このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】フケやかゆみが止まらない! 頭皮にできる湿疹の原因と薄毛の関係とは

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

辛いかゆみやフケを引き起こす頭皮の湿疹。頭皮の湿疹による様々な症状で頭皮環境が悪化すると、抜け毛や薄毛を引き起こす可能性があります。また薄毛に悩む男性の多くが該当するとされるAGA(男性型脱毛症)を発症している場合やその疑いがある場合、頭皮環境が乱れた状態でAGA治療を行うと、治療の効果が薄れてしまうことも考えられます。頭皮の湿疹から抜け毛が助長された場合はAGAとは原因が異なるため治療方法も異なりますが、いずれにせよ頭皮の湿疹は放置せずに早めに病院で治療を行うことが大切です。そこで今回のAGAタイムスでは、フケやかゆみを引き起こす頭部の湿疹の原因と薄毛との関係性について解説します。

頭皮にできる湿疹の原因

◯脂漏性(しろうせい)皮膚炎
脂漏性皮膚炎は「マラセチア」と呼ばれる真菌の異常繁殖が原因の一つとして考えられています。皮膚には元来200種以上の常在菌が生息し、それらによって肌の健康が保たれています。マラセチアも常在菌の一種ですが皮脂をエサとしているため、皮脂が過剰に分泌されることで異常に繁殖してしまう恐れがあるのです。脂漏性皮膚炎は過度な洗髪をはじめ、ストレス、不規則な生活などが原因で発症すると考えられています。

【脂漏性皮膚炎の主な症状】

  • ・頭皮がベタついている
  • ・頭皮が臭う
  • ・脂性フケ(ベタついたフケ)がたくさん出る
  • ・強いかゆみがある
  • ・症状がみられる箇所が赤みを帯びている
  • ・顔や頭皮、わきの下など皮脂の多い部分に症状がみられる など
◯皮脂欠乏性湿疹
皮脂欠乏性湿疹は乾燥などによって皮脂の量が減り、皮膚のバリア機能が損なわれて角質が剥がれる疾患のことをいいます。特に冬場のような空気が乾燥する季節に発症することが多くあるといわれています。皮脂欠乏性湿疹の主な原因としては加齢や生活習慣の乱れ、過度な洗浄、不十分な保湿などが挙げられます。また洗浄力の強いシャンプーを使用したりタオルなどで必要以上に皮脂を吸い取ったりなど、外部からの刺激によって皮脂が欠乏して発症することも考えられます。皮脂欠乏性湿疹は膝下などに発症しやすいとされていますが、頭部にも発症する場合があるため注意が必要です。

【皮脂欠乏性湿疹の主な症状】

  • ・皮膚の表面がカサついてボロボロになる
  • ・乾燥によって皮膚が粉を吹いたような状態になる
  • ・角質が剥がれる
  • ・強いかゆみを生じる
  • ・皮膚のひび割れや痛み、赤みがある など
◯アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎はハウスダストなどのアレルギーや生活習慣、遺伝など様々な要因によって皮膚のバリア機能が低下して発症すると考えられており、かゆみや湿疹を主病変とする皮膚疾患です。主に頭皮や目のまわり、首、膝の裏、肘など皮膚が薄い部分や柔らかい部分に症状があらわれ、摩擦などの外的刺激によって症状が悪化する可能性があります。アトピー性皮膚炎は慢性的な皮膚疾患であるうえに完治させる方法は未だ見つかっていませんが、適切な治療を継続することである程度は症状をコントロールすることが可能です。

【アトピー性皮膚炎の主な症状】

  • ・強いかゆみや赤みを伴う湿疹が生じる
  • ・かゆみを伴う水ぶくれができる
  • ・皮膚が異常に乾燥する
  • ・角質が剥がれる
  • ・搔きむしりによって皮膚がただれる など

頭皮の湿疹による頭皮環境の悪化は抜け毛や薄毛を引き起こす!?

湿疹によって頭皮を掻きむしると頭皮がダメージを受け、頭皮のバリア機能が低下する可能性があります。また頭皮を掻きむしることで発生するかさぶたが剥がれると皮膚に傷がついて細菌が入り込む恐れがあり、更に頭皮環境を悪化させたり毛根が損傷したりすることも考えられます。医学的に抜け毛が発生する恐れがあるとされている頭皮のトラブルもあります。

【頭皮のトラブルが原因で起こる脱毛】

・脂漏性皮膚炎に伴う脱毛
頭皮の皮脂が過剰分泌されて脂漏性皮膚炎を発症すると、頭皮環境が悪化し抜け毛を招くことがあります。
・粃糠性(ひこうせい)の脱毛
頭皮の乾燥などで起こるフケやアレルギー症状などが原因で菌が繁殖し頭皮環境が悪化した場合、抜け毛を引き起こす場合があるといわれています。

