このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】もしかして病気の合併症かも? 女性に多い抜け毛の症状と原因

治療用シャンプーの効果とは
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

年齢や性別に関わらず、髪の毛は一定の周期で生えては抜け落ちるサイクルを繰り返しています。1日の抜け毛が自然な量であれば心配ありませんが、抜け毛がいつもと比べて極端に多いと感じる場合、少し注意が必要かもしれません。特に女性の方に起こる大量の抜け毛は、病気の合併症である恐れもあります。

AGAタイムスでは抜け毛の状態から考えられる、女性に起こりやすい3つの病気を症状や特徴と合わせてご紹介します。病気によって起こる抜け毛を抑えるためには、病気を治療することが最優先です。思い当たる症状がないかチェックしてみてください。

まずは抜け毛の状態をチェックしよう

髪の毛は、健康な方であっても1日に50~100本程度は抜け落ちています。そこから再び新しい髪の毛が生えるサイクルを繰り返しています。これをヘアサイクル(毛周期)といいます。日々の抜け毛を気にしている方はそれほどいないかもしれません。しかし寝起きの枕元や浴室の排水溝にある大量の抜け毛を見てしまうと、「もしかしてこのまま薄毛になるのでは……」と心配になってしまうこともあるでしょう。抜け毛の量だけで病気かどうか判断することはできませんが、抜けてしまった髪の状態を“ひとつの判断材料”とすることはできます。

例えば抜け毛の状態が、細く短いものが多かったり根元が極端に細い場合は、何らかの病気や栄養失調の疑いがあります。また毛の根元にしっぽのようなものが付いていたり、形がいびつな場合も何らかの疾患が関係している可能性があるので、少し気にかけた方が良いでしょう。

このような状態だからといって、必ずしも異常があるわけではありません。しかし心当たりがある場合は、早いうちに皮膚科などの診察を受けてみるのが良いでしょう。次の項目では、合併症によって抜け毛を招く可能性がある主な3つの病気について解説します。

抜毛の症状が出る病気:1 鉄欠乏症貧血

女性の10人に1人が悩まされているともいわれる鉄欠乏症貧血は、体内にある鉄分が不足して赤血球の数が減ったり、ヘモグロビンの生成ができなくなることで引き起こされます。鉄欠乏症貧血を患った方の抜け毛は頭部全体に及び、髪がボリュームダウンしてしまうのが特長です。これは「びまん性脱毛症」とも呼ばれ、症状が進行すると頭皮が見えるほど髪が薄くなる場合もあります。

その他の症状としては、顔色が悪くなったり、肌の乾燥や爪がスプーン状になるなど、外見にもあらわれます。また体が常にだるい、集中力が続かない、イライラする、気分が落ち込むなど、精神的な異常がみられることもあります。また鉄欠乏症貧血は婦人科系疾患や、消化管疾患などが原因となり発症することも多いので注意が必要です。

抜け毛の症状が出る病気:2 膠原病

膠原病(こうげんびょう)は病名ではなく、自己免疫疾患やリウマチ性疾患など、全身に炎症を引き起こす様々な病気の総称のことをいいます。若い女性に多い病気ともいわれており、一度発病すると完治が難しく、難病指定されています。症状としては、抜け毛の他に発熱や発疹、手足の指のしびれ、肌色の悪化、リンパ腺の腫れ、爪の変形、目や口の乾燥などがあります。

膠原病の中でも抜け毛が起こる代表的な疾患として、「全身性エリテマトーデス」が挙げられます。「ループスヘア」と呼ばれる脱毛が有名で、部分的に円形の薄毛状態となる場合があります。また円形脱毛症を発症することも多いなど、脱毛症状は様々です。原因や治療法が確立されていない膠原病は、脱毛の発症原因もまだ明らかになっていません。

抜け毛の症状が出る病気:3 甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、甲状腺の働きが悪くなることで甲状腺ホルモンの分泌が減り、様々な症状を引き起こす全身疾患です。軽症の甲状腺機能低下症(潜在性甲状腺機能低下症)は、4〜10%の人が患っているといわれています。男性よりも女性に多い病気であることも特徴です。生きる活力である甲状腺ホルモンの分泌が減少して全身倦怠感などが生じる場合があります。他にも肌が極度に乾燥したり、抜け毛の増加などが症状の特徴としても挙げられます。

甲状腺機能低下症を発症した場合に起こる抜け毛は、休止期脱毛に分類されます。全体的に細く乾燥した毛髪であることも特徴的です。さらに眉毛の外側1/3が脱毛する「ヘルトーゲ徴候」が認められる場合もあります。甲状腺ホルモンは、毛母細胞の増殖を促進して髪の成長期を延長することがわかっており、育毛と密接な関係にあるといえます。またバルジ領域の幹細胞に直接働きかける作用についても指摘されています。このような理由から、甲状腺ホルモンが低下すると抜け毛が増えると考えられているのです。その他にも、むくみや冷え、便秘、体重増加、月経異常などもあらわれることがあります。

多嚢胞卵巣症候群は体毛が増える?

反対に、病気によっては毛が濃くなってしまう場合もあります。「多嚢胞(たのうほう)性卵巣症候群」は、生殖が可能な年齢の成人女性のうち、6〜8%が患っているといわれる排卵障害の一種です。卵胞が発育するのに通常より時間がかかってしまい、長期間排卵されない状態になります。月経が不順であったり、2ヶ月以上こなかったりするため、比較的自覚症状も起きやすい疾患です。

多毛症の原因としては卵巣内の男性ホルモンが多いことがいわれており、この病態になると、女性ホルモンの一種であるLH(黄体形成ホルモン)が高値になり、アンドロゲンの産生が促進されることで、多毛になってしまうのです。

病気で脱毛が起きたら

薄毛や抜け毛が気になり始めると、育毛剤などのヘアケア商品に目が行きがちではないでしょうか。しかし病気が原因である場合は、まず医療機関を受診して病気を治療しなければ改善は見込めません。病気が改善し、体力も回復してきたら、改めてヘアケアを行いましょう。

例えばシャンプーを育毛効果のあるものに変えたり、頭皮や髪にやさしいシャンプーを使用することも効果的です。また血行を促進するために頭皮マッサージをおこなうなど、髪が生えやすい頭皮環境に整えることで、病気によって抜けてしまった髪も徐々に改善が期待できます。

性別によって薄毛の原因は違う?

男性と女性では、薄毛や抜け毛を招く主な原因が若干異なります。男性の薄毛は「AGA(男性型脱毛症)」が原因で起こることが多いと考えられています。AGAとは、男性ホルモンの影響でヘアサイクル(毛周期)が乱れる脱毛症です。女性もホルモンバランスの乱れなどによって男性ホルモンの影響を受ける場合がありますが、それによって薄毛になることはほとんどありません。そのため女性に起こる抜け毛の影には、病気が潜んでいる可能性があることを忘れないようにしましょう。

特にこれまでにご紹介した病気は、女性の発症事例が多く、抜け毛の症状もAGAとは異なります。突然大量の髪が抜けた、髪が抜ける場所に偏りがみられるなどの傾向がある際は、ご自身で解決しようとするのではなく、すぐ医療機関に相談して治療を受けましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について