このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】もう悩まない! くせ毛の種類と効果的なヘアケア法

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

乾燥や湿気で思い通りにならないくせ毛。落ち着かせるために、ストレートアイロンやパーマをあてる人もいます。なかには施術を繰り返し、熱や薬剤のダメージが蓄積されて髪が傷んでしまう人も少なくありません。くせ毛は先天性のものが多く、根本から改善することは難しいとされています。しかし髪の毛のブローの仕方ひとつで癖を目立たなくさせたり、傷んだ髪をヘアケア剤などで補修することは可能です。普段の生活の中でも、くせ毛と上手く付き合っていく方法はたくさんあります。そこで今回は、くせ毛のためのヘアケア法をご紹介します。

くせ毛の原因とは?

くせ毛の原因は?と聞かれると、生まれながらの髪質のせいと考えてしまいがちですが、くせ毛にも色々な種類があります。まず大きく、先天的なものと後天的なものの2つに分けられます。くせ毛の多くは先天性だといわれており、遺伝による毛根の形や髪内部のケラチンのバランスの不均一などがその原因です。一方で後天性のくせ毛は、極端なダイエットなどによる栄養バランスの乱れや、何気ない日頃のヘアケアに問題がある場合もあります。ほかにも誤ったブラッシングや外的刺激などによって切れ毛などを招いている可能性があります。もしも外的刺激によって生じた後天性のうねりやダメージなら、生活習慣の見直しや日頃のヘアケアによって改善が期待できます。

先天性のくせ毛の種類

くせ毛とは、一般的に縮毛や巻き髪と呼ばれているものです。くせ毛には厳密な定義はないものの、様々な種類があります。ほかにも、くせ毛のようなうねりや縮れはなくとも毛髪疾患と呼ばれる症状もあります。それらを含め、まずは先天性のものからご紹介します。

・波状毛(はじょうもう)
ヨーロッパ系に多いとされているうねりのある髪の毛で、一般的に「くせ毛」と呼ばれている多くがこのタイプです。日本人にもこのタイプのくせ毛が多く、癖が強くなければブローで目立たなくさせることができます。
・捻転毛(ねんてんもう)
様々な疾患に付随する症状です。中心の毛の軸からねじれが生じるため髪の毛はうねり、見た目にはくせ毛として表れます。
・連珠毛(れんじゅもう)
1本の同じ髪の毛でも太さに差が生まれ、太い部分と細い部分ができてしまう毛髪疾患です。稀に見られるケラチンの遺伝子変異で起こり、髪の毛がもろく切れやすいのが特徴で「ビーズ・ヘア」とも呼ばれています。縮れが強く出るのも特徴のひとつです。
・白輪毛(はくりんもう)
同じ髪の毛1本の中で色素がまばらになり、白と黒のしま模様のように見える症状です。特に切れやすいなどということはありません。くせ毛ではありませんが、先天性の毛髪奇形に分類されます。
・陥入性裂毛(かんにゅうせいれつもう)
先天性毛髪奇形の一種で、特異的な遺伝子の変異によって起こる症状です。縮毛であり、髪の毛が生成されても長く伸び揃う前に切れてしまうことがあります。

