このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】頭皮のニキビは育毛を妨げる!? 髪の毛との関係性や改善方法は?

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

ニキビは思春期以降に発症する慢性炎症性疾患で、主に顔や胸、背中にできやすいといわれています。中には「頭皮にもニキビができている」という方もいるでしょう。しかし頭皮にできる炎症は、ニキビではなく「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」による炎症の可能性があります。そこで今回のAGAタイムスは、頭皮にできる炎症の発症原因や解決策、髪の毛との関係性を詳しく解説します。

ニキビの原因

生活習慣の乱れやストレス、表皮の傷などによって正常なターンオーバーが行われなくなると、角質や汚れが詰まり毛穴が塞がることがあります。分泌された皮脂が塞がれた毛穴に溜まることで、アクネ菌が増殖して炎症を起こすことでニキビになります。

ニキビの発症にはアクネ菌の増加以外にも、体質、遺伝的素因、思春期に増加するホルモンの一種アンドロゲンなども関わっているといわれています。

頭皮にできるニキビは育毛を妨げる?

ニキビは顔や胸、背中などにできやすいとされていますが、同じ皮膚である頭皮にもニキビや湿疹ができる場合があります。頭皮にできる湿疹は、皮脂バランスの乱れやアレルギー症状を引き起こすことでも発症するとされています。

また頭皮の湿疹は「脂漏性皮膚炎」である可能性が考えられます。脂漏性皮膚炎は皮脂の多い環境下で「マラセチア」というカビの一種が異常繁殖し、炎症を起こすとされる皮膚炎です。マラセチアは皮脂をエサに繁殖するとされ、頭皮にフケや皮脂が溜まることで異常繁殖すると考えられています。脂漏性皮膚炎が悪化すると抜け毛に繋がる恐れもあるといわれているため、注意が必要です。

このほか、シャンプーの洗い残しも頭皮トラブルの原因になるといわれています。頭皮の湿疹などによる頭皮環境の悪化は育毛を妨げる要因になりかねません。気になる場合はシャンプーの仕方などから見直すと良いでしょう。

頭皮トラブルを予防して頭皮環境を整えるには

前述の通り、頭皮にできるニキビや湿疹は生活習慣の乱れやストレスが関与していると考えられています。また脂漏性皮膚炎の原因である皮脂の過剰分泌やマラセチアの異常繁殖も、ニキビや湿疹と同様に生活習慣の乱れなどが関わっているとされています。生活習慣の改善を図り、健康的な頭皮環境を維持することが頭皮トラブルの予防に繋がるでしょう。

【頭皮トラブルを予防するためにできること】

(1)栄養バランスの整った食生活を送る

栄養バランスの偏った食事は、頭皮や体の健康維持に悪影響を与えると考えられています。頭皮環境を整える効果を持つとされるビタミン類やミネラル類、タンパク質などを日頃からバランス良く摂取することで、より良い頭皮環境を維持することができるようになるでしょう。また食品添加物の過剰摂取も頭皮や体の健康状態を悪化させる可能性があるとされているため、注意が必要です。

(2)質の良い睡眠をとる

体内の様々な機能の回復や細胞の再生を促す「成長ホルモン」が最も分泌されるタイミングは睡眠中であると考えられています。そのため、頭皮を含む皮膚や体内の臓器の機能を活性化させるには、質のよい睡眠をとることが重要といえます。成長ホルモンの分泌量は特に深い睡眠に入ってから3時間後がピークといわれているため、眠りが浅くなったり途中で目覚めたりする場合は睡眠環境の改善を図ることをおすすめします。

(3)ストレスを緩和させる

ストレスによる自律神経の乱れや活性酸素の増加、免疫機能の低下などはニキビの発症や悪化に繋がる要因にもなりかねません。そのため心と体をリラックスさせて副交感神経の機能を高めることでストレスの軽減や、ストレスによるニキビが発症しやすい状況の改善が期待できます。

