このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】縮毛矯正で薄毛に? 髪の毛に与えるダメージとその対策

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

くせ毛や天然パーマをサラサラのストレートにしたいとき、「縮毛矯正」は効果的な施術だといわれています。くせ毛にコンプレックスを持っていたり、ストレートヘアのスタイリングを楽しみたい方は、一度は施術を考えたことがあるでしょう。しかし縮毛矯正は、メリットばかりではありません。切れ毛の増加を招いたり、場合によっては薄毛のようになってしまう可能性もあるのです。今回のAGAタイムスでは、縮毛矯正のメカニズムや、似た施術のひとつであるストレートパーマとの違いを、わかりやすく解説したいと思います。縮毛矯正の施術を考えている方は、ぜひ参考にしてください!

くせ毛の悩みとは

まず前提として、くせ毛は悪いことばかりではありません。直毛の人から見ると、くせ毛を活かしたスタイリングを羨ましいと感じることも。ただし、くせ毛は湿気に弱く湿度の高い雨の日や梅雨の時期は、クセが強く出る傾向にあります。これは水分を含むとわずかに膨張する、髪の特性が関係しています。髪のなかに水分を含んで膨張した部分と、そうでない部分との両方ができてしまうことで、クセがより強くあらわれてしまうと考えられます。湿気に弱いという点は、くせ毛である悩みのひとつといえそうです。

また、くせ毛であることに、コンプレックスを持つ方もいらっしゃるでしょう。特に思春期は、他人とのわずかな違いも気になって、悩みの種になりがちです。くせ毛に限らず、髪質の問題はデリケート。縮毛矯正でサラサラにしたいという気持ちも、自然なことかもしれません。

縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマの大きな違いは施術方法。簡単に分類すると、熱と薬剤を用いて髪をまっすぐにするのが縮毛矯正で、薬剤のみで髪をまっすぐにするのがストレートパーマです。この2つの施術は、用途もやや異なります。まず縮毛矯正は、くせ毛をまっすぐにするためのメニューです。一方でストレートパーマは、人工的にかけたパーマを、ストレートヘアに戻す時に用いられるメニューです。そのため、美容院などでくせ毛をまっすぐにする場合は、縮毛矯正をすすめられることが多いです。ただし、クセの程度や美容師さんの技術によっては、ストレートパーマでクセをなおすこともあるようです。

縮毛矯正が薄毛につながる?

結論として、縮毛矯正で薄毛になるというわけではありませんが、薄くなったように感じてしまう可能性はあるといえます。縮毛矯正は、熱と薬剤を用いてくせ毛をまっすぐにするため、髪がダメージを受けやすいという弱点があります。特に髪の表面を覆う、キューティクルが傷みやすいといわれています。キューティクルは髪のツヤや手触りを左右するだけでなく、髪の内部組織を守る役割も持っている大切な組織です。そのため縮毛矯正の影響でキューティクルが剥がれ落ちると、外部からのダメージが髪の内部まで到達しやすくなってしまいます。

内部までダメージが届くと、中心部にある水分やたんぱく質が流出してしまうことで、髪が空洞化する恐れがあります。そうすると、髪が“痩せた”状態になって強度が低下し、切れ毛の原因になることが考えられます。切れ毛が増えると髪全体のボリュームダウンにつながり、結果的に薄毛に見えてしまうというわけです。また髪は死滅細胞なので、一度受けたダメージは自己修復しません。そのため、新しい髪に生え変わるのを待つしかないのです。

縮毛矯正をおこなう時の注意

髪がダメージを受けると知りつつも、くせ毛の手間やコンプレックスを解消できるなら、施術を受けたいという方もいるでしょう。そのとき、髪へのダメージを最小限に抑えるためにも、以下の点に注意してください。

1. 同日にヘアカラーをおこなわない
縮毛矯正と同日にヘアカラーを施すことは、効率的にも思えます。しかしこれは、髪にかかる負担が大きいためおすすめできません。最近は薬剤が進化しているため髪のダメージを減らせるようになりましたが、もし同日にヘアカラーもおこないたい場合は、髪のダメージについて美容師に確認してみるのもよいでしょう。
2. 施術は美容院でプロに任せる
自宅でできる縮毛矯正商品も販売されていますが、美容院の施術に比べると仕上がりがうまくいかなかったり、髪への負担が大きくなる場合があります。やや割高である点は否めませんが、それでも髪のプロに任せることをおすすめします。 
3. ヘッドスパやトリートメントを活用する
縮毛矯正をおこなう以上、髪がある程度のダメージを負うことは避けられません。施術後はヘッドスパで頭皮環境を整えたり、トリートメントで髪をコーティングするなど、ダメージの影響を最小限に抑えるよう気を配りましょう。これらのヘアケアで、切れ毛による薄毛を予防する効果が期待できます。
4. 施術の頻度を調整する
縮毛矯正は、数ヶ月に1回程度の頻度でおこなう方が、比較的多いのではないでしょうか。しかし髪の状態が気になる場合は、クセが戻り始める期間と髪へのダメージを考慮しながら、縮毛矯正のスパンを長めに調節することもひとつの方法。ダメージが心配な時は、美容師の方に相談してみるとよいでしょう。

くせ毛をストレートヘアにできる縮毛矯正。一方で、熱と薬剤によるダメージがキューティクルを傷めてしまい、切れ毛などのトラブルを招く恐れもあります。髪の傷みが気になる方は、縮毛矯正しても問題ないか、施術前に美容師さんに相談してみましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