このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】名前は似てても役割が違う!育毛剤と育毛シャンプーの役割と効果

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

抜け毛や薄毛が気になり始めると、育毛効果のある商品についつい目を引かれる方も多いのではないでしょうか。しかし、育毛関連の商品は数多く販売されているため、どんな商品を選べばいいのか悩みどころです。

シャンプーや育毛剤、サプリメントなど、どれも育毛や頭皮環境の改善に効果があると謳っています。それぞれ役割が異なりますが、上手く併用することでより高い効果が期待できます。

今回のAGAタイムスは、育毛商品の代表格ともいえる「育毛シャンプー」「育毛剤」についてそれぞれの効果や特徴をまとめました。どちらも自宅で使えるものですので、これから育毛商品を使ってみたいという方はぜひ参考してみてください。

育毛剤と育毛シャンプーの効果とは

育毛剤の目的は、今生えている髪の毛や頭皮に直接働きかけ、抜け毛を予防するとともに“髪の成長を促すこと”にあります。ひとくちに「育毛効果」といっても、商品によってアプローチが異なります。血行を促進するもの、頭皮に栄養を与えるものなど、それぞれ配合成分が微妙に異なっているのです。抜け毛や薄毛の原因を知り、自分の状態に適した育毛剤を使用することが大切となります。

一方、育毛シャンプーの目的は、抜け毛や薄毛を予防・改善するために“頭皮の環境を整えること”にあります。そのため一般的に育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーの多くには、直接的な育毛効果を期待することはできません。しかし頭皮環境の良し悪しは育毛効果にも関わってくるため、髪が育ちやすい頭皮環境を作るという意味で、育毛シャンプーは効果を発揮するのです。

育毛剤の正しい選び方

育毛剤の効果には、以下のようなものがあります。薄毛の症状を把握し、自分の求めている用途のものを選びましましょう。

1. 頭皮の血行を促進するもの
育毛と血流には、密接な関係があると考えられます。タバコやストレス、運動不足などの生活習慣の乱れによって頭皮が血行不良もそのひとつです。血流が悪くなると、場合によっては髪に十分な栄養が行き渡らず、結果的に育毛に悪影響を与えてしまう可能性があります。カプサイシンなどの血管拡張作用や、血の流れを良くする成分が配合されている育毛剤を選ぶと良いでしょう。
2. AGAの進行を抑制するもの
AGA(男性型脱毛症)とはホルモンによる疾患で、男性の薄毛の主な原因といわれています。AGAは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が悪玉男性ホルモンに変化することによってヘアサイクルが乱れ、脱毛が増えてしまう病気です。AGAの疑いがある場合は、悪玉ホルモンを発生させる「5αリダクターゼ」の働きを抑制する成分を配合した育毛剤が効果的と考えられます。
3. 皮脂の分泌を抑えるもの
頭皮に過剰な皮脂が分泌されると、毛穴が皮脂や汚れで詰まりやすくなります。この影響で、髪に栄養が行き届かなくなったり毛穴に雑菌が繁殖して炎症を起こしたりして、薄毛や抜け毛の原因になってしまう可能性が考えられます。特に脂性の方は皮脂の過剰分泌を抑えるタイプの育毛剤を試してみるのがおすすめです。

このように、育毛剤には配合成分によってさまざまな効果が期待できます。ただし、ご自身の薄毛がどのような原因によって起こっているのか分からなければ、効果的な商品を選ぶことは難しいでしょう。まずは、AGA専門クリニックなどの医療機関を受診して症状を把握してから、自分に合った育毛剤を購入すると良いでしょう。

育毛シャンプーの正しい選び方

育毛シャンプーも、配合されている成分や、その配合量によって効果が異なります。こちらもまずはご自身の薄毛がなぜ起こっているのか把握したのちに、その原因の改善に対して効果的な商品を選びましょう。育毛シャンプーの効果は、以下のようなものがあります。

