わなければついつい放置してしまいがちです。しかしそのうち治るだろうと思っている間にも、赤みが強くなったり、範囲が広がったりすることもあるのです。頭皮と髪の関係は密接なので、その頭皮の赤みも、もしかすると薄毛の前兆かもしれません。異常に気がついたら放置せず、すぐセルフチェック&ケアをおこないましょう!

その赤み、普段の「アレ」が原因かも? まずはセルフチェックから

健康な頭皮は、白色や黄白色をしています。そのため全体、あるいは部分的にでも赤みがかっている状態は、なんらかの原因により炎症が起きている可能性が高いといえます。頭皮が赤くなる原因にはいくつかありますが、その多くは外的な刺激によるものです。

例えば長い時間屋外で活動すると、肌の日焼けと同様に頭皮も赤くなることがあります。この場合はまず頭皮を冷やしてから、化粧水で保湿するなどのケアをおこないましょう。もちろん、帽子等で予防することも大切です。

しかしなかには、紫外線などの刺激を受けた覚えがないという人もいるかもしれません。そういう方に注意してほしいのが、使用中のシャンプーです。シャンプーの成分が肌に合わないことも考えられますが、そうでなくても頭皮の赤みを引き起こす可能性があることをご存知でしょうか。その理由は、シャンプーの「洗浄力」にあります。

洗浄力の強いシャンプーは、皮脂を過剰に洗い流してしまうことで、頭皮の乾燥を招く恐れがあるのです。顔や手などでも、肌荒れの状態になると赤くなったりしますよね? 頭皮も乾燥すると赤く変色し、場合によっては痒みやフケの症状を引き起こすこともあります。

普段何気なく使っているシャンプーですが、もしかすると、頭皮の赤みを引き起こす原因になっているかもしれません。なんとなく頭皮の色が赤いかも? と感じたら、シャンプーが原因である可能性を疑ってみましょう。また洗浄力がやさしい製品でも、1日に何度もシャンプーすると、皮脂を落としすぎてしまう可能性があります。

専門的な治療が必要な頭皮の赤みもあるのでご注意!

シャンプーを洗浄力がやさしい製品に変えて1日の回数を減らしてみても、なお頭皮の赤みがおさまらない、あるいは更にひどくなってきているという場合は、アレルギー性の皮膚炎を発症している可能性もあります。アレルギーの原因がシャンプーやリンス、整髪料などに含まれる成分であれば、その製品の使用を控えることで症状は軽減するでしょう。しかし、それでも改善されないようなら、皮膚科に相談することをおすすめします。

頭皮のトラブルのひとつに、「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」と呼ばれるものがあります。頭皮が赤く変色し、皮膚がベラベラとはがれおちたり、加齢臭のような嫌な臭いがする、などといった症状がみられます。原因はいくつかありますが、常在菌の一種であるマラセチアという真菌が異常繁殖し、炎症を起こすことが主な原因と考えられています。

脂漏性皮膚炎は男性に起こりやすい症状といわれていますが、ホルモンバランスの乱れや強いストレス、不適切なシャンプーの使用などによって女性が発症することもあります。このような症状に気づいたら、できるだけ早く皮膚科を受診して薬用シャンプーや薬剤を用いた治療を受けることが必要です。

頭皮の赤みが薄毛に直結することも!

頭皮が赤くなると、髪にも悪影響があるのでは? と考える方もいるでしょう。その疑問は間違っていません。頭皮が炎症を起こしている状態では、毛根も相応のダメージを受けています。それにより、抜け毛が増えることも考えられるのです。また炎症などによって頭皮環境が悪化すると、発毛のシステムが影響を受けることで発毛が妨げられる可能性もあります。つまり頭皮の赤みというのは、総合的にみて育毛に悪影響を及ぼし、薄毛を招く恐れがあるといえるのです。 

まとめ

頭皮の赤みが気になったら、まずはチェック!

  • ・シャンプー、リンス、整髪料を見直す
  • ・かゆみやフケあるようなら皮膚科の受診を

髪の手入れをする時は、必ず頭皮の色もチェックするようにしましょう。日頃のこまめなケアやチェックが、あなたの大切な髪を守ることにつながります!

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について