このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】不足すると老化が進む!? 毛母細胞の活動を支配する「核酸」とは

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

細胞の根幹である「核酸」は年齢を重ねるにつれて減少していきます。核酸が不足すると細胞が衰え老化が進行し、髪の毛を作り出す毛母細胞に影響を与える恐れがあります。

今回のAGAタイムスでは核酸の特性や役割、核酸と育毛の関係性などをご紹介します。

核酸とは?

核酸とは簡潔に言うと「細胞の核」のことです。私たち人間の肌や臓器は、一見すると毎日そのままの状態を保っているように見えるかもしれませんが、実は目に見えない範囲で少しずつ生まれ変わっており、約4ヶ月の間で体の細胞の多くは新しいものになっています。この細胞の生まれ変わりの流れを支配しているのが核酸です。しかし、前述の通り核酸は年齢を重ねるにつれ減少するもの。核酸が減少すると細胞が衰え老化が進行し、やがて発毛や育毛にも影響を及ぼす可能性があります。

核酸は「DNA(デオキシリボ核酸)」と「RNA(リボ核酸)」という2つの物質から構成されています。DNAとは遺伝子情報を担う物質で、いわば「細胞の設計図」のことです。核酸は新しい細胞を作り出すときの「指示役」とも言えるでしょう。

RNAとは、DNAの指示を受けて実際に細胞を新しく作り出す物質で、核酸とともに細胞を構成するタンパク質を生み出す働きがあります。細胞を作り出す「実行役」のような役割を担っています。

核酸の重要な役割

前述の通り、DNAには「細胞作成の設計図」の役割があります。この設計図があるからこそ、細胞は常に規則正しく生まれ変わり続けることができるのです。また、DNAは遺伝情報を記録する役割も持っています。親と子が似ているのも、このDNAに記録された遺伝情報(=設計図)が似ているため。このほかにも、DNAには「自己複製機能」が備わっており、体中の細胞を新しく作っています。

RNAには「mRNA」「rRNA」などいくつかの種類があり、それぞれが協力し合って細胞の素となるタンパク質を合成し、体中の細胞を生成します。また、RNAはDNAからの指示を実行に移すだけでなく、間違った遺伝子や余計な遺伝子ができないようする「遺伝子制御機能」という機能も有します。

このように、核酸は常に健康的で若々しい体をキープしていくためには欠かせない物質なのです。

核酸不足と薄毛の関係

頭皮の毛細血管と繋がっている毛乳頭から毛母細胞が栄養を吸収し、細胞分裂を繰り返すことで髪の元となる「ケラチン」という物質を蓄積・角化していき、髪の毛へと変化していきます。

髪の毛は大きく分けて成長期→退行期→休止期という周期を繰り返して、髪が生え変わります。一本の髪が新しい髪に生え変わるには通常2〜6年ほどかかると言われていますが、核酸が不足すると毛母細胞での細胞分裂がスムーズに行えなくなり、ヘアサイクルが乱れてしまう場合があります。ヘアサイクルが乱れてしまうと成長しきっていない髪が抜けたり、ハリやコシのない髪が生えてきたり、白髪が増えたりしてしまう可能性があるのです。

核酸はどうやって補える?

核酸は主に2つの方法で合成されます。

肝臓で核酸を1から合成する方法のことを「デノボ(ドゥノボ)合成」といいます。これは肝臓でアミノ酸などを原料にして核酸を生み出すというもの。デノボ合成は肝臓のみでの合成が可能ですが、核酸を1から合成するには時間を要するほか、肝臓にかかる負担も大きいと言われています。

核酸を合成する2つ目の方法は、「サルベージ合成」です。これは、肝臓の核酸から分解生成される「ヌクレオシド」や、食事を利用して核酸を合成するというもの。肝臓以外の臓器はこの方法で核酸を合成しています。細胞分裂のスピードが早い骨髄などでは、サルベージ合成が活発に行われています。

核酸を多く含む食材

核酸は加齢とともに体内で合成できる量が減少します。肝臓機能の低下は20歳前後から進行するので、核酸不足にならないようにするには核酸を積極的に摂取することが大切です。では、効率的に摂取するためにはどのような食品を食べれば良いのでしょうか。

  • 以下は、核酸が豊富に含まれる食品の一例です。(すべて100gあたり)
  • ・サケの白子:10.6g
  • ・ちりめんじゃこ:2.4g
  • ・きなこ:1.36g
  • ・煮干し:1.19g
  • ・鳥のレバー:0.52g

成人の場合、核酸の1日あたりの摂取目安量はおよそ1.5gと言われていますが、毎日核酸を摂取するのは中々難しいのが現実。そのため、高濃度の核酸を手軽に摂取できるサプリメントを活用するのも良いでしょう。

核酸は人が健康でいられるために必要不可欠な物質です。核酸が不足すると老化が進行してしまうだけでなく、脳機能の低下や疲労感の増大、免疫力の低下など、体のさまざまな部分に悪影響を及ぼす恐れがあります。また、核酸不足は髪の健康を損ない薄毛の原因になることも。食生活を見直して積極的に核酸を摂取することで、薄毛対策だけでなく健康維持にも繋がるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について