このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ブラッシングの抜け毛を防ぐには? ヘアブラシの種類と正しい使い方

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

健やかな髪をキープするためには、毎日丁寧なブラッシングがかかせません。ブラッシングは髪型を整える以外にも、汚れを取り除いたり頭皮の血行をよくするなど、様々な役目があるからです。

しかし髪質に合わないヘアブラシを長年使用したり、間違った使い方をしていては逆効果になる場合もあります。髪や頭皮に思わぬダメージを与えてしまい、薄毛・抜け毛を招くきっかけにもなりかねません。今回のAGAタイムスは、そんなトラブルを未然に防ぐブラシの種類や活用法などをご紹介していきます!

薄毛でもブラッシングをした方がいい理由

ブラッシングは髪を清潔に保つために重要ですが、中には間違った使い方をしていると「髪の毛が絡まって切れたり、抜けてしまうのでは?」と、思われる方もいるかもしれません。しかしヘアブラシを正しく選んで使いこなせば、抜け毛を減らしたり薄毛予防にも十分に効果を発揮してくれるのです。

ではなぜ抜け毛や薄毛の予防につながるのか、そのひとつはシャンプー前のブラッシングで汚れを落とすことにあります。シャンプー前に頭髪についたホコリやフケなどを落とせば、シャンプーを使いすぎなくとも汚れをしっかりと洗い流すことができるようになります。シャンプーの使い過ぎは頭皮への負担にもつながりますので、効率よく洗うことができます。また髪の毛のもつれを解消して指通りをスムーズにできます。髪の毛の引っ掛かりを解消できれば、切れ毛や予期せぬ抜け毛の予防にもなります。

次に頭皮の血行促進効果です。ブラシの種類や使い方によっては、頭皮のマッサージが可能です。ブラシのピンが頭皮を刺激して、血行をよくする効果が期待できます。頭皮の血行促進は髪の毛に栄養を行きやすくすることができ、育毛や抜け毛、薄毛の予防にもつながるでしょう。逆にブラッシングをまったくしないでいると、髪の毛が絡まりやすくなります。無理矢理とかしてしまうと髪の毛や頭皮に負担がかかってしまい、頭皮状態が悪くなる場合があります。薄毛や抜け毛を気にしてブラッシングを避けていると、かえって薄毛や抜け毛によくない状態になりやすいともいえます。

一般的なヘアブラシの種類

ヘアブラシには様々な種類が存在します。その中から、どのような種類を選べば抜け毛や薄毛予防につながるのか、代表的なヘアブラシの種類をご紹介します。

1. ベントブラシ
ブラシの目が粗く、すき間があいているタイプで「スケルトンブラシ」とも呼ばれています。プラスチック素材のものが多く、手ぐしに近い感触で髪をとかすことができます。髪との摩擦が発生しにくいので、静電気もあまり起こりません。ブロースタイルを整えるのにも役に立ちます。髪が絡まりやすい方やダメージヘアの方、毛量が多い方に適しているといわれています。

【こんな人におすすめ!】

・髪が絡まりやすい人
・パーマヘアを崩したくない人
・ブローでスタイリングしたい人
2. ハーフブラシ
イギリスで誕生した通称「デンマンブラシ」は、ブラシ部分が半円状に盛り上がったヘアブラシです。髪をしっかりとかすことができるシンプルな形で、髪が絡まりやすい方でも使いやすいのがポイントです。ブラシ部分が比較的硬めなので、髪のボリュームを落ち着かせたりする場合に効果的です。

【こんな人におすすめ!】

・髪質がストレートの人
・髪が絡まりやすい人
・髪をボリュームダウンさせたい人
3. パドルブラシ
通常のブラシに比べ、ややサイズが大きいのが特徴の「パドルブラシ」。ブラシ面積が広いので、短時間でブラッシングすることができます。またクッション性が高く頭皮に優しいため、頭皮マッサージ用にも向いています。これらの特徴から、パドルブラシは抜け毛予防や育毛、頭皮ケアなどに効果が期待できます。また使い心地もよく、近年注目度が高まってきています。なかでもクッション部分に空気穴があいていて、弾力の高いものが人気のようです。

【こんな人におすすめ!】

・短時間でブラッシングしたい人
・抜け毛、薄毛が気になる人
・頭皮をマッサージしたい人
4. クッションブラシ
「クッションブラシ」という名の通り、ブラシ部分のクッション性が高く心地よい弾力が特徴です。またクッションブラシは、ブラシの毛先が丸くなっていることが一般的です。ブラシ部分の中央が盛り上がり、髪や頭皮に当てやすい作りになっているのもポイントです。シャンプー前に使えば、髪についたゴミを取り除いたり髪をまとめる時にも使いやすいブラシです。さらにパドルブラシ同様、頭皮マッサージにも適しているといわれています。

【こんな人におすすめ!】

・切れ毛・枝毛が気になる人
・髪質が柔らかい人
・髪にツヤを与えたい人

このようにヘアブラシと一括りにしても、種類によって効果は様々です。自分が使っているヘアブラシが目的に合っているのか、改めてチェックしてみましょう。

薄毛・抜け毛予防に効果的な素材はこれ!

