このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】タイプによってこんなに違う! かつらのメリット・デメリット【男性編】

女性専用の薄毛治療について
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

「かつら」と聞くと、なんとなくネガティブなイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。「薄毛は隠したいけど、かつらをかぶるのは恥ずかしい」と感じる方も少なくないでしょう。しかしかつらは薄毛のストレスを軽減してくれる有効なアイテムの一つです。かつらのタイプや使い方を正しく理解することで、きっと薄毛に悩む方の心強い味方にもなってくれるでしょう。今回のAGAタイムスでは、男性用かつらの種類や特徴についての解説と、そのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

かつらはQOLを向上させる

かつらにはとても長い歴史があります。古くはエジプト文明、ギリシャ文明が栄えていた時代から、ファッションの一部として使われたり、薄毛を隠す用途で使用されてきました。このような史実からもわかるように、薄毛に対する羞恥心を持つ人は、どの時代にもいたと考えられます。

現代では、人間にとって抜け毛や薄毛が極めて強いストレスになるという研究結果も発表されています。時にそのストレスは心身に悪影響を及ぼし、日常生活にも支障をきたすことがあります。たとえ今、何らかの薄毛治療を始めたとしても、治療の効果を実感するまでにはある程度の期間を要することにもなります。そこで治療の効果を早く感じることができる「植毛」などの外科手術を受けるという選択肢もありますが、高額な治療費や様々なリスクなどを考えると、安易に選べる手段とは言い難いものです。

一方で薄毛を目立たなくする「かつら」は根本的な解決策ではないものの、薄毛のストレスを即座に軽減できるとされています。実際、2017年に発表された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、かつらの着用患者への調査でQOL向上が有意に見られたとの報告もあります。また、かつらの使用と並行して薄毛治療を受けていれば、薄毛をカバーしつつ自身の髪を育てることも可能となります。以上のことから、着用を検討する余地は十分にあるといえるでしょう。

既製品とオーダー品の違い

かつらのタイプは主に既製品とオーダー品に分類されます。まず既製品を購入する場合、販売会社の商品ラインナップの中から、自身に合ったかつらを選ぶことになります。個人差がある頭の形に、ぴったりとフィットするかつらを見つけることは多少難しいものの、数千円〜数万円と比較的低価格なところが魅力の一つです。商品によっては百貨店やインターネット通販で購入することも可能です。

オーダー品を購入する場合は、メーカーやサロンに足を運んで特注する必要があります。価格も既製品と比べて高額で、商品によっては100万円を超えることもあります。その分、自身の頭に合わせて作られた一点モノなので、付け心地がよいことはもちろん、ほとんど見た目の違和感がないほどの高いクオリティだといわれています。かつらを有効活用するためにも、このような種類や特徴を正しく把握しておきましょう。

素材や用途の検討も重要

かつらの素材や使用用途も、購入の際の重要な決め手となります。素材に関しては人工毛か人毛かで見た目の印象が変わってきます。人工毛はナイロンや化学繊維を用いた擬似的なもので、艶や質感がやや不自然に見えることがあります。一方、人毛は実際の人の髪であるため質感に違和感はないものの、高額である点などがネックになることが考えられます。また頭部に直接触れる人工皮膚部分の素材も、フィット感や通気性を大きく左右する要素となります。

用途の面では部分用と全頭用で大きな違いがあります。部分用かつらは薄毛が気になる部分に着用して髪をボリュームアップさせる製品です。頭部全体を覆うタイプではないので抵抗感も少なく、全頭用のかつらよりも安価で購入できます。しかし地毛になじませて着用するので、自身の髪の色味や髪質に合わない場合は不自然さが際立ってしまいます。このような点から、購入の際は慎重に選ぶ必要があるといえるでしょう。

全頭用かつらは頭部全体を覆うタイプです。“かつら”と聞くとこちらの全頭用タイプを想像する方も多いでしょう。薄毛の進行状況を問わず使用できることがメリットですが、着用前後で大幅に髪型が変わるので、身近な人には違和感を与えてしまうこともあります。また商品によってフィット感や通気性の差が大きく、あまり適していない全頭用かつらを着用すると不快感を感じてしまう人もいるでしょう。

薄毛治療という選択肢

前述のとおり、かつらの使用にはそれぞれメリット・デメリットがあります。メンテナンスの手間やコスト面も無視できないので、長期間かつらをかぶり続けることに対して、苦痛を感じてしまう場合もあるでしょう。そのような苦痛を感じないためにも、おすすめしたいのは薄毛治療です。

薄毛にはいくつかの原因がありますが、成人男性を悩ませている薄毛の一つが「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれる脱毛症です。AGAは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、ヘアサイクルに悪影響を及ぼす症状です。その影響で髪の軟毛化や抜け毛を招き薄毛になってしまうのです。しかしこの症状はAGA治療を専門とする病院で治療を受けることで、比較的高い確率で改善されるといわれています。

薄毛は治療で改善できる

現在、最も一般的なAGA治療といわれているのは、フィナステリドやデュタステリドなどの有効成分を配合した内服薬の処方です。AGAの原因であるDHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びついて変化した物質です。AGA治療薬にはこの5αリダクターゼを抑制して、DHTの産生を抑える効果があるのです。

その他にもミノキシジルという成分を配合した治療薬の処方も一般的です。ミノキシジルは主に細胞のアポトーシス(細胞死)を抑制し、ヘアサイクルの短縮を阻害する働きがあります。外用薬の場合、薄毛が気になる部分に直接塗布することで、発毛を促すとされています。AGA治療の専門病院などでは、より効能の高いミノキシジル配合の内服薬も処方されています。

AGA治療の期間はおよそ6ヶ月〜1年程だといわれています。中には3ヶ月程で効果を実感する方もいるため、治療効果に個人差があることは否めません。薄毛治療が初めての場合、治療効果以外にも様々な不安要素があるはずです。そんな不安を解消するためにも、まずは医師に相談してみるとよいでしょう。AGA治療専門の病院には、薄毛治療の実績と知識を持った医師が在籍しているので、AGA治療についてだけでなく薄毛予防のアドバイスなど有益な情報も教えてくれます。

まずは薄毛の原因を知るところから

薄毛は多くの男性を悩ませる問題の一つです。その問題が深刻化すれば、ストレスから心身に悪影響を及ぼす恐れがあります。かつらを使用することはそのようなストレスを一時的に軽減する効果が期待できます。しかしかつらは薄毛の根本的な解決策ではありません。薄毛の原因がAGAであれば、AGA治療の専門病院や皮膚科で治療を受けることができます。まずは薄毛の原因を明らかにするためにも、医療機関で医師に相談してみることをおすすめします。

東京のJR秋葉原駅徒歩4分に位置する薄毛治療専門の病院「AGAヘアクリニック」は相談や診察を無料で実施しているので、初めてでも安心です。薄毛の悩みを解消するための糸口が見つかるかもしれません。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果