このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】生活習慣の乱れで増える? 白髪の原因と改善策

女性専用の薄毛治療について
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

女性はもちろん、男性でも気になる白髪の本数。黒髪の方は特に目立ってしまいますよね。白髪はヘアカラーなどで一時的に対処できたり、特に害はないからそのまま放置なんて方も多くいます。白髪は決して加齢のせいだけとはいえません。若くして白髪が増えてきた場合、生活習慣の乱れなどが体に影響を及ぼしているかもしれないのです。そこで今回のAGAタイムスは、白髪の原因と思われる事柄を解説し、今日からできる白髪予防についてご紹介します!

白髪の原因とは

これだけ医療が発達した今でも、白髪の発生メカニズムについては完全に解明されていません。しかし髪が生まれる過程で色素が定着する仕組みが明らかになってからは、ある程度までは解明できました。

日本人に多い黒髪のほか金髪や栗色髪など、人間の毛髪に色素が定着するのは、表皮の基底層に存在するメラノサイトという細胞が生成した「メラニン色素」の影響によるものです。毛母細胞から髪が生まれた時点では、すべての髪が白髪の状態ともいえます。そこにメラニン色素が定着することで、黒や茶といった髪色に変化していきます。ところがなんらかの原因によってメラノサイトの働きが低下したり失われた場合、メラニン色素の生成が滞ってしまうことがあります。それによって色素が定着せず、白髪のまま発毛してしまうのだと考えられています。

体が健康な状態であればメラノサイトが一時的に減少したとしても、色素幹細胞の自己複製機能によって再生するといわれています。しかしそのシステムに支障が出ると、年齢を問わず白髪が増えていく可能性が高くなるのです。

若白髪は遺伝する?

若白髪は遺伝のせいだという噂も耳にすることがありますが、一部の病気を除けば医学的に証明されているわけではありません。ただし髪や肌の色に関しては、医学的にも遺伝的要素があると考えられています。両親が黒髪で子供が金髪、などという状況がほぼ起こらないのはこのためです。

遺伝以外にも、家族であれば生活習慣に共通した部分は必然的に多くなります。体質が似てきたとしても、おかしくはありませんよね。このような見解からも、若白髪の有無が遺伝によって決まるとは断定できず、食事や生活リズムなども影響を与えているのではないかと考えられています。

ストレスで白髪は増える?

ストレスも、白髪との関連性が疑われる要素のひとつです。

老化現象の仮説に「フリーラジカル説」というものがあります。フリーラジカル説では、ストレスによって体内で発生した「活性酸素」が、細胞のDNAを損傷して体の老化を早めることでメラノサイトがダメージを受けて白髪が増えると考えられています。その他にも、エラー説やプログラム説など仮説は多くありますが、白髪や老化の仕組みは複雑なため、どれかひとつの説だけで説明できるものではありません。

ストレスは、白髪以外にも心身に様々な悪影響を及ぼすといわれています。現代社会の中でストレスを完全に排除することは難しいかもしれませんが、できるだけ溜めずに発散することを意識しましょう。

加齢で白髪が増えるのは自然なこと

老化とともに体が衰えることで、メラノサイトや色素幹細胞の働きも緩慢になります。その影響でメラニン色素の生成がおこなわれなくなることが、加齢で白髪が増える原因と考えられます。老化現象は人間なら誰しも起こりうるものなので、加齢による白髪を完全に防ぐことは難しいといえます。

しかし、老化のスピードを抑えることは完全に不可能ではありません。そのためには適切な栄養素を摂取することが大切です。魚や大豆食品、生野菜、果物、ナッツ類などには抗酸化作用を持つ栄養素が含まれているため、老化予防に効果が期待できます。また“体の糖化”も、老化を招く要因といわれています。糖の吸収を抑制する食物繊維を積極的に摂取したり、糖質を多く含む食品を控えるなどして、予防していくと良いでしょう。

頭皮ケアで白髪を予防

頭皮環境が悪化してしまうと、白髪や薄毛のリスクを増大させかねません。そのため、以下のような方法で日常的にケアすることが大切です。

■頭皮の血行促進
毛母細胞やメラノサイトに対して栄養素や酸素が十分に行き渡りやすくなるように、頭皮のマッサージで血行を促進しましょう。また、食生活の乱れや過度な喫煙などは血行不良を引き起こす恐れがあるため、できるだけ改善したほうが良いでしょう。
■頭皮の保湿
頭皮が乾燥すると、フケやかゆみの原因になる場合があります。特に乾燥肌の方は、頭皮の保湿ケアを意識しましょう。外出する際に帽子をかぶるだけでも、紫外線ダメージや乾燥予防の効果が期待できます。乾燥の原因は多くありますが、シャンプーが影響を及ぼすこともあります。1日のうちに何回もシャンプーすると、皮脂の取りすぎで頭皮が乾燥してしまう恐れがあります。

十分な睡眠で身体を回復

睡眠は、体のダメージを修復するために必要不可欠です。なぜなら睡眠中は、体の成長や回復を促す成長ホルモンが多く分泌されるからです。特に入眠後から約3時間は、その分泌量がもっとも多くなるといわれています。そのため睡眠時間が極端に短い生活を続けていると、成長ホルモンの分泌量が減少して、体にダメージが蓄積してしまう恐れがあるのです。メラニン色素を生成するメラノサイトも細胞の一種であるため、そういった睡眠不足の影響を受けて機能に不具合が出ることも考えられます。眠れる時にしっかり眠ることも、白髪予防につながるといえます。

バランスの良い食事が健康的な髪を生む

体に必要な栄養素や水分が不足することも、白髪が増える原因になる恐れがあります。メラニンの生成にはアミノ酸の一種である「チロシン」と「チロシナーゼ」が必要だといわれているので、白髪が気になる場合は意識的に摂取すると良いでしょう。大豆、チーズ、鰹節、ピーナッツなどは、チロシンを多く含む食材なのでおすすめです。

適度な運動で体質改善

血行不良の改善は、頭皮だけでなく体全体に目を向けておこなうことが大切です。そのためには、全身運動で有酸素運動でもあるジョギングやウォーキング、スイミングなどが非常に効果的です。景色を眺めながら野外でおこなう運動は、気持ちが良く開放的な気分を得ることができます。

運動は血行不良の改善だけでなくストレスの解消にも有効と、まさに一石二鳥です。1日15分〜30分程度で構いませんので、なるべく時間を見つけて体を動かす習慣を身につけましょう。健康増進は白髪予防にも効果が期待できます。

まとめ

髪に色素が定着しないまま発毛してしまうことが、白髪の原因と考えられます。そのメカニズムは完全に解明されていないとはいえ、頭皮環境や生活習慣の乱れが何らかの影響を及ぼしている可能性があります。今回ご紹介したような白髪予防策はすぐにできるものばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果