後天性のくせ毛の種類

後天性のくせ毛や毛髪疾患は、主に外的刺激によるものです。くせ毛の原因が日常生活にある場合は、改善できる可能性があります。

・捻転毛
先天性のケースとは異なり、瘢痕性脱毛(はんこんせいだつもう)に伴って捻転毛が生じることもあります。この場合は後天性のくせ毛に分類されます。瘢痕性脱毛にも先天性と後天性のものがあります。
・偽白輪毛(ぎはくりんもう)
外的刺激により髪の毛が部分的に傷つき、白輪毛のように髪の毛がまばらに透けたように見えてしまう症状です。見た目だけの症状なので、髪の内部は損傷していないケースも多くあります。巻きやうねりはありませんが、毛髪疾患の一種に分類されます。
・偽連珠毛(ぎれんじゅもう)
先天性の場合とは異なり、外的ダメージによって髪の毛に太い部分と細い部分ができてしまう毛髪疾患です。要因ははっきりとわかっていませんが、ちぎれやすいということはないとされています。
・結節性裂毛症(けっせつせいれつもうしょう)
巻きはなく、あくまでも毛髪奇形として裂毛が認められるものです。髪の毛が乾燥することで起こり、毛幹に結節のふくらみができる毛幹形態異常で「Bamboo Hair(竹状毛)」とも呼ばれています。枝毛や切れ毛が増え、髪の毛がもろく弱くなってしまいます。ブラッシングなどの日常生活によるダメージで生じている場合には、ヘアケア法を変えることで癖が弱くなるといわれています。

ダメージを受けた頭皮と髪の毛は補修できる

このように、くせ毛や毛髪疾患はその種類も原因も様々です。くせ毛の種類によっては根本からの改善が難しいこともあります。一時的にまっすぐな髪の毛にできる縮毛矯正やストレートパーマを施したり、ブローでうねりを目立たなくさせることはできますが、髪の毛や頭皮にはダメージを与えてしまいます。しかしパーマによる頭皮ダメージや、日頃のストレートアイロンで傷んだ髪の毛は、頭皮環境を整えるシャンプーや補修効果の強いトリートメントで改善していくことができます。

頭皮環境を整えるためには、洗浄能力が優しいアミノ酸系シャンプーが効果的だといわれています。アミノ酸系洗浄成分は育毛シャンプーにも多く使用されており、頭皮に優しく作られているので皮脂を過剰に洗い落とす心配もありません。皮脂の過剰洗浄は頭皮乾燥や常在菌の異常繁殖を招く原因にもなります。一方で毛穴を清潔に保つことも大事。毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態が続くと頭皮環境が悪くなるため、髪だけでなく地肌もしっかり洗うことを心がけましょう。

また、髪の毛のダメージにはトリートメントが有効とされています。髪の毛の表面を整えるコンディショナーとは違って、トリートメントは髪の内部まで浸透し補修する性質を持っています。洗い流すタイプのトリートメントと洗い流さないトリートメントを使い分け、しっかりと髪の毛の内側を補修していくとよいでしょう。

くせ毛を緩和させるブローのコツ

波状毛のような一般的なくせ毛は、髪の毛そのものがうねっているのではなく、髪の毛の軸や根元から捻れているために「うねり」として表れます。そのため「根元」をしっかりと正しい方向に癖付けながらブローしていくことが大切です。

まずタオルドライでしっかりと水気を吸い取り、軽く全体を乾かします。次にまだ少し濡れているままの髪の毛をいくつかにブロッキングし、一部分ずつを丁寧にブラシを使って乾かします。髪の根元にしっかりと内側からブラシを引っ掛け、ドライヤーをあてながら毛先方面へゆっくりと滑らせていきます。1か所に熱があたり続けると髪が傷むので、左右にドライヤーを振りながら髪から15〜20cm以上放して乾かすようにしましょう。

髪の毛をドライヤーでしっかり乾かすことはくせ毛対策の基本です。特に癖の強い部分から乾かしていくとうねりが落ち着きやすいといわれます。そして最後にドライヤーの冷風をあてると開いていたキューティクルが閉じるため、翌日のスタイリングも少し楽になります。

髪の毛には健康状態も現れる

縮毛矯正やパーマに頼らないで、ある日突然くせ毛をストレートにすることは難しいです。しかし、くせ毛の原因によっては毎日のブロー法を見直したり、頭皮にやさしいシャンプーを選ぶなどヘアケア法を変えることで少しずつ改善できる可能性もあります。

髪は健康を判断するバロメーターとして、私たちに信号を送る役割も担っています。じつはストレスや頭皮環境の悪化で、一時的にくせ毛になっている人も少なくありません。自分の髪質とくせ毛の種類や原因も探って、まずは健やかな頭皮環境にすることを目指しましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について