このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】切れ毛は薄毛の前兆か。切れ毛の原因から紐解く見直すべき生活習慣

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

毛先を見ていると、途中で髪の毛がプツンと切れてしまっているのを見つけたことはありませんか? いわゆる「切れ毛」と呼ばれるものです。

切れ毛というと傷んだ髪の毛が切れたものと思われがちですが、実は切れ毛が抜け毛になる過程で起こることもあります。放っておくと薄毛に繋がる恐れもあるので、もし原因が判明した場合には早めの対策が改善への近道となります。

今回は気になる切れ毛と抜け毛の関係についてご紹介します。

切れ毛の原因

まず、切れ毛につながる原因の一部をご紹介します。

1. 甲状腺ホルモン低下
甲状腺ホルモンは、喉の奥に存在する「甲状腺」から分泌され、髪の毛の成長を促進する働きがあります。しかし、分泌量が減少することによって健康な髪の毛が生えにくくなり、切れ毛を起こしやすくなります。
2. ダイエット
過度な食事制限によるダイエットも、髪の毛の成長や頭皮環境に悪影響を与えます。食事から十分な栄養を得られなければ、太くコシのある髪の毛に成長できず、切れやすく弱々しい髪になってしまいます。
3. 紫外線
紫外線を長期間浴び続けると、髪表面のキューティクルが剥がれやすくなります。キューティクルが剥がれてしまうと、内部のたんぱく質や水分が外に流れ出し、髪の毛がもろくなってしまいます。また紫外線が頭皮に当たると、髪の毛の元になる「毛母細胞」が傷つけられ、健康な髪の毛が生えにくくなります。
4. 乾燥
髪の毛が乾燥した空気にさらされると、キューティクルが剥がれやすくなります。また乾燥によって頭皮が水分バランスを崩してしまうと、炎症を起こして髪の毛の成長を阻害する場合もあります。
5. ヘアカラーやパーマ
パーマやヘアカラーの施術は成分を髪の毛に浸透させるために、薬品でキューティクルを強引に開きます。刺激も強いため、頭皮に薬品が長時間付着すると大きなダメージになりかねません。

抜け毛の原因

続いて、抜け毛の原因とされる代表的な例をご紹介します。

1. 食生活の乱れ
食事や睡眠、運動といった生活習慣の乱れは、栄養不足や血行不良などの原因になります。身体に栄養が足りなくなれば、髪の毛の成長にも影響が出る可能性があります。ファストフードやコンビニ弁当が中心の食生活を送っていませんか? なるべく栄養バランスのよい食事を摂るように心がけましょう。
2. 運動不足
一日中デスクワークなど、動くきっかけが少ない状況にある場合は、ひと駅分多く歩いてみるなど、日々できることから始めてみましょう。血行が良くなり基礎体力がつけば、生活の上でも体がラクに感じられるかもしれませんよ。
3. 睡眠不足
睡眠の質も大切です。人は寝ている間に身体の成長に関わる「成長ホルモン」を分泌します。睡眠不足で成長ホルモンの分泌が乏しいと、育毛にも影響が出る可能性があります。成長ホルモンは入眠後およそ3時間で分泌されるといわれています。しっかりまとまった睡眠時間を取るようにすることが大切です。
4. ストレス
慢性的にストレスを受け続けると、自律神経が乱れて血行不良を引き起こす可能性があります。
5. シャンプーの種類や方法
洗浄力の強いシャンプーの使用は、体質に合わない場合は頭皮の状態を悪化させる恐れがあります。そのまま使用し続けて1日に何度もシャンプーをすれば、皮脂を過剰に落としすぎて外からの刺激によるダメージを受けやすくなります。シャンプーをしてるのにフケやかゆみが止まらないと感じたら、一度シャンプーを変えてみるのはどうでしょうか? また、シャンプーやリンスをしっかり洗い流さないと雑菌の繁殖を招く場合もあるため、すすぎは丁寧に行いましょう。
6. AGA(男性型脱毛症)
男性の抜け毛の主な原因といわれています。悪玉男性ホルモンの影響で髪の毛の成長期間が極端に短くなってしまいます。すると新しく生える髪の毛が十分に成長する前に抜けて、次第に薄毛になるという症状があります。

切れ毛を放っておくと抜け毛に繋がる?

