このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】頭頂部のハゲは“つむじ”から広がる?そこにはさまざまな原因が!

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

つむじ周辺は自分で見えづらい部分だからこそ、薄毛の発見が遅れがちなスポットです。またつむじ周辺はもともと髪が薄いため、手触りなどでも判断しにくいという厄介さもあります。

一度つむじハゲが気になり始めると、人の目線に対して敏感になるという人も多いのではないでしょうか? このようなストレスを抱え込むと、薄毛を悪化させる要因ともなりかねません。そのためにも、早めに対策を講じる必要があります。

今回のAGAタイムスは、つむじハゲを招く原因や予防策についてご紹介します。「もしかしてつむじハゲかも……」と不安に感じている方は、ぜひご一読ください。

つむじハゲを招く原因や条件とは

はじめに、つむじハゲの原因や、薄毛を悪化させる恐れのある条件、その理由について紹介します。つむじ周辺は頭髪の中でも薄毛を発症しやすい場所といわれていて、さまざまな要因が考えられます。

1. 頭皮の血行不良
頭皮の血行不良は育毛に悪影響を及ぼす可能性があります。髪や頭皮は、無数の毛細血管から栄養や酸素を供給されることで健康状態を保っています。血行不良になると十分な栄養や酸素が細胞に行き渡らなくなる恐れがあり、育毛に良い状態とはいえなくなります。
2. 髪や頭皮の栄養不足
血行不良以外にも、髪や頭皮に対する栄養が不足する場合があります。それは過度なダイエットや食生活の偏りが招く栄養不足です。髪を構成するたんぱく質や成長に欠かせないビタミン類などの摂取量が少ないと、髪が細くなったり、つむじハゲを招く原因になりかねません。
3. 動物性タンパク質の過剰摂取
牛肉や乳製品など、動物性タンパク質の過剰摂取は血液をドロドロにしてしまう恐れがあり、血行不良を招く要因になります。その他にも加工食品やスナック菓子など、添加物や油分を多く含む食品の過剰摂取についても、育毛に悪影響を及ぼすことが懸念されています。
4. AGA(男性型脱毛症)の発症
上記3つの条件と違って、こちらは男性ホルモンの影響によって起こる疾患になります。男性ホルモンの一種である「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質がヘアサイクルに影響を与えることで薄毛となってしまう症状をAGA(男性型脱毛症)と呼びます。AGAはホルモンの影響を受けやすいつむじと生え際を中心に発症するという特徴があります。

まずは生活習慣の改善から

考えられる要因は生活習慣の乱れに起因するものです。またAGAであっても、効率よく育毛するためには生活習慣も見直していかなければならないでしょう。どのような生活を営めば薄毛の予防・改善が期待できるのでしょうか。代表的な6つをご紹介します。

1. バランスの良い食生活
食のバランスは、髪や身体の健康を保つうえで重要です。髪を構成する成分のほとんどはたんぱく質なので、肉類はもちろん豆腐や納豆など植物性の食材も、バランス良く摂取するのが望ましいといわれています。ほかにも亜鉛やビタミンB、ビタミンEなどの成分は、髪の成長をサポートしてくれるので積極的に摂るようにしましょう。
2. 洗浄成分の優しいシャンプーを使う
安価なシャンプーの多くは、石油系・高級アルコール系などの洗浄力が強い界面活性剤を配合しています。洗浄力が強すぎると頭皮を保護するために必要な皮脂まで洗い落としてしまい、乾燥などの悪影響を招く恐れがあります。特に、乾燥肌や敏感肌の方は注意しましょう。洗浄力がやさしい界面活性剤を使ったシャンプーのひとつに「アミノ酸シャンプー」というものがありますので、頭皮環境が気になる方にはおすすめです。
3. ストレスを溜めない
人は強いストレスを受けると、ホルモンバランスの乱れや血流障害を起こすことがあります。ストレスが直接薄毛につながることはありませんが、育毛を妨げて薄毛を助長する可能性があります。適度な運動や睡眠の質の向上など、生活習慣を見直してストレスを溜めないように心がけましょう。また、ゆっくりお風呂に入ったり、趣味の時間を作るなども、ストレス解消に有効です。
4. 過度な飲酒を控える
アルコールを分解する際に消費される成分は、髪を構成するたんぱく質の成分と同じ、アミノ酸の一種です。そのためアルコールを過剰摂取すると、分解の方にアミノ酸が多く消費され、髪へ届くアミノ酸が不足してしまう恐れがあります。少しの飲酒にはリラックス作用や血行促進作用がありますが、量を飲むと逆効果になりかねませんので、お酒の量はほどほどにしましょう。
5. 禁煙する
タバコに含まれるニコチンも、血管を収縮させて血行不良を招く原因になるといわれています。ニコチンには活性酸素を発生させる作用があり、育毛に必要なコラーゲンを生成するビタミンCを奪ってしまう場合があります。できれば禁煙、難しければ徐々に本数を減らしながら禁煙につなげてゆく方が育毛に良いといえます。
AGA治療を受ける
AGAは、食生活やシャンプーを変えるだけでは治らない疾患です。AGAの改善・予防のためには原因となる物質を抑制する必要がありますので、AGA専門の病院や皮膚科などを受診して適切な処置を受けましょう。内服薬や外用液による治療で、多くの方が発毛を実感しているといわれています。またAGA治療専門の病院では問診や血液検査などによって薄毛の原因を特定することもできますので、まずは医師に相談してみることをおすすめします。

AGAは早期治療が肝心です

つむじ周辺はもともと髪が薄いこともあり、少し薄毛が進行しただけでも見た目に大きな影響を与えてしまいます。またAGAは10〜20代でも発症する可能性があるため、若いうちからつむじハゲを気にして生活することは大変なストレスになるでしょう。そうならないためにも、生活習慣の乱れは早期に改善することをおすすめします。

AGA治療に関しても、早ければ早いほど効果があるといわれていますので、気になりだしたらまずはAGA治療専門の病院や皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。東京都内の秋葉原に位置するAGAヘアクリニックは無料で診察やカウンセリングを行っております。費用面が気になる場合はまず医師の診察を受け、費用内で出来る治療を相談しながら薄毛治療を進めていくと良いでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果