このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】髪にやさしいカラーリングはどれ? ブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュアの違い

治療用シャンプーの効果とは
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

皆さんはカラーリングの経験がありますか? 季節に合わせて髪を染める場合もあれば、増えた白髪を染める場合もあるでしょう。髪の色が変わると気分を一新できますが、髪へのダメージが気になる方も多いと思います。中には「髪のダメージから薄毛になったらどうしよう……」という不安を感じる方もいるのではないでしょうか。そこで今回のAGAタイムスは髪を染める薬剤の種類と特徴、髪に与える影響などをご紹介します。髪を染める方法はひとつではないのでぜひ参考にしてください。

カラーリングの種類1:ヘアカラー

カラーリングには種類があり、髪を染める手法ごとに特徴を解説します。

もっとも一般的な毛染めは「ヘアカラー(アルカリ性カラー)」です。髪のキューティクルを開いて毛髪内部に成分を浸透させる手法で、生来の髪色を決めるメラニン色素を分解して脱色しつつ染料を沈着させます。髪に浸透させるため発色もよく色持ちするのが特徴です。しかしアルカリ性の薬剤で強引にキューティクルを開くので、髪に対するダメージは少なからずあります。製品によっては脱色が起きないタイプもあり、こちらは前者と比較して髪へのダメージがやさしいといわれています。

あまり頻繁に髪を染め直さない方にはおすすめですが、頻繁に髪色を変えるようであればダメージが少ない別の手法を検討してみるのもよいでしょう。

カラーリングの種類2:ブリーチ

ブリーチは薬剤を用いて髪を脱色する手法です。キューティクルを開いて成分を浸透させ、メラニン色素を分解することで、髪色を金色や明るい茶色に脱色させます。また青色やピンク色など明るくカラフルな髪色にする場合に、一度ブリーチしてからカラーリングによって髪を染める手法もあります。

ブリーチはもっとも髪へのダメージが大きい施術です。そのため繰り返しおこなうと、髪の内部から成分が失われて乾いたスポンジのようにスカスカになり、非常に傷むといわれています。染料で着色しているわけではないので色落ちなどはありませんが、髪が伸びると根元部分は当然元の髪色です。根元も含めて髪色をキープするためには、それなりの頻度で施術を受ける必要があるでしょう。

カラーリングの種類3:ヘアマニキュア

ヘアカラーやブリーチと違い、ヘアマニキュアは髪のほぼ表面のみ着色をおこないます。ただしこの手法は黒髪のような暗い色へは着色しにくく、髪の表面に対する着色なので色落ちが早いことがデメリットです。そのため髪を染める手法の中では髪へのダメージは少ないといわれており、頻繁に髪を染め直したいものの傷みが気になる方には向いているといえます。

ヘアマニキュアと同じように髪の表面のみに着色する「カラースプレー」や「ヘアマスカラ」もあります。どちらも一度シャンプーすれば色が落ちるほどカジュアルなものなので、1日限りのイベントなどで気軽に色を変えたい時に便利でしょう。

カラーリングで薄毛になる可能性は?

ご紹介したようにカラーリングにはいくつかの手法があり、それぞれ染め方や髪へのダメージが異なります。特にブリーチは髪や頭皮に与える負担が大きいため、頻繁に繰り返すと頭皮にダメージを与えてしまう恐れがあります。場合によっては抜け毛などに繋がる可能性もあります。また度重なる施術で髪が傷むと、切れ毛が増えて頭髪のボリュームを損なうケースもあります。

他の施術でも、薬剤が頭皮に付着してしまうと炎症などの悪影響を頭皮に及ぼすことが考えられます。このようなリスクを極力回避するためにも、ヘアカラーやブリーチの施術はご自身で行うよりも美容院などでプロに依頼することをおすすめします。カラーリングがおこなえる体質かどうかをチェックするパッチテストや、施術後のヘアケアが行き届いていることもプロに頼むメリットです。

一度剥がれたキューティクルは元に戻らない

髪を染めるときは髪や頭皮の状態はもちろん、カラーリングの頻度や色を変えたい期間など希望する条件によって施術方法を選ぶとよいでしょう。染めたい期間や色、そのときの髪の状態などによって最適なカラーリングの手法は変わります。一度剥がれ落ちたキューティクルは元に戻りません。髪は爪などと同じく死滅細胞なので、一度受けたダメージは回復しません。髪が傷んでいると感じたら、ヘアカラーやブリーチを一時的に控えることもひとつの選択肢です。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について