このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】フケは頭皮の危険信号? 薄毛を招くフケの種類とその対策

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

目に見えない大きさのフケは頭皮が新陳代謝をおこなう過程で発生する、ごく当たり前の現象です。しかし目に見える大きさのフケが上着に付着したり髪に少し触れただけでフケが大量に落ちるようなら要注意です。そのような状態は、頭皮に何らかのトラブルが起きている可能性があるからです。またフケが少量であっても頭皮にかゆみを感じる場合は頭皮トラブルに見舞われていると考えられます。さらにそのトラブルが悪化すると薄毛や抜け毛を招く恐れもあります。

フケやかゆみを伴う頭皮トラブルの多くは頭皮環境を整えることである程度改善が期待できます。そこで今回のAGAタイムスはフケについてや、フケの改善・予防法を詳しく解説します。

そもそも「フケ」とは何なのか

フケは頭の皮膚の表面にある角質細胞が目に見える大きさで剥がれ落ちたもののことをいいます。フケの発生場所は頭部に限られるとされ炎症を伴わないことも特徴として挙げられます。

通常、皮膚はターンオーバー(皮膚細胞が生まれ変わること)によって古くなった表皮の角化細胞が細かい状態で剥がれ落ちますが、頭部の表皮は角質化される過程で変化が生じると目に見えるほどの鱗屑(※)になることがあります。この頭部に発生する大きな鱗屑が「フケ」と呼ばれているものです。またフケはこのような発生原因により病気ではなく“生理現象”だとされています。

フケが発生する際に炎症は伴いませんが、フケが発生したまま放置しておくことで頭皮環境が悪化し炎症やかゆみ、発赤などが起こり進行すると抜け毛にもつながると考えられています。

※鱗屑(りんせつ):表皮の角質細胞が肥厚して剥がれ落ちたもの。

フケの発生頻度

前述の通り、フケは生理現象の一つといえます。そのため頭皮環境に上記のような問題がなくても、少量のフケは日々発生しています。ターンオーバーの周期次第では、いつもよりフケが多いと感じることもあるでしょう。

ターンオーバーの周期は約1ヶ月弱といわれています。また年齢を重ねるにつれて、その期間は長くなると考えられています。この周期が通常より短くても長くても、よい頭皮環境とはいえません。つまり乾性フケや脂性フケは、このターンオーバーに悪影響を与えている状態と捉えることもできるのです。

フケには2つの種類がある

フケは見た目によって大きく2種類に分けられます。1つは白く乾燥した粉のような、パラパラとした見た目の「乾性フケ」です。上着の肩や首元に付着した細かいフケはこのタイプといえます。そして2つめは髪の隙間にこびりつく、ベタっとした白い塊のような見た目の「脂性フケ」です。乾性フケと脂性フケは明らかに見た目が違うため、フケのタイプを見分けるのはそう難しくはありません。

この2種類のフケは見た目だけでなく、発生原因も大きく異なります。乾性フケは、主に頭皮が乾燥することで起こります。一方で脂性フケは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることが要因と考えられます。原因が異なれば、予防や改善の方法も変わって当然です。原因を正しく知り適切な対応をおこなえば、フケの改善が期待できます。

そのためにも、それぞれのフケの詳しい発生原因と注意すべきポイントをおさえておきましょう。

乾性フケの原因:なぜ頭皮が乾燥するのか?

頭皮が乾燥する原因は1つではありません。例えば、紫外線や外気の乾燥などの外的要因が、頭皮の乾燥を招く場合があります。他にも食事や睡眠などの生活習慣が頭皮環境に影響を及ぼす可能性もあるでしょう。さらには頭皮をきれいにするはずのシャンプーが、頭皮の乾燥につながってしまう恐れもあります。

個人差はあるものの人はフケが気になり始めると、予防・改善の意識が強くなります。そのため1日に何度もシャンプーしたり、ゴシゴシと入念に洗ってしまう傾向にあります。しかしそれらの行為は頭皮の乾燥をより悪化させかねません。なぜならシャンプーに含まれる洗浄剤が、頭皮を乾燥から保護する皮脂まで洗い流す恐れがあるからです。皮脂を適度に残すためにも、乾性フケが発生しているときはシャンプーの回数を1日1回にとどめておきましょう。また洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーを使うのも有効です。

他にも外出時に帽子や日傘で紫外線を予防する。食事や睡眠などの生活習慣を見直す。入浴後は頭皮の保湿をおこなうなどの日々の意識が、乾性フケの予防につながります。

脂性フケの原因:皮脂が多いと菌が増殖する?