薄毛男性のほとんどが該当するとされるAGAは主に男性ホルモンが影響して発症するもので、皮膚疾患によって起こる疾患ではありません。ただし頭皮の状態が悪いとAGA治療の効果が十分に発揮できない場合があります。薄毛や抜け毛を予防するためにも頭皮環境を整えておくことが大切です。

頭皮の湿疹に対する対処法

頭皮の湿疹はステロイドや抗真菌薬、抗ヒスタミン薬などの治療薬を用いて治療します。そのため医療機関で診察を受け、医師から治療薬を処方してもらう必要があります。そこで注意しておきたいのが治療薬の継続使用です。ある程度治療を継続していくとかゆみや赤みが退いていきますが、皮膚のバリア機能はまだ回復していない場合があります。そのため、症状が無くなったからといって自己判断で治療を中止すると症状が再発する可能性があります。頭皮の湿疹は医師の指示のもとで治療を続けることが大切です。

また頭皮に発生する湿疹は過度のシャンプーや日頃のスキンケア不足なども要因として考えられます。シャンプーは皮脂や汚れを洗い流す効果がありますが、1日のうちに何度も洗髪をすると頭皮が乾燥し、かゆみやフケを引き起こす場合があります。また、すすぎ足りない場合は洗浄成分が頭皮に残り、かぶれや炎症を招くことも。このように間違ったシャンプー方法を繰り返していると頭皮環境を悪化させてしまう恐れがあるので注意しましょう。

頭皮の湿疹予防にはシャンプー選びも大切

シャンプーには界面活性剤という洗浄成分が含まれています。界面活性剤は、どのシャンプーにも含まれていますが種類によっては洗浄力の強いものがあり、その影響によって頭皮にダメージを与え乾燥やかゆみなどを招くことがあります。そのため、頭皮の湿疹を予防するためには刺激の弱いシャンプーを選ぶことが大切です。

【頭皮にやさしいシャンプーの種類】

◯アミノ酸系シャンプー
アミノ酸系シャンプーは髪の毛の主成分であるアミノ酸由来の界面活性剤を使用したシャンプーです。洗浄力が穏やかで低刺激であることが特徴のアミノ酸由来の界面活性剤は、育毛シャンプーなどにも多く使われています。髪の毛の主成分と同じアミノ酸が含まれていますが、使用することで髪の毛が増えたり太くなったりするわけではありません。
◯ミコナゾール硝酸塩配合シャンプー
抗真菌作用をもつ医薬品「ミコナゾール硝酸塩」を配合した薬用シャンプーで、マラセチアによる炎症を抑制する効果が期待できます。ドラッグストアでも購入が可能な医薬品ですが、使用の際は用法や用量を守り正しく使用しましょう。
◯ケトコナゾール配合シャンプー
ケトコナゾールはもともと医療機関で処方される抗真菌薬の一種で、ミコナゾール硝酸塩配合シャンプーよりも高い効果が期待できるといわれています。ケトコナゾール配合シャンプーは医師の処方により購入することができます。

まずは毎日の生活習慣の見直しを!

頭皮の湿疹は日頃からのケアだけでなく、生活習慣を改善したりストレスを解消したりすることでも予防に繋がります。例えば、食生活が偏って栄養不足に陥ると免疫力が低下したり肌のバリア機能が低下したりする場合があります。また栄養不足は健康だけでなく育毛を阻害することもあるため、健康な体を維持するためにもバランスの良い食生活を心がけましょう。

またストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンが過剰に分泌され、免疫機能を低下させる恐れがあります。免疫機能が低下することで頭皮のバリア機能も同時に低下させてしまうことが考えられます。なるべくストレスをためないように心身を休めることも、頭皮の湿疹を防止することに繋がるでしょう。この他にも、季節の変わり目などは体調を崩しやすく体のバリア機能が低下しやすいといわれているため注意が必要です。

頭皮の湿疹は医療機関に相談しよう

かゆみやフケなどを引き起こす頭皮の湿疹は、悪化すると抜け毛や薄毛に繋がる可能性があります。また強いかゆみはストレスを招いたり睡眠不足に陥ったりと生活の質が低下してしまうことも考えられます。自分で実践できるケア方法もありますが、それでも解消されない場合は医療機関を受診して医師に相談することをおすすめします。適切な処置を受け治療薬を用いることで早期改善に繋がります。頭皮の湿疹による抜け毛や薄毛を引き起こす前に素早く対処して、健康な髪の毛を守りましょう。

もしかゆみやフケ、湿疹が治まったのに抜け毛が多いと感じる場合はAGAである可能性があります。AGAも頭皮の湿疹と同じように医療機関で治療を受けることができます。東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門の病院です。医師による診察や相談は無料で行っています。またケトコナゾール配合治療薬なども取り扱っているため、かゆみが軽度でAGAなのか頭皮のトラブルによる抜け毛なのかがわからない場合は、ぜひ一度当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について