このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】帽子でハゲるは都市伝説! 帽子による紫外線対策のススメ

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛の話題を目や耳にする機会が増えてきた昨今、「◯◯するとハゲる」という噂がいくつも聞かれます。その中でも「帽子をかぶり続けるとハゲる」という話を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし帽子は外的刺激から頭皮を守るための薄毛予防アイテムでもあります。今回のAGAタイムスでは、帽子のメリットや帽子の正しい選び方について詳しくご紹介していきます。

なぜ「帽子をかぶるとハゲる」という噂ができたのか

はじめに、なぜ「帽子をかぶる=ハゲる」という噂ができたのかについて考えてみましょう。帽子が頭皮環境を悪化させるというイメージの原因は、通気性を損なうことによる「蒸れ」にあると考えられます。たしかに帽子を長時間かぶると汗や皮脂が中で蒸れ、雑菌が増殖してしまう可能性は否定できません。しかしほとんどの帽子は繊維素材のため、通気性が大きく損なわれることはあまり考えられないというのが事実です。また毎日頭を洗っていれば、雑菌の繁殖も心配いりません。

ただし一部の例外もあるので注意が必要です。バイクや工事現場の仕事などで通気性の悪いヘルメットを長時間かぶる場合は、紫外線からは頭皮を守れるものの、頭部は蒸れやすくなります。頭皮が蒸れて頭皮環境が悪化する可能性も高くなるため、このような場合はアフターケアにも十分に気を配った方がよいでしょう。定期的に脱ぎ着をして頭皮の蒸れを防いだり、皮脂汚れをこまめに拭き取るなど、頭皮環境の悪化を防ぐための対策が大切です。

帽子をかぶる最大のメリットとは

帽子をかぶることの一番のメリットは、紫外線や直射日光からのダメージを予防できることです。年々、地球に降り注ぐ紫外線は強くなっているといわれています。体の中でも最も紫外線のダメージを受けやすい場所は、体中で一番太陽に近い位置にある頭皮です。髪が薄いつむじ周辺は、地肌が直接紫外線を浴びやすいためダメージを受けやすいといわれています。

薄毛が進行すると、紫外線や直射日光からのダメージもより大きくなります。紫外線や直射日光は頭皮の乾燥や炎症を招き、頭皮の状態がより悪化する恐れがあるので注意が必要です。帽子をかぶることで紫外線はもちろん、外気の乾燥による頭皮への影響も減らすことができるようになります。つまり帽子はこれらの頭皮ダメージを予防するうえで、優れたアイテムといえるでしょう。

衛生面のケアを忘れずに

帽子を使用する際にはいくつかの注意点があります。ひとつは、お気に入りの帽子だとしても、毎日かぶり続けることは避けましょう。洋服などと同じで、帽子も長期間着用し続ければ汗や皮脂で汚れていきます。見た目にはわかりづらくても、素材が汗や皮脂を吸収することで雑菌が繁殖している場合もあります。そのような帽子をかぶり続けていては、せっかく紫外線や乾燥を予防できても、その他の悪影響を頭皮に与えかねません。定期的に洗濯や陰干しをして、帽子を清潔に保つことを心がけましょう。

帽子をかぶるときに気をつけたいこと

最後に、帽子をかぶるときに気をつけるべきことを三つご紹介します。

一つめは室内や日陰では帽子を脱ぐことです。これは頭皮に風を通して、蒸れを予防する意味でも大切です。最近ではおしゃれの一環として室内でも帽子を取らない方がいるようですが、強い紫外線にあたる心配が少ない室内では、なるべく帽子を脱ぐようにしましょう。常識的なマナーとしてもその方がよいといえるでしょう。

二つめは汗をかいたときの対応です。帽子の中で汗をかいたまま放置すると、蒸れや雑菌の繁殖を招きかねません。こまめにタオルで汗を拭き取り、蒸れや雑菌の繁殖によるトラブルを予防しましょう。

三つめは帽子のサイズです。頭囲に合わない小さめのサイズでは頭の締め付けにより髪や頭皮との間に摩擦が生じ、頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまう恐れがあります。髪の毛の摩擦は切れ毛や抜け毛、枝毛の原因にもなるため、少しゆとりがあるくらいのサイズを選ぶとよいでしょう。

帽子で頭皮は守れる

帽子は薄毛を助長するアイテムではありません。かぶり方や素材に注意すれば、髪の毛や頭皮への刺激を予防する優れたアイテムになります。紫外線や乾燥などのダメージを緩和することで、つむじ薄毛などのトラブルを未然に防ぐ効果も期待できます。しかし帽子も季節感や清潔さを損なってしまえば、髪の毛や頭皮に悪影響を招きかねません。だからこそ正しい知識を持って、帽子を使いこなす必要があるということです。薄毛に悩む方々にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について