このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】女性の薄毛の原因は?対策・対応方法まとめ

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

男女ともに、薄毛の悩みはあるものです。しかし男性と女性では、薄毛になりやすい場所や程度が異なります。男性の薄毛の多くは、つむじ付近や額の生え際など、特定の場所から進行します。一方で女性は、頭髪全体が薄毛になりボリュームが減ってしまうという特徴があります。

しかし症状によっては、女性でも部分的に地肌が見えるほど薄毛が進行してしまう場合もあります。“髪は女の命”といわれるほど、髪の毛は女性にとって大切なものといえます。ボリュームの低下はもちろん、地肌が見えるほどの抜け毛は避けたいはず。そこで今回は、女性が発症しやすい薄毛の原因を解説するとともに、予防・改善策についてもご紹介します。

男性と女性の薄毛の違い

男性と女性では、薄毛を招く症状や原因が異なるといわれています。まずは、その違いをみていきましょう。

【男性に多い薄毛の原因】
成人男性の場合、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる脱毛症が原因で、薄毛になるケースが多くみられます。AGAとは男性ホルモンの一種である悪玉ホルモン(DHT)が、髪のヘアサイクルに悪影響を及ぼすことで薄毛になる症状です。AGAの発症には遺伝や体質が影響するといわれています。その他に考えられる薄毛の原因としては、食事や生活習慣など複数の要因が挙げられます。これらは間接的に薄毛を助長する恐れがあります。
【女性に多い薄毛の原因】
成人女性の薄毛はFAGA(女性型脱毛症)と呼ばれています。これは病名ではなく、閉経による女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れが原因で起こる様々な薄毛症状の総称です。男性のように部分的な薄毛ではなく、頭髪全体のボリュームが低下するという特徴があります。

AGAの原因やメカニズムが比較的明らかになっている一方で、女性に起こる薄毛の原因は解明されていません。女性の薄毛は頭髪全体が薄くなる特徴があることから、医学的にはFAGAではなくFPHL(female pattern hair loss)と呼ばれることもあります。

過度なダイエットには要注意

極端なダイエットが招く薄毛も女性特有といえるかもしれません。髪もほかの細胞と同じく、食事から摂取した栄養素を取り入れて成長します。しかしダイエットによって、栄養バランスが偏ったり不足したりすると、髪の成長を維持できなくなってしまいます。さらに体の機能が低下したり、自律神経やホルモンバランスの乱れを招く恐れもあります。その結果、抜け毛が増えたり髪が細くなるなどの悪影響につながる可能性があるのです。

またダイエット中の女性のなかには、栄養素をサプリメントで補っている方もいるでしょう。しかし人間の体に必要な栄養素は数十種類以上あるため、サプリメンドだけで維持できるものではありません。ダイエット中であっても、食事からバランスよく栄養を摂取することを心がけましょう。くれぐれも食事を摂らないなどの無理なダイエットは控えてください。

そのほか、睡眠や運動をはじめとした生活習慣を整えることも重要です。健康に悪いことは、基本的には髪に対しても良くありません。睡眠や運動が不足すると、体にダメージが蓄積しやすくなったり、血行不良を招くなどの悪影響につながる恐れがあります。こういったことも、間接的に薄毛や抜け毛を助長すると考えられます。

女性に多い抜け毛の種類

そのほかにも、比較的女性に起こりやすい抜け毛はいくつか存在します。薄毛にお悩みの方は自身の症状と比べて、思い当たるものがないかチェックしてみてください。もし該当する症状があれば、AGA治療の専門クリニックに相談することもおすすめです。

