このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】意外と知らない。育毛剤にできること・できないこと

毛髪・頭皮ケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

市販されている育毛剤の効果が正しく発揮されれば、髪の毛が増えると考えていませんか? 薬局やドラッグストア、インターネットなどで購入可能な市販の育毛剤は、発毛効果を持たない商品です。そのためAGA(男性型脱毛症)などの薄毛にお悩みの方が育毛剤だけを使用していても、新しい髪の毛が生えてくる“発毛”の見込みはほとんどなく、薄毛の進行を止めることに関しても期待ができないと言えるでしょう。

では育毛剤はどのような目的で使用するものなのでしょうか。今回のAGAタイムスは育毛剤に期待すべき効果や、発毛を促すために必要な手段を詳しく解説します。

育毛と発毛の違い

育毛と発毛には大きな違いがあります。育毛は文字の通り“毛を育てる”ことを意味し、頭皮に栄養を行き渡らせて今生えている髪にハリやツヤ、コシを生み出し健康的な髪にすることを言います。それに対し発毛は、脱毛症などにより髪の毛が抜けてしまった部分から再び髪を生やすことをいいます。

薄毛に悩む成人男性のほとんどがAGAだといわれています。AGAは男性ホルモンの一種が変質して生まれる悪玉男性ホルモン(DHT)の作用によって薄毛や抜け毛といった症状を起こすといわれています。AGAを根本から治療し発毛を促すためには、DHTの生成を抑制することが大切です。しかし薬局などで売っている医薬部外品の育毛剤では、DHTを抑制できないためAGAの改善に効果が期待できないのです。

育毛のためには頭皮環境を整えることが大切

AGAには様々な治療法がありますが、内服薬と外用液での治療が一般的です。まず根本の原因であるDHTを抑制する治療薬を内服し、髪の毛の発育を正常な状態に戻します。それと並行して発毛を促す治療薬を頭皮に塗布し、薄毛を改善していきます。

髪の毛を正常に発育させるには体の健康状態はもちろん、頭皮環境も万全に整っている状態が好ましいといわれています。新しい髪の毛が生えてくる土台となる頭皮が荒れていたり、頭皮の血行が悪く髪の毛に栄養が届きにくかったりするとせっかくの育毛を妨げてしまう恐れがあります。

育毛剤の目的と見分け方

育毛剤の目的は本来、頭皮や髪に栄養を行き渡らせて育毛に最適な頭皮環境を促すというもの。育毛剤は発毛させるために作られてはいないのです。

育毛剤に含まれる有効成分は「育毛に対して緩やかな効果がある」と厚生労働省が認めた成分です。よって育毛剤は主に治療目的ではなく予防や衛生が目的とされた医薬部外品の分類で取り扱われています。

厚生労働省に認可されていない成分が主成分とされている場合には「育毛剤」の名称を使用することができません。効果が期待できる有効成分ではない成分のみで作られているものは育毛効果の有無が定かではないため「スカルプエッセンス」などの名称で販売されています。有効成分を含まないこれらは医薬部外品ではなく、化粧品に分類されています。

医薬部外品の育毛剤によく含まれている有効成分には抗炎症作用を持つといわれるグリチルリチン酸やジフェンヒドラミン、血行促進作用があるといわれるセンブリエキスや酢酸トコフェロール、セラファンチンなどがあります。医薬部外品の育毛剤にはこれらの有効成分が含有されています。これらの表示を参考に選ぶと良いでしょう。

発毛には「ミノキシジル」が有効

ミノキシジルとはAGA治療薬に含まれる発毛効果を持つ有効成分のこと。元々は降圧剤として利用されていた医薬品ですが、発毛を促進させる作用が確認されたため薄毛治療薬用に開発されました。ミノキシジルは主に髪の成長期を延長させてヘアサイクルを改善する作用や、髪の毛の元となる毛母細胞を活性化する働きがあります。

ミノキシジル含有のAGA治療薬は血中から薬効を発揮する内服薬と、頭皮に直接塗布し皮膚から薬剤を浸透させる外用液の2種類があります。外用液はその有効性と安全性が認められ、日本皮膚科学会が定める男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨されています。しかしミノキシジル内服薬はAGA治療薬として認可されていないため、診療ガイドラインでも推奨されていません。そのためミノキシジル内服薬は医師の責任の元で慎重に処方されています。

個人輸入で海外から取り寄せる人もいるようですが、偽物も多く出回っているのも現状。気づかないうちに重篤な副作用のある成分を口にしてしまう可能性も考えられるため、医薬品の個人輸入は控えた方が良いでしょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックは診察や相談を無料で行っている薄毛治療専門の病院です。東京近郊にお住まいの方以外でも診察や治療が受けられるよう、テレビ電話診察も行っております。確かな発毛を望んでいる方は、まずは医師に相談してみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について