このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】薄毛で髪にボリュームが出ない悩みに。女性向けウィッグ活用術

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛や抜け毛は男性に多い悩みと思われがちです。じつは同じ悩みを抱える女性も少なくありません。男性のように部分的な薄毛になることは少ないものの、髪の毛のボリュームダウンによって思い通りの髪型ができなくなるのは、大きな悩みといえます。

今回のAGAタイムスは、女性の薄毛対策にも使える「ウィッグ」の活用方法についてまとめました。根本的な薄毛解決にはならないものの、ウィッグで髪型をカバーしつつ治療を受けることで、薄毛のコンプレックスを緩和することができるでしょう。

代表的な脱毛症の種類

はじめに「脱毛症」といわれる病気について、いくつかご紹介します。

1. 円形脱毛症
自己免疫疾患により引き起こされるといわれる脱毛症のひとつで、年齢や性別問わず生じることがあります。部分的に小さい範囲の髪が抜け落ちることもありますが、重症の場合には脱毛斑が広範囲にわたることもあります。
2. トリコチロマニア(抜毛症)
抑えきれない衝動から、自らの毛髪を引き抜いてしまうことによって起こる脱毛症です。学童期に多く発症し、中でも女児によく見られるといわれています。
3. 瘢痕(はんこん)性脱毛症
髪の根元にある毛包が破壊され、消失してしまうことで起こる脱毛症です。ケガや感染のほか、サルコイドーシスと呼ばれる疾患などが原因だといわれています。
4. AGA(男性型脱毛症)
男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、体内で生成される酵素と結合して生成される悪玉ホルモンにより、髪の発毛サイクル(ヘアサイクル)に悪影響が及ぶことで起こる脱毛症です。AGAと似た名前のFAGAとは関連性が薄く、女性には起こらない脱毛症とされています。

脱毛症の中には、原因が解明されていないものも少なくありません。もし急な抜け毛や薄毛の症状が出た場合は、状態が深刻になる前に、お近くの皮膚科やAGA専門クリニックで診断を受けることをおすすめします。

女性特有の抜け毛とは

脱毛症の中には“女性特有の抜け毛”と言える症状もあります。男性に起こる薄毛や抜け毛の多くがAGAという男性ホルモンの影響と考えられているのに対し、女性は出産や髪型などによって脱毛する場合があります。ただし、女性の場合でもホルモンバランスが崩れて女性ホルモンが減少すると、抜け毛に繋がる場合があります。

女性特有の脱毛症といわれる症状には、以下のようなものがあります。

1. 産後脱毛
女性は妊娠すると「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増加します。出産後は短期間ですが、変動の大きさによって体に異常をきたす場合があります。産後に起こる抜け毛も、そういった不調のひとつです。エストロゲンには、髪の成長期を延長する作用があるといわれています。分娩後にエストロゲンの値が正常に戻ると同時に、それまで成長期にとどまっていた髪の一部が、一斉に休止期(髪が抜ける状態)に移行します。その影響で、抜け毛が急激に増えると考えられています。この脱毛現象は、正式には「脱毛症」ではなく「急性休止期脱毛」に分類されます。
一般的に、この脱毛状態は半年以内に改善するといわれています。しかし育児のストレスや生活習慣の乱れによって、長引くケースもあるようです。さらに出産した女性の父親がAGAだと、脱毛が進行しやすいともいわれています。
2. FAGA(女性男性型脱毛症)
40代以降の女性に多い薄毛の症状です。細毛化や脱毛によって、頭髪全体のボリューム低下を招くことが特徴だといわれています。もともと髪が薄い「つむじ周辺」や「髪の分け目」は頭髪の中でも、特に症状が顕著にみられます。このFAGAは加齢の影響やストレス、ダイエットによる栄養バランスの偏りなどが原因で起こると考えられています。また近年ではAGAと区別してFPHL(Female Pattern Hair Loss)とも呼ばれています。
3. 牽引(けんいん)性脱毛症
髪を一定方向へ引っ張るような髪型を長期間続けることで発症しやすいといわれています。髪が引っ張られ続けることで頭皮に負荷がかかり、頭皮環境の悪化や毛母細胞の鈍化が起こる場合があります。体調や体質、頭皮の状態など様々な要因が重なり、結果的に抜け毛を招く恐れがあります。頭皮に負担をかけやすいとされる髪型には、ポニーテールやアップスタイルなどがあります。またエクステの長期使用も、牽引性脱毛症の原因になるといわれています。

ウィッグで薄毛をカバー

薄毛や抜け毛を招く脱毛症の原因は多岐にわたります。また脱毛症の原因が改善されたとしても、一度抜けてしまった髪が伸びるには時間がかかります。それは薄毛治療を受けていても同様です。改善を実感できるまでのあいだ、ずっと薄毛を気にして生活することは、大きなストレスを伴うこととなるでしょう。

そんな時、すぐに薄毛をカバーできるのが「ウィッグ」です。女性のファッションアイテムとして活用されているウィッグは、その種類も豊富です。中には薄毛をカバーするのに適したモデルもあります。

女性用ウィッグには頭部全体を覆うタイプのほか、気になる箇所だけボリュームアップできる「部分ウィッグ」などもあります。材質も複数あるため、使いどころに合わせて選ぶことができます。

ウィッグは種類によって価格帯も大きく異なります。ファッションウィッグと呼ばれる安価な商品から、高額な医療用ウィッグまであるので、自身の薄毛の状態と予算に応じたウィッグを購入しましょう。

ウィッグを使いこなすには

ウィッグを使いこなすために重要なのは、まずは着用感に慣れること。使用を開始してすぐは違和感を感じるかもしれませんが、使い続けるうちに馴染み、自然に使いこなせるようになってくるでしょう。

より自然な髪型を目指す場合は、行きつけのヘアサロンなどで美容師の方に相談してみるのもひとつの手です。サロンによってはウィッグのセット、またはカットにも対応してくれるところもありますので、一度問い合わせてみるのもよいといえます。

また着用の際のポイントとして、長時間の着用によるムレなども考えられます。外出から戻られた際は、必ず外して頭皮のケアも忘れないようにしましょう。もし痒みや炎症など気になる場合は、薄毛専門クリニックに相談することもおすすめです。

まとめ

ウィッグを有効活用すれば、一時的に薄毛をカバーして精神的な負担を減らす効果が見込めます。しかし、これは根本的な問題の解決策ではありません。薄毛を克服して髪を生やすためには、その原因を解明し、適切な治療をする必要があります。まずは薄毛の原因をはっきりさせるためにも、薄毛治療専門病院を受診してみると良いでしょう。

東京の秋葉原に所在するAGAヘアクリニックは女性の薄毛治療も行っております。診察室は全室個室、完全予約制のため他の患者様とも顔を合わせることがほとんどない設計となっており、女性でも通いやすい環境が整っております。薄毛が気になる方は是非一度、診察を受けてみてはいかがでしょうか。

また、それと同時に生活習慣を見直すなど、すぐできる薄毛予防も始めてみるのもおすすめです。ウィッグは、必ずしも万能な商品であるとは限りません。ウィッグを使用することに依存せず、ウィッグと上手に付き合いながら、薄毛の根本からの改善を目指しましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について