1. 産後脱毛
妊娠中は母体や胎児を守るために、女性ホルモンが増加する傾向にあります。その影響から、普段よりも髪の成長期が長くなります。しかし出産後、必要のなくなった女性ホルモンが急激に減少することで、成長期にとどまっていた髪が休止期(髪が抜ける時期)に移行します。それにより短期間で抜け毛が増える場合があります。この産後脱毛は出産後数日ではじまり、およそ6ヶ月ほどでおさまるのが一般的といわれています。しかし体質や生活習慣によっては長引くケースもあるようです。
2. 脂漏性(しろうせい)皮膚炎による脱毛
頭皮の皮脂が過剰分泌されると、皮脂をエサにしているマラセチア菌(皮膚の常在菌)が異常繁殖する恐れがあります。このマラセチア菌の代謝物が頭皮に炎症を起こす症状を、脂漏性皮膚炎といいます。脂漏性皮膚炎を発症すると、ベタベタした脂性フケが出ることがあります。また場合によっては、強いかゆみをともなうこともあります。
3. 牽引性(けんいんせい)脱毛症
髪の毛を長いあいだ一定の方向に引っ張り続けることで、頭皮に負荷がかかり抜け毛につながる脱毛症です。ポニーテールやアップヘアなど、髪を引っ張るヘアスタイルの女性に多くみられるといわれています。頭皮環境や健康状態の兼ね合いもありますが、ヘアスタイルをこまめに変えたり頭皮マッサージで負荷をやわらげることが、牽引性脱毛症の予防につながります。
4. 円形脱毛症
円形脱毛症は、もっとも知名度が高い脱毛症といえるでしょう。軽症の場合は10円玉ほどの範囲で抜け毛がみられますが、進行すると脱毛範囲の拡大や頭髪以外の抜け毛が起こる恐れがあります。また症状が深刻になると、治療が長期にわたるといわれています。しかし円形脱毛症の原因については、まだ明らかになっていません。ストレスが原因という説が広まっていますが、これについては医学的に否定的な意見が多く、最近では自己免疫疾患によってリンパ球が毛根を攻撃してしまうことが原因という説が有力です。

ホルモンバランスを整えるには

女性の薄毛にはホルモンバランスの乱れが大きく関与しています。女性ホルモンの減少は髪への影響だけでなく、生理不順や肌の老化、代謝の低下、血管系の病気のほかストレスなど多くの不調につながるといわれています。

女性ホルモンを整えるためには、規則正しい生活習慣をおくることが大切です。栄養バランスのとれた食事、良質な睡眠、適度な運動を心がけることで、ホルモンバランスの改善が期待できます。

また女性ホルモンの働きをサポートするといわれる食材を、積極的に食べることも良いでしょう。なかでも大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た構造を持つため、ホルモンバランスの改善に一役買ってくれるでしょう。そのほかビタミンB6を含むカツオやマグロ、豊富な栄養素が含まれるアボカドも、女性の薄毛改善に効果的と期待されています。

最後に、睡眠の重要性についてご紹介します。睡眠中に分泌される成長ホルモンには、体の成長や回復を促す作用があります。この成長ホルモンは入眠後すぐの深い眠りの時に、もっとも多く分泌されるといわれています。眠りが浅かったり睡眠時間が極端に短いと、成長ホルモンが正常に分泌されずにダメージが体にたまりやすくなる恐れがあるのです。頭皮にダメージが蓄積されるほど、育毛に悪影響を与えてしまいます。

日々の睡眠時間を十分に確保することはもちろん、睡眠の質をあげる工夫もしてみましょう。なかでも、湯船に浸かって体を癒したり、就寝の1〜2時間前から徐々に部屋を暗くするといった方法はおすすめです。リラックスして眠れる環境を作ることが、睡眠の質をあげる秘訣です。また睡眠のメカニズムと「光」は密接な関係にあります。強い光をディスプレイから放つスマートフォンやパソコンの使用は、眠気を感じづらくなるといわれています。眠りにつく前は、なるべく強い光を浴びないようにしましょう。

まとめ

女性の薄毛を改善するためには、まず生活習慣を見直すことが有効です。健康に悪い生活は髪にとっても良くありません。規則正しい生活習慣をおくり、ホルモンバランスを整えましょう。それでも改善がみられない場合は、何らかの病気や頭皮トラブルが原因かもしれません。そのような場合は皮膚科や薄毛治療の専門病院に相談しましょう。女性の場合は特に、薄毛の悩みを他人に打ち明けづらいかもしれません。しかし相手が薄毛治療の知識と実績がある医師であれば、その不安も少なからず軽減されるでしょう。

東京・JR秋葉原駅徒歩4分に位置するAGAヘアクリニックでは男性の薄毛だけでなく女性の薄毛治療も行っております。全室個室の診察室でカウンセリングから診察、お会計までを済ませるため他の患者様と顔を合わせることはほとんどありません。また診察や相談は何度でも無料で受けることができますので、少しでも抜け毛が気になった方は是非一度、相談にいらしてください。遠方にお住まいの方で通うことが難しい方は遠隔診療も行っております。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