このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】気をつけたほうが良い? 薄毛につながる頭皮の痛みとは

治療用シャンプーの効果とは
毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

頭皮にジンジンと鈍い痛みを感じたり、触れるとピリッとした刺激がある……。そんな経験はありませんか? そのような違和感があっても、髪の毛に覆われた頭皮は微妙な変化の確認が難しい場所のため、つい放置してしまう人もいるでしょう。しかし痛みや違和感を感じるということは、頭皮になんらかのトラブルが起きているとも考えられます。

そのトラブルはもしかすると薄毛や抜け毛につながるものかもしれません。少しでも異変を感じたら、症状が進行する前に予防と対策をおこなうことが大切です。今回のAGAタイムスでは、頭皮に痛みをもたらすいくつかの原因を紹介するとともに、薄毛との関連性や予防・改善策を解説します。

頭皮の痛み1:頭皮乾燥

頭皮の痛みを招く原因としてまず考えられるのは「乾燥」です。手荒れがひどくなると、肌がひび割れてヒリヒリと痛んだり出血したりすることがあります。それと類似した症状が頭皮に起こっていると考えられます。

頭皮乾燥の主な原因には以下のようなものがあります。

  • 1. 生活習慣の乱れ
  • 2. 慢性的なストレス
  • 3. ホルモンバランスの乱れ
  • 4. 洗浄力が強いシャンプーの使用
  • 5. 外気の乾燥
  • 6. 代謝機能の低下
  • 7. 乾燥体質

頭皮が乾燥すると「粃糠性(ひこうせい)脱毛」を招き、頭皮環境の悪化につながることがあります。これは乾燥したフケ(乾性フケ)の増加に伴い、雑菌が繁殖して炎症を引き起こすことが原因と考えられます。またフケが目立つようになると、そのフケを洗い流すためにシャンプーの回数を増やしがちですが、それもよくありません。なぜなら過度なシャンプーで頭皮の皮脂を洗い流してしまうと、より一層頭皮が乾燥します。その乾燥を補おうとして多くの皮脂が分泌され、さらなる頭皮環境の悪化を招く恐れがあるからです。

外的な要因以外では偏った食生活や睡眠不足などの生活習慣も、頭皮の乾燥を招く要因の一つといわれています。頭皮を乾燥させないよう保湿を心がけることはもちろん、生活における不摂生を見直すことも乾燥予防に効果が期待できます。

頭皮の痛み2:血行不良

血行不良も頭皮の痛みや頭痛をもたらす原因の一つと考えられます。頭部全体が締め付けられるような痛みを感じるため緊張型頭痛ともいわれています。血行不良の主な原因としては以下が考えられます。

  • 1. 生活習慣の乱れ
  • 2. 慢性的なストレス
  • 3. 首、肩のコリ
  • 4. 喫煙
  • 5. 冷え性
  • 6. 肥満

血行不良は血管の収縮などによって起こります。髪は毛細血管を流れる血液から栄養を受け取ることで成長するので、血行不良に陥ると栄養が不足し、育毛に悪影響を及ぼす可能性もあるといわれています。症状を改善するためには頭皮マッサージでコリをほぐしたり、ウォーキングやジョギングなどの軽い有酸素運動で血行を促進することが効果的です。運動の時間がなかなかとれない方は、半身浴などで身体を芯まで温めることも血行促進効果があるのでお試しください。

ちなみに健康な頭皮は青白い色をしているのに対して、血行不良の疑いがある頭皮は赤茶色に変色するため、頭皮を注意深く観察すれば変化に気づくかもしれません。血行不良の慢性化を予防するためにも定期的に頭皮の状態をチェックしてみましょう。

頭皮の痛み3:ニキビ、湿疹

見た目にわかりやすい頭皮環境の悪化といえば、ニキビや湿疹ではないでしょうか。頭皮は多くの毛穴が密集しているため、比較的ニキビができやすい場所といわれています。また顔などにできるニキビと同様に、自分で潰したりむやみに触ったりすることは、さらなる悪化を招く可能性があるのでやめましょう。

ニキビや湿疹ができる主な原因としては以下が考えられます。

  • 1. 生活習慣の乱れ
  • 2. 頭皮の傷
  • 3. アクネ菌の増加
  • 4. 慢性的なストレス
  • 5. アンドロゲンの増加
  • 6. 体質や不潔
  • 7. 遺伝的素因

生活習慣の乱れや頭皮の傷などによって正常なターンオーバーがおこなわれなくなると、角質や汚れが詰まり毛穴が塞がってしまうことがあります。その塞がった毛穴に皮脂が溜まり、アクネ菌が増殖して炎症を起こすことでニキビになるのです。また湿疹は、皮脂のバランスが崩れたり、アレルギー症状を引き起こすことで発症する皮膚炎などが原因で起こります。

どちらも頭皮環境の悪化を招くため、抜け毛などのトラブルにつながる可能性があります。食生活や睡眠を見直しつつ、頭皮を清潔に保つことを心がけましょう。

頭皮の痛み4:ヘアカラー、パーマ

ヘアカラーやパーマなどに使用する薬剤がもたらす痛みもあります。最近は美容院で使う薬剤が進化し頭皮への負担は減ったものの、パーマをかける人の体質や薬剤の強さによっては、これらの薬剤が頭皮に付着することで皮膚に炎症を起こす場合があります。「ヘアカラーやパーマはしみるもの」という認識でいると思わぬダメージを見逃し、症状の悪化を招く恐れがありますので十分注意してください。

特に自宅でヘアカラーをおこなう際は商品の取扱説明書をよく読み、パッチテストをおこないましょう。前回使用して問題がなかった商品でも、その時の体調次第ではアレルギー症状を引き起こす危険もあるといわれています。重いアレルギー症状は頭皮だけでなく、全身に湿疹などの症状を招く場合もあります。面倒くさがらずに必ずテストしましょう。そのような意識が予期せぬ頭皮トラブルの予防につながります。

頭皮が痛いと感じたら?

見た目には異常がない場合でも、頭皮に痛みを感じたら皮膚科などの医療機関に相談することをおすすめします。なぜならもしその痛みが何らかの疾患によるものであった場合、放置することで症状が悪化してしまったり、抜け毛や薄毛といったトラブルにつながる恐れがあるからです。症状によっては自然治癒するケースもありますが、原因が改善されていなければ再発のリスクもあります。原因の特定と治療のため早めに診察を受けた方が安心でしょう。

ちなみに薄毛や抜け毛に直接つながる痛みではありませんが、「頭皮神経痛」のように激しい痛みを感じる症状もあります。この症状は筋肉による圧迫や血管との接触で神経が刺激され、ときには我慢できないほどの痛みを感じる場合があります。しかしその原因についてはまだ明らかになっていません。外科的な絞扼(こうやく)解除の手術などによる治療法もあるため、痛みがひどい場合は早めに病院にいきましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について