薄毛や抜け毛が気になる方は、形状だけでなく、ピン(毛の部分)の素材にも注目しましょう。安価なブラシの大半を占めるナイロン製から、豚やイノシシなどの獣毛製、さらには新素材「セシオン」製などピンの素材もたくさんあります。頭皮ケアに適した素材を選べば、薄毛や抜け毛が気になる方の心強い味方になってくれることでしょう。ぜひチェックしてみてくださいね!

1. ナイロン製
一般的なヘアブラシで多いのはナイロン製です。水洗いできるため、常にブラシを清潔に保てることがメリットです。また安価で購入できるのも魅力といえます。しかし素材の性質上静電気が起きやすく、乾燥している時期には髪の毛にダメージを与える恐れがあります。
2. 木製
ピンの素材が木材で、竹なども含まれます。静電気が発生しないので、髪の毛が絡まりやすい方やエクステを着用している方にとって有効なブラシです。またピンが太く丸いものも多いため頭皮を傷つけにくく、薄毛や抜け毛を気にしている方にもおすすめできます。
3. 獣毛製
ピン自体の弾力性により頭皮を傷めず、しっかりととかしてくれることが特徴です。また静電気が起こりにくいうえに木製と比較して油のなじみもよいため、髪にツヤを出す効果があるのもポイントです。さらにピンの程よい硬さと弾力性は、頭皮の血行をよくして新陳代謝を高める効果も期待できます。
4. セシオン製
セシオンは、天然ミネラル鉱石を配合し、マイナスイオンを放出する効果があるとされる新素材です。マイナスイオン効果でキューティクルの改善が得られ、髪にツヤが生まれるとされています。また同時に遠赤外線も放出するため、血行促進など薄毛予防への効果も期待できるといわれています。

正しいブラッシング方法とは

自分の髪質に合わせてヘアブラシの形状やピンの素材を選んでも、ブラッシングの方法が間違っていては、十分な効果を得られません。そこで髪や頭皮に負担がかかりにくい、効果的なブラッシングの方法をご紹介します。

●毛先をとかしてから根元へ
はじめに、絡まりやすい毛先からとかしていきます。いきなり根元からブラッシングしようとすると、途中で引っかかってしまい抜け毛や切れ毛につながる恐れがあります。毛先の部分だけをやさしくブラッシングしてから、生え際やこめかみなどの根元から毛先にかけてキューティクルの流れに沿ってブラッシングしましょう。
●力の加減とスピードは“優しくゆっくり”と
ブラッシングの際にあまり力を加えすぎると、髪や頭皮を傷つけかねません。力は入れすぎずに程よく、それが理想です。スピードもゆっくりとやさしく、頭皮の上を滑らせるようにしてヘアブラシを動かしてあげるのがよいでしょう。
●必要以上にブラッシングをしない
ブラッシングに頭皮マッサージの効果があるからといって、必要以上に繰り返すことはやめましょう。やり過ぎは逆に頭皮を痛めてしまったり、髪のキューティクルをはがしてしまうことにつながります。

自分にあったヘアブラシ選びを!

健やかな髪をキープするためにも、ブラッシングは欠かせないヘアケアのひとつです。一方で、誤った方法でブラッシングをおこなうと逆効果になることも。ヘアブラシ選びやブラッシング時に注意すべきポイントはどこにあるのか、最後にもう一度おさらいしましょう。

●素材選びが大事
薄毛や抜け毛予防のためにも、摩擦の軽減や、静電気防止の処理がされているブラシが理想的です。少し高価ですが、薄毛や抜け毛予防を重視するならば、獣毛のブラシを検討してもよいかもしれません。
●“丁寧に優しく”が基本
ブラッシングは髪のもつれや絡みをとく程度にとどめましょう。もし途中で髪がひっかかったら、無理やり引っ張らずに少しずつほぐしてください。無理矢理とかすと髪や毛穴を痛めてしまう恐れがあります。
●お風呂上がりのブラッシングは要注意
濡れて無防備な状態の髪に、必要以上のブラッシングを行うことはやめましょう。濡れた状態の髪はキューティクルが剥がれやすくなっているので、髪の毛に大きな負担となります。
●ヘアブラシはシーンで使い分ける
一般的なヘアブラシ、獣毛のヘアブラシ、セシオン製ブラシなど、様々な種類のヘアブラシがありますが、使用する場所や髪の状態、洗髪前後などで使い分けましょう。

ブラッシングは髪のもつれをとかすことだけではなく、髪の毛に付着したホコリや剥がれ落ち角質を取り除くことも可能です。頭皮についた古い角質は、常在菌を異常繁殖させて頭皮環境を悪化させてしまう恐れがあります。よい頭皮環境を保っていくためにもブラッシングは必須といえるでしょう。さらには、頭皮の血行促進や薄毛・抜け毛の予防にも効果が期待できます。シーンに合わせてヘアブラシを使い分けながら、正しいブラッシング方法を実践して、薄毛・抜け毛予防にぜひ役立ててみてください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果