このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】パーマがキューティクルを破壊? 薬品による髪へのダメージと緩和対策

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

おしゃれやイメージチェンジのために、パーマは有効な手段の一つ。パーマをかけると、髪のボリュームが増してスタイリングも楽になります。しかし、髪のパサつきや傷みが気になるという声も聞かれます。これはパーマをかける際に使用する液体(パーマ液)がもたらす作用と考えられますが、パーマが原因で薄毛や抜け毛につながることはないのか、少し心配になってしまう方もいるでしょう。そこで今回のAGAタイムスは、パーマ液が及ぼす髪や頭皮への影響とその緩和対策についてご紹介します。

パーマの仕組み

パーマは施術の際に、美容師さんが数種類の液体を髪に塗ります。まず薬剤を塗布して、その次にロットという筒状の道具を丁寧に髪に巻きつけます。加温式のパーマの場合は、加温器と呼ばれる機械で熱を加えます。そして時間をおいてから、さらにもう1回薬剤を塗布するという流れで施術は進みます。このような手順を踏むのは、パーマ液が「1液」「2液」と呼ばれる2種類の液体で構成されているからです。

髪は主にケラチンというタンパク質で構成されていますが、このケラチン同士をつなぎ髪の形を構成している構造をジスルフィド結合といいます。1液ではこのジスルフィド結合を一時的に分断します。すると髪が柔らかくなるので、その状態でロットを巻きます。そして施術に応じた巻き具合になったところで2液を塗布します。2液によって巻かれた髪の形のままでジスルフィド結合を再構築するというわけです。このように1液2液にはそれぞれの役割があり、2つの液体の相互作用によってウェーブヘアが生まれます。

パーマ液が髪や頭皮に影響を及ぼす?

パーマ液には薬剤を浸透させやすくするためにアルカリ剤が入っています。アルカリ剤は髪の表面を保護しているキューティクルを膨張させることでキューティクルを開き、それによって薬剤を浸透させやすくします。ただし、キューティクルが開いたまま時間が経過すると髪の中の水分がどんどん失われていき、薬剤の種類によっては抜け毛や切れ毛につながる可能性があります。

またアルカリ剤が頭皮に付着すると、炎症や湿疹を引き起こす可能性があります。最近は自宅でも手軽にできるパーマキットが販売されていますが、鏡を見ながらご自身で施術するのは少々リスクがあります。髪や頭皮へのダメージを最小限におさえるためにも、パーマの施術はやはりプロにお願いするのがよいでしょう。

パーマ液によるダメージへの対策

では次に、パーマをかける際の注意点やダメージ対策について、少し解説します。

1. 施術する当日は髪を洗わない
美容院に行く際、失礼のないように髪を洗ってから向かう方はいるでしょう。実はこれ、パーマをかける場合にはあまりよくありません。なぜなら頭皮の皮脂が少ない状態で施術を受けると、パーマ剤が地肌に付着したときに刺激を感じる可能性が大きいからです。そのためシャンプーは前日の夜までに済ませることをおすすめします。
2. パーマした日は髪を洗わない
施術初日は、髪が敏感になっています。このタイミングで髪をゴシゴシ洗ってしまうと、薬剤による傷みを広げてしまう可能性があります。美容院でも髪を洗ってもらっているので、当日はシャンプーを避けて入浴するとよいでしょう。
3. アミノ酸系のシャンプーを使う
一般的に販売されている安価なシャンプーの洗浄剤には、洗浄力が強く泡立ちがよいものが使用されています。これらに比べてアミノ酸シャンプーは洗浄力がやさしいため、髪や頭皮が傷んでいる場合におすすめです。

正しい施術を受ければ、パーマをかけたからといって抜け毛を招くことはあまり考えられません。しかし短期間で何度も施術を繰り返したり、パーマ液が頭皮に付着し炎症を起こすと、頭皮や髪の状態が悪化して薄毛や抜け毛を招く原因となる可能性もゼロではありません。

髪や頭皮の傷みが気になる場合は、パーマをかける前に美容師さんに相談してみましょう。

まとめ

パーマはおしゃれを楽しむ方々にとって、一般的な施術です。しかし、髪や頭皮への影響も考えられます。パーマをかけた直後は前項でご紹介したような対策を実践し、リスクを最小限におさえることをおすすめします。最近は薬剤と技術の進歩で以前よりも髪へのダメージは軽減されています。心配な場合は美容師に相談したり、ご自身の髪や頭皮の健康状態を優先しましょう。いつまでもおしゃれを楽しむためにも、髪や頭皮の健康も大切にしましょう!

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について