脂性フケは、頭皮の皮脂分泌量が多い人ほど起こりやすいといわれています。性別でみると男性に多い症状であることも特徴のひとつです。皮脂が増える原因はいくつか考えられますが、主に体質や生活習慣の乱れが考えられます。生活習慣の中でも、運動不足や脂質に偏った食事は皮脂の増加を招くといわれています。その他にもホルモンバランスの乱れや頭皮を不潔にしていることも、皮脂の増加につながりかねません。

さらに脂性フケを発生させる皮膚炎も存在します。「脂漏性皮膚炎」と呼ばれるこの疾患は、皮脂をエサとするマラセチア菌(常在菌の一種)が頭皮に異常繁殖し、その代謝物が頭皮に炎症を起こすことで発症すると考えられています。この疾患にかかると、炎症の影響でめくれ上がった皮膚がフケになります。また炎症がひどくなると、強いかゆみに襲われることもあります。かゆみに耐え切れず掻きむしってしまえば、症状がさらに悪化することが懸念されます。

皮脂の増加を予防するには、生活習慣の乱れを整えることが大切です。まずは食生活を見直し、脂っこい食事を控えるように心がけましょう。

乾性フケの改善・予防方法

乾性フケを防ぐためには、頭皮をいかにして乾燥から守るかが重要です。以下のポイントを参考に、改善・予防を心がけましょう。

  • ・外出時は、帽子や日傘を使用して紫外線を避ける
  • ・コラーゲン、ビタミンB6を食事で摂取する(サプリメントでも有効)
  • ・皮脂を落としすぎないよう、シャンプーの回数や洗い方に注意する
  • ・頭皮を念入りに保湿する
  • ・十分な睡眠をとる

頭皮の保湿方法としては、ホホバオイル、馬油、椿油、あんず油などのオイルを直接塗布することも有効です。ご自身の体質に合った方法で保湿をおこないましょう。

脂性フケの改善・予防方法

脂性フケの改善・予防については、食生活の見直しとシャンプーを使った頭皮ケアの2つのポイントに絞って考えましょう。まず脂っぽい食事はなるべく控えてください。バターやラード、ショートニング、脂身の多い肉類などを控えると、皮脂分泌の抑制につながります。反対にチーズや緑黄色野菜、レバー、大豆などは積極的に摂取することで頭皮環境の改善が期待できます。特に大豆には大豆イソフラボンやビタミンB6など、有効な成分が多く含まれているのでおすすめです。

過度なシャンプーはNGですが、皮脂の残りすぎもよくありません。少なくとも、1日1回はきちんとシャンプーをしましょう。使用するシャンプーは、洗浄力がやさしいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。また、脂漏性皮膚炎を発症している場合は、抗真菌作用を持った薬用シャンプーが効果的です。市販の商品でも効果は期待できますが、かゆみがひどいようなら「ケトコナゾール配合シャンプー」も選択肢のひとつです。ただし、このシャンプーは国内で市販されていないので、薄毛治療専門のクリニックや皮膚科で処方してもらう必要があります。

フケを予防するシャンプー方法とは?

フケの改善・予防において、シャンプーの回数や種類はぜひ知っておきたい要素です。さらにシャンプー方法も見直す必要があります。頭皮や髪になるべく刺激を与えないシャンプー方法を以下にご紹介します。

  • 1.入浴前にブラッシングして、髪に付着している汚れや整髪料を落としやすくする
  • 2.ぬるめのお湯で入念に予洗いし、汚れや整髪料を落とす
  • 3.使用するシャンプー液の量を抑える
  • 4.頭を洗うときは指の腹でマッサージするようにおこなう
  • 5.シャンプー液をしっかりとすすぐ

シャンプー前のブラッシングと予洗いで、大部分の汚れを落とすことができます。これによりシャンプーの泡立ちがよくなるので、1回で使用するシャンプー液が少量で済み、頭皮の負担を軽減する効果が期待できます。頭皮をマッサージするように洗うことは、頭皮や髪を傷めないだけでなく血行促進効果も期待できます。そして最後はシャンプー液が残らないよう丁寧にすすぎましょう。

また髪が濡れたままで時間が経過すると、雑菌の繁殖を招く恐れがあります。しっかりドライヤーで乾かすことも忘れないようにしましょう。

フケやかゆみのお悩みもAGAヘアクリニックはお応えします

フケが大量に発生している状態は、頭皮環境が悪化しているといえます。その状態を放置すれば、育毛に悪影響を及ぼす可能性もあるでしょう。普段からフケを予防することが第一ですが、もしすでにフケが発症しているようなら、早めに改善を試みることが重要です。生活習慣やシャンプーの見直しはもちろん、場合によっては薄毛専門クリニックや皮膚科で治療を受けることも有効な選択肢のひとつといえます。

東京のJR秋葉原駅から徒歩4分に位置するAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。薄毛だけではなくフケのお悩みなど頭部に関わる診察やカウンセリングは何度でも無料で受けることができます。フケや薄毛、頭皮に関わるお悩みを抱えている場合はぜひ一度、医師に相談してみてはいかがでしょうか。薄毛や抜け毛が起こる前に、正しいフケ対策を実践しましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