このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】あなたのフケタイプはどっち?乾性と脂性で異なるフケ対策

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

頭皮のかゆみとともに現れる「フケ」。季節の変わり目やアレルギーがあると発生しやすくて、半ば諦め気味の方も多いのではないでしょうか。しかし頭皮のフケは、発生原因によってかゆみを伴うだけでなく、悪化すると抜け毛や薄毛につながるともいわれています。

今回のAGAタイムスは、頭皮のフケを招くといわれるいくつかの原因や、抜け毛や薄毛に繋がる理由をご紹介するとともに、フケの特徴や対策を解説していきます。

頭皮状況によるフケの種類

フケは、頭皮の状態などによって主に「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類に分類されます。

乾性フケは、パサパサとして細かいことが特徴のフケです。頭皮の皮脂が極端に不足して乾燥することで発生するといわれています。日頃使用しているシャンプーが洗浄力の強い製品であったり、1日に何度もシャンプーすることなどでも、頭皮の乾燥を招く場合があるため注意が必要です。その他、外気の乾燥や強い紫外線なども、頭皮が乾燥する原因になります。

もうひとつの脂性フケとは、ベタベタした粘着性のフケです。皮脂の過剰分泌とマラセチア菌(カビの一種)の繁殖が合わさることによって発生するといわれています。油ものを多く摂取する食生活や肥満などによって、頭皮の皮脂が過剰に分泌される状態が続くと、菌の増殖を招きやすいため注意が必要です。

このようにフケは、種類によって見た目や発生原因が異なります。もしフケが発生してしまった時は、フケの種類を見極めることが対策の第一歩といえるでしょう。

乾燥によるフケは抜け毛の原因となる

どちらのフケも、進行すると抜け毛や薄毛の原因になる場合があります。特に乾性フケは頭皮の乾燥によって引き起こされるため、発生条件が特殊な脂性フケにくらべて起こりやすいと考えられています。体質に合わないヘアケアや季節などの影響を受けやすいのが特徴で、強いかゆみを伴うこともあります。かゆみを我慢できず頻繁に掻いてしまうと、傷や炎症につながり頭皮環境の悪化を招きかねません。

頭皮の乾燥が進行すると、「粃糠性(ひこうせい)脱毛」と呼ばれる症状を招く可能性があります。乾燥したフケが頭皮を覆い、それによって雑菌の繁殖や育毛を妨げる恐れがあります。

乾性フケが発生したからといってすぐに粃糠性脱毛につながるわけではありませんが、フケがいつもより多いと感じたら、少し注意した方が良いかもしれません。また、フケが気になるからといってシャンプーの回数を増やすことは、先述した通り乾燥を悪化させる恐れがあるので避けましょう。皮膚科などで治療が受けられますので、一度医師に相談することをおすすめします。

乾性フケの改善・対策方法

乾性フケが発生した場合、身近なところで見直せるのはシャンプーの種類です。シャンプーには「界面活性剤」と呼ばれる皮脂を落としやすくする成分が配合されており、その成分によって洗浄力に違いがあります。

一見すると洗浄力が強い方が良さそうですが、乾性フケが発生している場合はそうともいえません。洗浄力が強いということは皮脂を落とす力が強いということなので、乾燥を悪化させてしまう可能性があるのです。

そこでおすすめなのが、洗浄力がやさしい「アミノ酸系」のシャンプーです。適度に皮脂を落として頭皮環境を良い状態に保つ効果が期待できるので、頭皮の乾燥にお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか。その他、頭皮を保湿するヘアケア商品を使用したり、外出時に帽子をかぶって外気の影響を受けにくくすることなども、乾燥対策には有効です。

脂性フケの改善・対策方法

脂性フケは、皮脂の過剰な増加とマラセチア菌(カビの一種)の増殖といった条件が重なると発生しやすいといわれています。そのため、まずは薬用シャンプーに変えてみるのはいかがでしょうか。「ミコナゾール硝酸塩」が配合された薬用シャンプーは、マラセチア菌を抑制する効果があります。ドラッグストアでも販売しているのでおすすめです。

それでも改善に至らない場合は、より強い成分である「ケトコナゾール」配合シャンプーも検討しましょう。こちらはドラッグストアでは購入することができないため、病院やAGA専門クリニックなどで購入する必要があります。もしお困りの場合は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

ほかにも、シャンプーの方法を見直してみるのも良いでしょう。頭皮を清潔に保つことは、脂性フケを予防・改善するうえで基本となります。シャンプーする際は手のひらで良く泡立て、優しく指の腹でマッサージするようにおこないます。皮脂を落とそうとして必要以上に強く洗ったり、1日のシャンプーの回数を増やすことは逆効果なので避けましょう。

また、乱れた食生活も脂性フケを招く可能性があります。脂っこいものばかり食べていると、皮脂の分泌量に影響を及ぼす恐れがあるため、野菜や発酵食品などもバランス良く摂取するようにしましょう。多忙な生活で影響バランスが崩れていると感じた時は、サプリメントで補うことも有効です。ただし、サプリメントに依存して食事をおろそかにすることは避けましょう。

フケに早めの対策を

フケが発生している状態というのは、頭皮環境が悪化しているといえます。頭皮環境を健全に保つことは育毛において重要ですから、ひどくなる前に対策をおこないましょう。

シャンプーや頭皮の保湿など、身近にも見直せるポイントがいくつかあります。それでもフケの状態が改善されないようなら、皮膚科や薄毛治療専門の病院を受診して、医学的な処置を受けることをおすすめします。

東京都内のJR秋葉原駅から徒歩4分に位置する「AGAヘアクリニック」は、診察やカウンセリングを無料で行っています。薄毛や頭皮に関わる診察や治療の実績が豊富な医師が多数在籍しているため、安心して診察を受けることができます。遠方に在住の方は遠隔診療も可能ですのでフケのお悩みがある方はぜひ一度お問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について