ここまで、切れ毛と抜け毛それぞれの原因についてご紹介しました。これらは一見無関係のように見えますが、実は抜け毛になる過程で、切れ毛が現れる場合もあります。

それは切れ毛がAGAの症状の一つ、「軟毛化」によって起こる場合です。軟毛化とは、新しく生える髪の毛の成長期間が短くなることで、髪の毛が十分に成長できず、細くコシのない状態になってしまうことです。軟毛化した髪の毛はダメージに弱く、健康な髪の毛に比べて切れ毛が起こりやすくなります。

もしも、最近抜け毛が増えた気がする。全体的に髪の毛のコシがなくなり細くなってきたかも。と気になることがある場合は、一度AGA専門のクリニックに相談されるのもよいかもしれません。

健康な髪の毛を育てるためには?

ここからは切れ毛や抜け毛を防ぎ、髪の毛を健康な状態に保つための方法をご紹介します。今すぐに行えるものばかりですので、是非実践してみてください! 

1.パーマやヘアカラーの回数を抑える
髪の毛や爪は、ダメージを受けても自己修復することはありません。そのため、パーマやヘアカラーの施術を頻繁に行うと、それだけ髪の毛にダメージが蓄積され切れ毛のリスクは増えます。髪の毛がパサついたり切れ毛や枝毛が目に見えて増えているようなら、施術の回数を抑えた方がよいでしょう。
2.栄養バランスを意識した食事をとる
過度な食事制限によるダイエットや偏食、ジャンクフードばかりの食生活では、栄養が偏って太くコシのある健康的な髪の毛が育ちにくくなってしまいます。ビタミンやミネラル、たんぱく質などバランス良く適量を摂取するようにしましょう。
3.紫外線を避ける
強い紫外線は髪のキューティクルにダメージを与えて、頭皮にも影響を及ぼす恐れがあります。1年の中でも特に5月〜8月は紫外線が強い季節といわれていますので、外出の際は帽子や日傘などで対策を行いましょう。
4.正しくドライヤーをかける
キューティクルは高温に弱いという特性を持っています。同じ箇所に長時間ドライヤーをあて続けると、髪の毛が痛む原因になりますので注意しましょう。反対に、髪の毛が濡れたままブラッシングしたり就寝したりすることも良くありません。髪の毛は濡れるとわずかに膨張し、キューティクルが開いた状態になります。この状態の髪の毛は刺激に弱く、ブラシや枕との摩擦でキューティクルが剥がれてしまう可能性があるので、入浴後は早めに髪の毛を乾かしましょう。
5.ブラッシングの手順に気を配る
絡んだ髪の毛を根元から強引にとかそうとすると、髪の毛が切れてしまうことがあります。髪の毛を毛先→中間→根元の順番でとかせば、絡みがとれるので負担を最小限にできます。特に長髪の方は試してみてください。

まとめ

抜け毛に比べ、切れ毛はどちらかといえば軽視されがちではないでしょうか。しかし今回、切れ毛が抜け毛の前兆になる場合があると分かりました。

たかが切れ毛と甘く見ず、この機会に生活習慣を見直しましょう。またヘアサイクルが乱れて髪の成長期が著しく短くなるAGAも髪が弱々しくなる原因になります。もし切れ毛や抜け毛の症状が顕著に現れたら、AGA治療専門の病院を受診することをお勧めします。

東京・JR秋葉原駅徒歩4分に位置するAGAヘアクリニックは診察や相談を無料で行っております。初診だけではなく再診も無料となりますので初診でAGAだと診断されても、一度時間をおいてご自身やご家族とじっくり考えてから再診・治療開始することも可能です。切れ毛や抜け毛が気になる場合は一度診察だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