このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】学生必見!高校生世代にフケが起こりやすいワケと改善策を伝授します!

女性専用の薄毛治療について
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

肩や首元にパラパラと落ちる白いフケの発症は、誰しもが避けたいものですよね。とりわけ高校生の場合、黒色や紺色の制服を着る機会が多く、フケには敏感になりがちです。

ただでさえ何事にも敏感な思春期なのに、高校生は比較的フケができやすい年頃だといわれています。しかしその理由を知って厄介なフケを予防できたら、少し気分も変わりますよね。今回のAGAタイムスではフケの原因と、すぐにでもトライできる対策についてご紹介していきます。フケが気になる方はぜひ、最後までご覧ください!

フケができる原因とは?

厄介なフケの正体、それは剥がれ落ちた頭皮の角質です。頭皮に限らず人間の肌は日々新しい細胞が生まれ、古くなった細胞が剥がれ落ちていきます。この一連のサイクルを「ターンオーバー」といい、ターンオーバーのスピードが何らかの理由によって早まったときに、一度にたくさんの頭皮の角質が剥がれ落ちることがあります。これがフケの正体です。

健康な頭皮を保っていても、目に見えないぐらいの小さなフケは誰にでも生じており、その場合は心配ありませんが、目で見てわかるほどのフケが発生している場合は、頭皮環境の悪化が考えられます。また悪化の仕方でフケのタイプも異なり、大きく分けると「乾性フケ」と「脂性フケ」の2つに分類されます。

次の章では、この2つのフケの特徴とその主な原因を解説します。

パラパラした乾性フケ

乾性フケとは細かくパラパラしたフケのことで、主に頭皮が乾燥している場合に発生します。頭皮が乾燥すると角質の結合力が弱まり、細かなフケとなって剥がれ落ちてしまいます。ではなぜ頭皮が乾燥するのでしょうか? それには次の理由が考えられます。

  • 1. 外気の乾燥による影響
  • 2. 洗浄力の強いシャンプーの使用
  • 3. シャンプーする回数の多さ
  • 4. 不潔にしていることが原因の真菌の増加(マラセチア菌など)
  • 5. ストレスからくる身体の不調

これらは頭皮乾燥の主な原因。本来ならフケを予防するシャンプーなのに、その成分が頭皮に強すぎたり、1日のシャンプー回数が必要以上に多い場合は、頭皮の皮脂を過剰に落とし乾燥を招く場合があります。乾燥が原因で頭皮環境が悪化すると、血行も悪くなり栄養素が十分に行き渡らない状態にもなりかねず、育毛に悪影響を及ぼす可能性も高くなってしまいます。

ベトベトした脂性フケ

脂性フケはベトベトした湿り気のあるフケで、頭皮にくっ付いてかゆみを伴うこともあり厄介です。特に男性は女性に比べて皮脂を分泌する皮脂腺の活動が活発で、この脂性フケに対する注意が必要。脂性フケは乾性フケと違って、2つの悪条件の相互作用で発生するといわれています。その悪条件とは皮脂の増加と真菌であるマラセチア菌の増殖。2つのうち、どちらか1つでも抑制できれば脂性フケの発生予防につなげることができます。

頭皮の皮脂増加の原因として、主に以下のことが考えられます。

  • 1. 汚れた頭皮を洗わない日が頻繁に続く
  • 2. 洗浄力が強すぎるシャンプーの使用
  • 3. 糖分や脂肪分が多い食事の過剰摂取

まず、汚れた頭皮を洗わずに放置した場合、皮脂や汗は残ったままです。頭皮の皮脂や汗は毎日分泌されるため、洗い流さない限り溜まる一方。それが頭皮環境の悪化を招く要因になります。また「洗浄力が強すぎるシャンプーの使用」は、前項では乾燥の原因でしたが、実は皮脂の過剰分泌の原因にもなります。その理由は、洗浄力の強いシャンプーで洗髪し頭皮が乾燥状態に陥ると、自然と体が頭皮を皮脂不足と判断し、皮脂を必要以上に分泌しはじめます。すると頭皮の皮脂が過剰分泌され、結果、脂性フケの原因へとつながります。そして糖分や脂肪分が多い食事の過剰摂取は、体内で分解されるはずの脂肪分が分解されきれず、頭皮から老廃物として分泌されるおそれがあります。

この他にも男性ホルモンの分泌過多も原因の一つに考えられます。また夏は汗とともに皮脂の分泌量も多くなりますので、シャンプーや食事などを工夫してみましょう。

学生時代にフケが出やすいワケとは?

