このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGAと白髪は関係がある?白髪が生えるメカニズムと薄毛・AGAとの関係

治療用シャンプーの効果とは
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

「白髪は抜くと増える」という噂を耳にした方は多いのではないでしょうか。髪のトラブルの中で白髪は薄毛などに比べて軽視されがちです。いざとなれば白髪染めで目立たなくさせることもできます。もし2、3本の白髪であれば抜いてしまう方も多いと思います。しかし“抜くと増える”という噂が本当なら、白髪を抜くことを少し躊躇してしまうでしょう。

白髪が生える原因についてはいまだに解明されていない点も多く、真偽不明の噂も多くあります。今回のAGAタイムスでは、現在わかっている白髪のメカニズムを解説し、噂の真相を明らかにしたいと思います。白髪の予防・改善に効果的な対策も紹介するのでぜひ参考にしてください。

白髪はなぜ生える?

髪の色を左右するのはメラニンと呼ばれる色素です。このメラニン色素の量によって髪の色が決まるといわれており、減少するにつれて色が薄くなっていきます。人種によって肌や髪の色が異なるのは、このメラニン色素がひとつの要因となっています。

メラニン色素が減少する原因は、発毛に関わる毛母細胞と隣り合って存在する色素細胞(メラノサイト)の機能低下だといわれています。色素細胞はメラニン色素を作り出す役割を持っているので、機能が低下すると髪に色素がつかず白髪になってしまうのです。

先天的に色素細胞がない場合、または少ない場合は、年齢に関係なく髪の色が薄くなるケースがあります。しかし一般的な白髪は後天的なものがほとんどです。加齢はもちろんストレスや生活習慣の乱れなどによって、色素細胞の機能が低下してしまうと考えられています。

色素細胞の機能が低下する原因

加齢は毛母細胞と隣り合う色素細胞の機能低下をもたらす原因のひとつです。50歳までに毛髪の約半分に白髪が起こる可能性は約50%だといわれています。また加齢以外にも、以下のような要素は色素細胞の機能低下を招くと考えられています。

1. 遺伝
色素細胞の機能が先天的に弱い場合は、若い人でも白髪が増える可能性があります。両親が若いころから白髪が多い体質だった場合は少し注意が必要かもしれません。
2. 慢性的なストレス
強烈なストレスによって一晩で髪が白くなってしまった話を聞いたことはありませんか? これはさすがに誇張した話でたった一晩で白髪になるような例は考えにくいです。しかしストレスと白髪に関しては全く関係がないとは言い切れません。人は強いストレスを受けると体内で活性酸素を生成します。活性酸素は細胞の老化を促進させる働きがあるため、白髪が増える原因になる可能性があります。これをフリーラジカル説といいます。ただしこの説だけで白髪のしくみを説明できるわけではありません。
3. 栄養不足
ジャンクフードやスナック菓子ばかりの食生活を送っていると、メラニン色素の生成に必要な栄養素が不足する恐れがあります。また過度な食事制限によるダイエットも栄養不足を招く原因になります。

白髪が増えるといわれる原因は様々ですが、細胞の老化を早めている人ほど白髪が増える傾向にあるといえるかもしれません。

白髪を抜いても増えることはない

結論からいうと、白髪を抜いたからといって白髪が増えることはありません。ただしその毛穴から生まれる髪はメラニン色素の供給が少なくなっている可能性が高いので、一度抜いたとしても次に生えてくる髪も白髪であると考えられます。そのため増えることはないものの減ることもないのです。

だからといって白髪を抜いてよいわけではありません。その理由は髪のヘアサイクルにあります。ヘアサイクルとは、髪が生まれてから成長して自然に抜け落ちるまでの周期のことです。個人差はあるものの1周はおおよそ2〜6年ほどといわれています。このヘアサイクルは無限に続くわけではありません。じつは毛穴毎にヘアサイクルの回数が決まっているのです。つまり無理に髪を抜くようなことをすると、それだけ毛根の寿命を縮めてしまう恐れがあります。

白髪を見つけたら?

毛根の寿命以外にも白髪を抜いてはいけない理由があります。そのひとつが細胞を損傷する可能性です。頭皮はとてもデリケートです。髪を無理に引き抜くと毛穴周辺の皮膚や血管、髪をつくる毛母細胞などの組織を傷つける恐れがあります。

どうしても白髪が気になる場合は、根元からカットするなどの対応が望ましいでしょう。本数が多いのであれば白髪染めも対策のひとつです。白髪といえども大切な自分の髪であることは変わりませんから大事に扱いましょう。

生活の中でできる白髪対策

白髪を100%防ぐ方法は残念ながら今のところありません。しかし日頃から少し気を配って生活することで、白髪の発生を遅らせたり少なくできる可能性はあります。その鍵は生活習慣の中にあります。

1. 健康的な食生活
栄養バランスのとれた食事は白髪の予防以外にも、体全体を若々しく維持するうえで大切な要素です。たんぱく質やビタミン、ミネラルなどまんべんなく栄養素を摂取することを心がけましょう。どうしても食事がおろそかになってしまう場合は、サプリメントで栄養を補うのもひとつの手段です。
2. 十分な睡眠
睡眠不足が慢性化すると成長ホルモンの分泌量が減少し、体にダメージが蓄積されやすくなります。そのダメージが色素細胞の機能低下を招く恐れがあります。成長ホルモンの分泌がもっとも活性化されるのは入眠後3時間ほどとされています。そのため睡眠の質を向上させることが大切です。光と睡眠には密接な関係があり、人は強い光を浴びると眠りづらくなります。寝る前はできるだけスマホやTVなど強い光を放つ画面を見ないようにするとよいでしょう。また部屋の明かりを入眠の1時間前くらいから徐々に暗くしていくと、眠りやすくなるといわれています。
3. ストレスを軽減する
強いストレスは細胞を老化させる活性酸素を生み出します。しかし完全にストレスがない生活を過ごすことは難しいでしょう。そこでいかにストレスを軽減できるかがポイントになります。趣味の時間やスポーツなど自分なりのストレス解消法を見つけましょう。ただしストレス解消といっても暴飲暴食は避けてください。激しい運動も活性酸素を減らすという意味ではあまり適切ではありません。筋トレや短距離走などの無酸素運動は、大量の酸素を必要とするために体内の活性酸素を増やす可能性があります。同じ運動ならジョギングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

薄毛と白髪は関係ある?

若いうちに白髪が多いからといって将来薄毛になるとは限りません。反対に白髪が多いからといって薄毛にならない保証もありません。なぜなら白髪と薄毛はそもそも起こるメカニズムが異なるからです。ただし生活習慣の乱れやストレスが影響する点など、一部で原因が似通っている部分もあります。そのため完全に関連性を否定することもできません。

薄毛も白髪も、加齢が原因の場合は防ぐことが難しいといえます。しかし生活習慣の乱れやストレスなどが影響して起こるものは意識次第で予防できます。体に悪い習慣はほとんどの場合で髪にもよくありません。日常生活での不摂生を見直し、薄毛や白髪のリスクを少しでも減らしましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果