(4)シャンプーを見直す

シャンプーには皮脂や汚れを落とす働きを有する「界面活性剤」という洗浄成分が配合されています。頭皮の余分な皮脂や汚れを洗い落とすことは頭皮環境を清潔に保つ上で大切なことです。しかし洗浄力が強すぎる界面活性剤が含まれたシャンプーを使用したり、1日に何度もシャンプーを繰り返したりしていると頭皮の健康維持に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

頭皮に必要な皮脂がなくなってしまうと、その分を補おうと皮脂の分泌が活発になります。皮脂の分泌が活発になると過剰分泌する恐れがあるため、頭皮環境が悪化し育毛を妨げることが考えられます。頭皮の健康維持のためにもシャンプーは適度に行いましょう。

頭皮環境を整える効果が期待できる食材

脂漏性皮膚炎の発症にはビタミンB2・B6の代謝異常や欠乏が関与しているともいわれています。そのため日頃から食事などで摂取し、栄養素の欠乏を予防することが大切です。

食事は心がけ次第ですぐにでも改善させることができる生活習慣です。栄養バランスの整った食事を意識し、頭皮環境を整えて育毛を促進する効果があるとされる食材を取り入れることで、頭皮の健康維持や湿疹の発症予防に期待ができるでしょう。

■ビタミンC

コラーゲンの生成に必須とされるビタミンCは、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があるといわれています。またビタミンCは抗酸化作用もあり、髪の毛や体の老化を予防する効果を期待することができます。

【ビタミンCを豊富に含む食材】

  • ・オレンジ
  • ・グレープフルーツ
  • ・赤ピーマン
  • ・緑ピーマン
  • ・キウイフルーツ

■ビタミンA

ビタミンAには新陳代謝を良くしたり血行を促進したりする作用があるとされています。そのため頭皮の健康維持や髪の毛の成長などに欠かせない栄養素や酸素を、頭皮の毛細血管にまで行き渡らせる効果が期待できるといわれています。

【ビタミンAを豊富に含む食材】

  • ・牛レバー
  • ・鮭
  • ・ブロッコリー
  • ・にんじん
  • ・かぼちゃ

■ビタミンB2

ビタミンB2は特に脂質の代謝に関わる重要な働きを持っています。ビタミンB2が不足すると脂質の代謝異常が起こり、脂漏性皮膚炎や口内炎、口角炎など様々な症状を発症する恐れがあります。ビタミンB2は体内でも生成はされますが、水溶性のため体内に蓄えておくことはできません。そのため日頃の食事から積極的に摂取しておくことで、脂漏性皮膚炎の発症を予防できるといえるでしょう。

【ビタミンB2を豊富に含む食材】

  • ・肉類のレバー
  • ・牛乳
  • ・うなぎ
  • ・納豆
  • ・卵

■ビタミンB6

ビタミンB6はアミノ酸や脂質の代謝に関わっており、ビタミンB2と同様に欠乏すると脂漏性皮膚炎になる可能性があるとされています。またビタミンB6は髪の毛の元となるケラチンの生成をサポートする働きがあるため、頭皮環境を整える効果だけでなく育毛にも効果的な栄養素だと考えられています。

【ビタミンB6を豊富に含む食材】

  • ・鶏肉
  • ・魚類
  • ・牛レバー
  • ・じゃがいも
  • ・バナナ

頭皮トラブルが気になる場合はまず病院へ

頭皮にできるニキビや湿疹は気付きにくく、髪の毛に覆われているため悪化しやすい状況下にあるといえます。日常生活を見直すことで改善できる場合もありますが、頭皮の湿疹の原因が脂漏性皮膚炎である場合には治療薬での改善が必要となります。また症状が悪化してしまうと抜け毛や薄毛の要因にもなりかねないといわれているため、頭皮のニキビや湿疹を発見した場合には一度早い段階で医師の診察を受けることをおすすめします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)ではAGAの治療薬だけでなく、抗真菌作用のある医療用シャンプー「ケトコナゾール」などの取り扱いもしております。医師による診察や相談は無料で行っておりますので、髪の毛に対するお悩みをお持ちの方はぜひ一度当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について