このようにフケは頭皮状態の悪化を知らせる体からのサイン。では冒頭で述べた「高校生世代にフケが出やすいワケ」とは一体何でしょうか? それには次のような原因が挙げられます。

1. 新陳代謝が活発
若い頃は新陳代謝が非常に活発。そのため頭皮の皮脂分泌も活発な状態で、フケが起こりやすいといわれています。
2. ストレス
高校生になれば将来を左右する選択に迫られることも増えます。部活動やアルバイトなどで人間関係が広がり、悩みやストレスを抱える人もいます。ストレスは自律神経を乱し血管収縮の要因にもつながり、血管の収縮は頭皮の血行にも悪影響を及ぼしかねず、フケの原因のひとつになる可能性があります。
3. 洗浄力が強いシャンプーを好む
“泡立つシャンプーがよいシャンプー”というのは、必ずしも正解ではありません。むしろ泡立ちがよいシャンプーは洗浄力が強いものが多く、洗浄力が強いシャンプーは頭皮に対する刺激が強い商品もあります。頭皮に必要な皮脂まで洗い流し、乾燥の原因になるため注意が必要です。また頭皮が乾燥すると自己防衛機能が働き、皮脂不足を補うためにより多くの皮脂が分泌され、結果、頭皮がベタベタになることがあります。
4. ヘアケア剤の使用
思春期真っ只中の高校生はおしゃれにも敏感です。様々なヘアスタイルに挑戦する方もいると思いますが、ヘアスプレーやヘアワックスなどの整髪料を過剰に使用すると、成分が頭皮の毛穴に詰まる場合があります。毛穴が詰まると細菌が溜まったり、整髪料の成分で炎症を起こすアレルギー体質の方も稀にいるため、フケを助長する原因になることがあります。整髪料は1日の終わりにしっかりと洗い流しましょう。

高校生のフケ予防にはどんな対策が効果的?

それでは最後に、フケの予防策と改善策をご紹介します。高校生など皮脂分泌が盛んな年代の方だけでなく、フケにお悩みの方も参考にしてみてください。

1. 新陳代謝が活発
若い頃は新陳代謝が非常に活発。そのため頭皮の皮脂分泌も活発な状態で、フケが起こりやすいといわれています。
2. ストレス
高校生になれば将来を左右する選択に迫られることも増えます。部活動やアルバイトなどで人間関係が広がり、悩みやストレスを抱える人もいます。ストレスは自律神経を乱し血管収縮の要因にもつながり、血管の収縮は頭皮の血行にも悪影響を及ぼしかねず、フケの原因のひとつになる可能性があります。
3. 洗浄力が強いシャンプーを好む
“泡立つシャンプーがよいシャンプー”というのは、必ずしも正解ではありません。むしろ泡立ちがよいシャンプーは洗浄力が強いものが多く、洗浄力が強いシャンプーは頭皮に対する刺激が強い商品もあります。頭皮に必要な皮脂まで洗い流し、乾燥の原因になるため注意が必要です。また頭皮が乾燥すると自己防衛機能が働き、皮脂不足を補うためにより多くの皮脂が分泌され、結果、頭皮がベタベタになることがあります。
4. ヘアケア剤の使用
思春期真っ只中の高校生はおしゃれにも敏感です。様々なヘアスタイルに挑戦する方もいると思いますが、ヘアスプレーやヘアワックスなどの整髪料を過剰に使用すると、成分が頭皮の毛穴に詰まる場合があります。毛穴が詰まると細菌が溜まったり、整髪料の成分で炎症を起こすアレルギー体質の方も稀にいるため、フケを助長する原因になることがあります。整髪料は1日の終わりにしっかりと洗い流しましょう。

高校生のフケ予防にはどんな対策が効果的?

それでは最後に、フケの予防策と改善策をご紹介します。高校生など皮脂分泌が盛んな年代の方だけでなく、フケにお悩みの方も参考にしてみてください。

1. シャンプーは1日1回
頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を防ぐためにも、1日に何度も髪を洗うことは避けたほうがよいでしょう。ただしスポーツの後や、海水浴の後など、特別に頭皮や髪の毛が汚れた場合は例外です。
2. 低刺激タイプのシャンプーを使用する
頭皮の乾燥を避けるためにも、なるべく頭皮への刺激が少ないシャンプーを使いましょう。どのようなシャンプーがよいのかわからない場合は、薬局や医療機関で相談してみるのも一つの方法です。
3. 整髪料の使用を控える
フケが多く発生しているときは整髪料を使用するヘアスタイルはなるべく避け、自然な雰囲気のヘアスタイルにしてみましょう。せっかくのスタイリッシュなヘアスタイルもフケが目立っては魅力が半減します。頭皮状態の回復を待ちましょう。
4. バランスのよい食事、適度な運動、良質な睡眠
生活習慣の改善は、フケ以外にもニキビや肌荒れなど、高校生が持つ悩みに対して有効です。野菜や果物、肉、魚をバランスよく食べ、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を行い、夜はできるだけ早く就寝するなど、規則正しい生活を心がけましょう。 
5. 抗真菌治療
脂性フケの場合、マラセチア菌の増殖も原因の一端。菌の増殖を抑える抗真菌治療が有効なので、症状がひどい場合は医師に相談することをおすすめします。驚くほどあっさりと解決する例もあります。

フケ予防は難しいことではありません。原因と対策をおさえ、日々の生活を見直すことで改善できる場合もあります。尋常ではないフケの症状に悩んでいるのなら、医療機関を受診することをおすすめします。

まとめ

フケの発生には必ず原因があります。ストレスあるいはシャンプーの成分など、その原因は様々ですが、原因を特定し改善すれば、それほど重症になることは少ないでしょう。自身の生活を見直してもフケが治らない場合には、他に何らかの原因が潜んでいることが考えられるので、一度医師に診察してもらった方がよいかもしれません。

一度きりの青春時代ですから、スッキリとした頭皮を保つためにも生活習慣を見直し、楽しい時間を過ごしましょう!

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について