1. 皮脂の分泌を抑えるもの
特に男性は、女性に比べて皮脂の分泌量が多い傾向にあります。そのため男性用の育毛シャンプーには、皮脂の分泌や頭皮の炎症を抑える成分が配合されていることが多いようです。
2. 刺激の少ない界面活性剤が配合されたもの
ドラッグストアなどで購入できる安価なシャンプーには、高級アルコール系と呼ばれる洗浄力や刺激が強いタイプの界面活性剤が入っていることが多いです。一方、アミノ酸系の界面活性剤が使用されているシャンプーは、前者のようなシャンプーに比べて洗浄力がマイルドで刺激が少ないのが特徴ですアミノ酸系界面活性剤は育毛シャンプーに配合されている場合も多く、頭皮環境の改善に効果が期待できるといわれています。特に、乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。
3. 育毛効果が期待できるもの
育毛シャンプーの中には、直接育毛を働きかけるといわれる成分が入っている場合もあります。ただしこれは育毛剤などと違い、シャンプーは洗い流すものなので過度の期待は望めないようです。

先述したとおり、育毛シャンプーは頭皮環境を整える効果が期待できるヘアケア商品です。ボトルの成分表を見て、どのような成分が入っているのか確かめてから購入するようにしましょう。また一部のAGA専門クリニックなどでは、クリニックオリジナルの育毛シャンプーを扱っているところもあります。ご自身に合うシャンプーがわからない場合は、クリニックで相談してみるのも良いかもしれません。

薄毛にはどっちを使えば良い?

結論からいうと、育毛剤と育毛シャンプーはそれぞれ役割が違うのでどちらが良いというわけではありません。育毛目的であれば育毛剤だけを使えばいいと思われがちですが、育毛剤は育毛シャンプーと違い医薬品として販売されている場合があります。処方箋が必要な育毛剤や、人によっては副作用が出るケースも存在します。初めて購入する場合は体質に合わなかったり、満足いく効果が得られなかったりすることも考えられますので、まずは育毛シャンプーから使ってみると良いでしょう。

育毛において大切なことは、髪が育ちやすい頭皮環境を作ることにあります。頭皮に皮脂が多かったり逆に乾燥していたりと、頭皮環境が悪い状態では高級な育毛剤を使用しても十分な効果を発揮しにくいといえるでしょう。まずは育毛シャンプーで頭皮環境を整え、その後のステップに備えることが大事ですね。

また効果が期待できる育毛剤は5,000円~10,000円程であるのに対し、育毛シャンプーは3,000円~5,000円程度のものが多いので、比較的手を出しやすいのもメリットといえます。

育毛剤と育毛シャンプーは併用が効果的

育毛シャンプーによって頭皮環境が改善されたと感じたら、次のステップとして育毛剤との併用を検討してみましょう。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えて髪が抜けにくい状態を作り、育毛剤で頭皮の栄養不足や血行不良を改善して髪を育てる。このように育毛シャンプーと育毛剤を使い分けることが、効果的に育毛を行う秘訣といえます。

育毛剤やシャンプーだけでは満足できない場合は?

育毛剤と育毛シャンプーは、それぞれ異なる役割を持ったヘアケア商品です。“どちらか一方だけが薄毛改善に対して効果的”ということはありません。薄毛の原因によって使い分け、時には併用することで改善が期待できるでしょう。

ただし、薄毛の原因がわからないまま育毛剤や育毛シャンプーを使い続けていても、AGAなどホルモンが原因の薄毛には根本的解決には至りません。まずは薄毛治療を専門とした病院や皮膚科などで診断を受け、ご自身の薄毛がなぜ起こっているのか知ることが重要です。 薄毛の原因がAGAであれば、AGA治療専門の病院で適切な治療を受けることが改善の近道になります。

東京のJR秋葉原駅から徒歩4分に所在する薄毛治療専門病院【AGAヘアクリニック】は、薄毛治療の実績と経験が豊富な医師ばかりが在籍しているほか、診察が何度でも無料で受けられます。育毛剤も育毛シャンプーも薄毛改善における選択肢のひとつといえますがAGA治療専門の病院も含めて、かしこく利用することが効果的といえるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について