このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ポニーテールで抜け毛が増える? 女性に起こりやすい牽引性脱毛症の原因とは

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

男性でも女性でも、抜け毛や薄毛の悩みはあるものです。しかし男性と女性では、発症しやすい抜け毛や薄毛の傾向が違います。男性に多い薄毛といえば、男性ホルモンの影響で髪の生え替わりサイクルが乱れるAGA(男性型脱毛症)が有名です。一方で女性の場合は、生活習慣やホルモンバランスの乱れが原因で起こることが多いといわれています。

女性に多い抜け毛のひとつに「髪型」が招く、牽引性(けんいんせい)脱毛症と呼ばれる症状があります。発症すると抜け毛が増え、場合によっては地肌が見えるほど進行する恐れもあるといわれています。今回のAGAタイムスは、牽引性脱毛症の原因と対策についてご紹介します。

牽引性脱毛症とは

牽引性脱毛症とは、髪が長時間継続的に引っ張られることで、頭皮や毛根に負荷がかかり抜け毛や薄毛につながる脱毛症です。そのため髪を強めに結んだり、エクステを常時着用している女性がなりやすい症状だといわれています。牽引性脱毛症を招きかねない髪型としては、ポニーテールやツインテール、アップスタイルなど、髪を引っ張って束でまとめるような髪型があげられます。

このような髪型を長く続けていると、同じ箇所に負荷がかかり頭皮の血行不良を招く恐れがあります。血液は、体中の細胞に栄養や酸素を運ぶ役割を持っています。血行が悪くなると、髪を育てる細胞に十分な栄養が行き届かず、髪の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。これが牽引性脱毛症で髪が抜ける理由のひとつだと考えられています。

ロングヘアの女性は注意が必要?

髪を強めに結ぶ髪型以外にも、牽引性脱毛症を招く原因があります。なかでも、髪が長い女性は注意が必要かもしれません。

ロングヘアの女性は、髪の重さによって分け目に負荷がかかりやすくなっています。そのため同じ分け目を続けていると、分け目から牽引性脱毛症が進行する恐れがあります。また分け目は地肌が見えている場合が多く、紫外線のダメージを受けやすい場所です。ダメージが蓄積すると、頭皮トラブルにつながる可能性も否定できません。そのような頭皮トラブルが、薄毛や抜け毛を招く可能性があるのです。

すべてのロングヘアの女性が牽引性脱毛症になるわけではありません。抜け毛を起こしやすい頭皮状態には、前述の紫外線ダメージのほか、ストレスや生活習慣など様々な要因があります。予防するには分け目を変えるだけでなく、健康状態から見直すことがよいといえます。

牽引性脱毛症になりやすい髪型まとめ

以下の髪型は頭皮への負荷が比較的高いと考えられ、牽引性脱毛症のリスクがあるといえます。体質や髪をまとめる強さにもよりますが、頻繁にこういった髪型にしている方は、少し注意したほうがよいかもしれません。

1. ポニーテール
髪全体を後頭部に向かって引っ張るポニーテールは、頭皮への負荷が高いと考えられます。特に、前髪ごと後頭部でまとめる場合は、額の生え際など目立つ部分で牽引性脱毛症が起こる恐れがあります。
2. ハーフアップ
サイドの髪を後頭部でまとめるハーフアップも、負荷がかかりやすい髪型のひとつです。髪を引っ張る範囲は比較的少ないものの、強くまとめすぎると前髪からこめかみ周辺の頭皮に負荷がかかりやすくなります。
3. 三つ編み
三つ編みも、髪の根元からきつく編み込むと、頭皮に負荷がかかりやすくなります。なるべく髪の半ばから、ゆるく編み始めるようにしましょう。ツーサイドアップも同様に、根元への負担を意識するとよいといえます。
4. コーンロウ
髪の毛を根元から編み込み、強く引っ張る髪型です。全体を編みこんでいる場合はもちろん、一部分だけ編みこんでいる場合でも、その部分に牽引性脱毛症が起こる恐れがあります。またドレッドヘアの場合も髪の毛を絡ませて束を作るため、局所的に負担がかかりやすい髪型といえるでしょう。

このほか、近年ではエクステを利用して髪型を変えている女性も少なくありません。エクステのタイプによってはコーンロウのように髪を根元から強く引っ張る場合もあるので、頭皮の健康を考えるのであれば、利用は最小限にすることをおすすめします。

牽引性脱毛症対策で抜け毛予防

数回ほど負荷がかかりやすい髪型にしたからといって、牽引性脱毛症になるわけではありません。長い期間、一定の方向に髪を引っ張り続けるとリスクを高めることに繋がります。牽引性脱毛症を予防するには、定期的に髪型を変えたり、髪をまとめる位置を変えることでリスクを低減できると考えられます。

あわせて、頭皮の血行を促進することも大切です。牽引性脱毛症は頭皮への負荷が原因で発症するといわれているため、頭皮マッサージなどで負荷を和らげてあげましょう。そのほかウォーキングやジョギングといった、有酸素運動で体全体の血行を促進することも予防に繋がるでしょう。

まとめ

女性が薄毛になる原因は、生活習慣のなかに潜んでいます。牽引性脱毛症も、生活習慣が影響する薄毛や抜け毛の原因です。しかし原因がわかっているからこそ、普段から予防ができるともいえます。髪型や分け目を定期的に変えたり、頭皮マッサージで負荷を和らげてあげれば、牽引性脱毛症のリスク回避に繋がります。

女性の薄毛は、牽引性脱毛症だけが原因ではありません。女性ホルモンの減少や慢性的なストレスが抜け毛や薄毛に繋がる場合があります。さらに一部の病気による合併症の可能性も否定できません。もし薄毛や抜け毛の問題で悩みを抱えているようであれば、皮膚科や薄毛治療の専門病院に相談することをおすすめします。

東京の秋葉原に所在するAGAヘアクリニックでは相談や診察を何度でも無料で行っております。遠方にお住まいの方はビデオ通話での遠隔診療も可能ですので、是非一度お問い合わせください。抜け毛や薄毛の原因がわかれば、その後の治療やヘアケアも適切におこなうことができるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について