このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】キレイにしてても安心できない? 2つのフケタイプと改善方法をご紹介

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

ビジネスや恋愛など、あらゆる局面において初対面の印象は大切です。第一印象の良し悪しによって、その後の関わり方が決まるといっても過言ではありません。だからこそ初対面において不潔な印象をあたえるのは避けたいところです。その中でも「フケ」はとくに不潔な印象を持たれがちなネガティヴ要素のひとつ。フケの原因によっては強いかゆみを伴うこともあり、意識せずに頭を掻いてしまうと第一印象もよくありません。

毎日欠かさずシャンプーをして清潔に保っているつもりの人でも、フケが発生する可能性はあります。その理由は、思わぬ生活習慣の中に潜んでいます。今回AGAタイムスは、フケが出る原因や対策法を詳しくご紹介します。

フケの種類とその原因

フケは頭皮から発生する老廃物です。頭皮の新陳代謝により、とどまっていた古い角質が剥がれ落ちることで、フケが発生します。これは頭皮の「ターンオーバー」といい、誰にでも起こりうる現象です。しかし頭皮環境の悪化などが原因でターンオーバーが乱れてしまうと、大量のフケを招く場合があります。

フケには大きく2つの種類があり、それぞれ見た目や原因が異なります。予防方法や治療内容も違うので注意が必要です。

◼︎乾性フケ
その名の通り、頭皮の乾燥が原因で発生するフケの総称です。乾燥肌や敏感肌の人に多い症状といわれています。さらに秋冬になると、湿度の低下に伴い頭皮も乾燥しがちになるため、この乾性フケが出やすくなります。
◼︎脂性フケ
乾性フケに比べて湿り気があるのが特徴です。ニキビができやすい人や脂性肌の人に多くみられる症状です。またこのフケは「マラセチア菌の増殖」と「皮脂量の増加」の2つが相互に作用して発生するといわれています。マラセチア菌とは、健康な人の頭皮にも存在する真菌の一種です。皮脂をエサとするため、皮脂量の多い頭皮はマラセチア菌が増殖するうえで、格好の住処となってしまうのです。

2つの種類のフケは、見た目からして大きく異なるので、見極めは比較的容易です。ただし、どちらのフケも頭皮環境の悪化やかゆみを引き起こす可能性があります。

乾性フケの対策とは

乾性フケの対策は頭皮を乾燥させないこと。保湿を心がけたヘアケアが大切です。   

1. 頭皮の乾燥予防にはアミノ酸系シャンプーがおすすめ
市販されている安価なシャンプーの多くは、「ラウレス硫酸Na」や「ラウリル硫酸Na」などの、高級アルコール系に分類される界面活性剤(洗浄剤)が使用されています。しかし、高級アルコール系の界面活性剤は洗浄力が強いため、体質や気候次第では頭皮の乾燥を招きかねません。一方でアミノ酸系の界面活性剤は、洗浄力がやさしいことが特徴です。だからこそ、乾燥肌や敏感肌が気になる方でも、比較的安心して使用することができるのです。
2. パーマやカラーは適度におこなうこと
パーマやヘアカラーの施術に使用する薬剤が頭皮に付着すると、炎症や湿疹を起こす場合があります。それらの頭皮環境の乱れが、乾燥につながる可能性があります。特に髪や頭皮が傷んでいると感じる場合は、施術を少し控えたほうがよいでしょう。
3. ヘアケア用品で頭皮を保湿すること
湿度が低下する秋や冬は、乾性フケが発生しやすい季節といわれています。そういった時期は、特に念入りに頭皮を保湿して乾燥を予防しましょう。外出時に帽子をかぶることも、乾燥から頭皮を守るうえで有効です。

フケが発生すると、髪や頭皮を洗い流すためにシャンプーの回数を増やしがちです。しかしそれでは、たとえ洗浄力がやさしいシャンプーを使用していても、皮脂を洗い流しすぎる恐れがあります。適度に皮脂が残っている状態が、頭皮環境にとってはベストな環境といえるので、シャンプーの回数は1日1回にとどめましょう。

脂性フケの対策とは

脂性フケの原因は「皮脂の過剰分泌」と「マラセチア菌の増殖」にあるので、この2つを予防することが重要になります。

1. シャンプーはなるべく就寝前に
日中に分泌された皮脂を残したまま眠ると、夜の間に頭皮環境が悪化することが考えられます。そのためなるべく就寝前に入浴し、シャンプーで皮脂をきれいに洗い流しましょう。
2. 抗真菌作用のある薬用シャンプーを試す
マラセチア菌の増殖も、脂性フケを招く原因のひとつです。そのため、脂性フケの予防や改善には、抗真菌作用を持った薬用シャンプーがおすすめです。一部の薄毛治療専門クリニックや皮膚科では、「ケトコナゾール」と呼ばれる抗真菌作用を持った成分を配合したシャンプーを処方しています。市販の薬用シャンプーよりも高い効果が期待できるので、選択肢のひとつにしてよいでしょう。
3. 脂漏性皮膚炎を発症している場合は病院へ行く
脂漏性皮膚炎の発症が、脂性フケを招いている可能性もあります。脂漏性皮膚炎とは、マラセチア菌の代謝物が頭皮に炎症を起こす症状です。皮脂が酸化して悪臭を発したり、強いかゆみを伴うこともあります。この症状はステロイドや内服薬でマラセチア菌の増殖を抑えることで改善が期待できます。そのため脂性フケや炎症がひどい場合は、お近くの病院に相談することをおすすめします。
4. ドライヤーは丁寧に
入浴後に髪が濡れた状態で長時間放置すると、多湿を好むマラセチア菌の増殖を招きかねません。髪や頭皮の環境を良好に保つためにも、丁寧にドライヤーで乾かしましょう。
5. 脂肪分の多い食事は避ける
皮脂の過剰分泌は、食生活が影響している可能性もあります。できるだけ脂質の多い食事を控え、野菜や発酵食品などを優先して食べることをおすすめします。この他にも、睡眠や運動などの基本的な生活習慣の見直しも、皮脂の分泌量を抑えることにつながります。

もしフケが発生したら

乾性フケと脂性フケ。同じフケであっても原因が異なるので、それぞれに適した予防・改善策をおこなうことが大切です。誤ったフケ対策をおこなうと、症状が悪化する場合も考えられます。もしフケが出てきた場合、まずはそのフケがどちらのタイプなのか知ることから始めましょう。フケの種類が分からない場合や、原因に心当たりがないときは、お近くの皮膚科などで診断してもらいましょう。そして日頃から、食事、睡眠、運動などの生活習慣を意識して予防することも重要です。

フケが発生している状態は、頭皮環境が著しく悪化しているともいえます。そのような状態が続くと、フケやかゆみだけでなく、薄毛や抜け毛を招く恐れもあります。フケが発生したら放置せず、早めに対策をおこないましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について